リフォームローンと担保の有無について

March 08 [Tue], 2016, 2:08
大規模なリフォームになると、数百万円から一千万円超えになるくらい、リフォームはお金がかかることが少なくありません。あまりにリフォーム料金が高くなると一括での支払いは困難になりますので、ローンを利用することになります。住宅ローンと、リフォームローンが、リフォームを行うために融資を受けたいという人が利用する主な目的型のローンになっています。住宅を担保にして融資を受ける住宅ローンと異なって、リフォームローンは個人の信用能力を主な根拠として融資を受けるというローンです。特徴としては、担保が必要となるローンの場合は、より安い金利でお金を借りることができるようになっています。毎月少しずつ返済して、全額返済まで何年もかかってしまうようなリフォームローンにしたい場合は、担保があったほうが有利です。1カ月当たりの返済金額を少なくすると、返済の負担が大きくならずに、ゆっくりと返し続けていくことができます。低金利で融資を受けたいという時はどうしても審査のハードルが高くなってしまいますし、審査結果が出るまで時間がかかります。審査をクリアしやすいことか、担保のいらないリフォームローンの大きな特徴になります。審査の結果待ちの時間も短く済み、申込み用の書類作成なども簡単なリフォームローンなら、気軽に借りることができます。無担保のローンは金利が高くなるだけでなく、短い期間のうちに返済しなければならないというデメリットがあります。自分にとってお得なリフォームローンの借り方をするためにも、ローンごとの特徴をチェックしておくことが欠かせません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:心春
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/byjspsaaeabtum/index1_0.rdf