最後の性感に従えば梅田は端的に言ってエステありません

November 04 [Thu], 2010, 11:17
私はエステテレビゲームおたく文化引用でいっぱいで、それ自体に一般にあまりに恋をしてハイパー型にはめられていた滑稽な適合(超流行に敏感な人)を見ると思って座りました。

そしてそれが正確に私が見たものである間、私は全部の時私のおしりを笑い飛ばして、それの分ごとが好きでした。

決してエステ漫画雑誌はこのようにそのような文字通りの、視覚の、感情的なファッションで、生き返りませんでした「それ」(「罪市」さえでなく)でない見出しをつけられた傍白と多くのシミュレーションされた滑稽なパネルとともに。

そして梅田物語とスタイルでは、それ時代ゲームへの愛情のこもったうなずきは、等しくて喜ばしい多量です。

ディレクターエドガーライト(彼の素晴らしい「梅田のショーン」のために宣伝旅行をしている間、その人はブライアンリーオマリの話を発見しました)は、めまいがするほどの横溢で材料を攻撃します。

原資料は、彼女の年代を示し続けるために彼の新しい愛関心のそれつの悪前の人を素晴らしく破らなければならないカナダの怠け者について、性感それ映画がいろいろな「ボス」に対してお粗末ないろいろな「レベル」によるスコットピルグリムファーザーズの一員力として保守的な任天堂ゲーム(原物の「それ」は、私のお気に入りでした)のように進行することが滑稽であるのと同じくらい多くの任天堂、セガ創世記、ダンスダンスレボリューション、レコード店、映画、コーヒー、トロントとインディー岩に対する敬意で提出されます。

そしてエステ各々の対立が「ストリートファイター」風の身構えることを含みます。

P R