やはりガンダムユニコーンの作劇はひどい 

September 22 [Fri], 2017, 21:30
録画した機動戦士ガンダムユニコーンの最終局面を見てますが、作劇ひどいです。
パッケージが売れた作品ではあるのですが、見た人たちの記憶に残る作品なのでしょうか?

・ネルアーガマの軍人たちは、軍の命令でもないのに命をかけてラプラスの箱奪還とやらをする。
 こんなことで命をかける軍人集団なんていませんよ。

機動戦士ガンダムシリーズには、ガンダムセンチネルのように、
高い理想を抱き、考えに考えた方向性に信念を込めた集団を
ガキでドキュンで、なーんにも考えてなくて、「それ気に入らねえ」くらいのヤンキーのりの主人公が
超兵器で理想を持った集団をたたきつぶすして、後になーんにも残らないという話があります。

・バナージは、「地球も宇宙も、ジオンも連邦もみーんなのために箱を使う」と叫ぶ。
 フルフロンタルが(リアリティがうっすいけど)それなりに考えに考えた戦略を否定する方法が、
 「それでも!」と叫び、「気に入らない!!」と叫び否定するだけ。
 でも、親が与えてくれた超兵器の力で、ただ単純にぶっつぶす。

この物語では、力をもって一般論的なぼんやりとした正しさとやらを叫び、
物理的有形力で、反対勢力をぶっつぶすという、暴力絶対な物語を提示している。
(力は正義はある意味現実ともいえますけれど。)

つまり、このアニメはモビルスーツがかっこいいだけの作品ですよね。

本当に大事な人って 

July 09 [Sun], 2017, 0:28
対立しても、一方的に無視されても、思いを踏みにじられても、大事なときにまったくあてにならなくとも

つまり、もう金輪際関わらない方がよくとも

心に置いて思い出して振り返れる人なのだろう

つまりどうあっても多くを与えてくれた人

大事な人であることを認めつつ次に進むのがよいのではないか

確かに間違いなく大事な人だ。

当たり前なのにできないこと 

May 03 [Wed], 2017, 0:41
よい記憶を与えてくれた人ではなくて、
日頃から接している人ではなくて、
本当に困ったときに助けの手を差し伸ばしてくれる人を大事にすべきでした。


僕が本当に困ったときに、声をかけてなんらかの行動をとってくれたのは
親戚、寮の友人、高校の友人、養成所の友人でした。

本当に力になれそうな力を持つKさんには、必死の想いでお願いしたのですが
一切無視されました。
僕が逆の立場ならばできることを全力でしました。

そういう人たちを大事にしなければならない。
それは義務なのでしょう。

誰を心におくべきか、それは助けてくれる人たちしかない。

かつて必要だと思っていたもの 

May 03 [Wed], 2017, 0:30
古典的な絵画から前衛的なアート
そして歴史と技法と才能が積み重なったクラシック音楽

子どもには、すぐには理解し得ないものだったけれど、
「価値あるもの」「人に絶対に必要なもの」として僕は一生懸命
乏しい内面を総動員して全力で向き合った。

けれど、ここに至っては、そういうものたちは
マニアックな玄人 筋で、お金も時間も心理的な余裕も持った豊かな人たちだけが
違いを見分け、享受するだけのものではないかと強く思っている。


大事なのは、生きることそのものだけではないのか。
一定のお金を稼ぎ、衣食住を確保することだけなのではないかと思う。
そして病気がなければこのうえものなく恵まれている。
最高に恵まれていると思う。

芸術の域に達した芸術や音楽なんかより、生きていける収入があって
満足して楽しく明るく生活することこそが得るべきもの。

なによりも大事なのは収入で、次に健康、そして明るく楽しく生きること。

共感性 

May 03 [Wed], 2017, 0:21
きちんと検査をすると次々と心配なところが見つかります。
ちょっとした心配じゃなくて、本当に心配なことです。

医療の進歩のおかげで早めにいろいろと見つかるのは、結果から見るととてもありがたいです。

けれど、遅く見つかったとき、悲しいだけのことをはっきりと背負わなければなりません。

インフォームドコンセントはいいけれど、重さは誰も背負ってくれません。

知らずにそのままでいいのではないでしょうか。


昔は、医師は重大な場合は本人にも家族にも言いませんでした。
そのおかげで、卒生まで余計な気持ちの負担をせずにすみました。
今は知ることはできて、挑戦することも、あきらめずに頑張ることもできて
そしてうまくいくこともとても多いと思います。

気持ちを支えてくれるのは、宗教だったり家族しかいません。
昔あるいは資本主義が浸透せずに旧来の伝統的な社会の態様が存続していれば
人と人同士が支えある規範や意識が共有されていました。

いまの日本社会は個別化・機能化が進んだ結果、共感性の乏しい貧しい社会となりました。

共感性が残っているのって、僕の知る限り、天皇陛下、政治家、一部の公務員が組織的に持っている他は、
一部の個々人に残されているだけのように思います。

本当に悲しいときに、私も悲しいと素直に感じられる人は、本当に少なくなってしまった。
僕も含めて。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:byzantine
  • アイコン画像 誕生日:1月14日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる