高血圧の症状を食事で改善 

2013年03月18日(月) 10時01分
高血圧の症状は食事で改善する事が可能です。


血圧を下げる方法としては、調味料の使い方を改善する事です。


食卓に塩などの調味料を置いておいたりしますよね、それは揚げ物などの場合、ついつい掛けてしまう事が多くなったりします。


高血圧は、塩分を取りすぎるとなりやすいと言われています。


それ以外にも、心臓病やガンなどの生活習慣病の原因になってしまう事もあります。


それほど、普段から塩分の取りすぎには注意しなければいけません。



一般的に食事での塩分は、健康な人では1日11〜13gが適量と言われています。


そして高血圧の人では1日7g以下が望ましいと言われています。


と言っても、計量スプーンでは小さじ1杯で10gです。


そこから考えると7gは結構多いのでは?と考えてしまいがちです。


そして自分はそんなにとっていないから大丈夫だと。


しかし普段摂取している物にも塩分は含まれています。


パンにも練り製品にもお寿司にも。


だからこそ、その分を含めて、調味料は普段から少なめに取らなくてはいけません。




日本製薬工業協会
http://www.jpma.or.jp/
普段意識せず使っている薬の種類の説明や小中学生向けのコンテンツもあるサイトです。

株式会社ソラスト
http://www.solasto.co.jp/redirect/index.html
資格が欲しい方も、働きたい方もこちらへどうぞ!情報が盛りだくさん!