プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bxcoqgwxopbjjt
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
<レコチャ広場>日本で過労死…それでも出稼ぎが減らないのは、国内の労働条件も過酷だから―中国 / 2010年07月05日(月)
2010年7月2日、日本メディアの報道を中国国営新華社通信が伝えたところによると、茨城県鹿島労働基準監督署は、同県潮来市で発生した中国人実習生の過労死について、これを認定した。

死亡した中国人実習生は蒋暁東(ジアン・シアオドン/男性)さん。05年12月に来日、茨城県潮来市の金属加工工場で就労していたが、08年6月、社員寮で就寝中に31歳の若さで死亡した。死亡する前の1か月、蒋さんの残業時間は100時間を超えていたという。

【その他の写真】

このほど鹿島労働基準監督署は、蒋さんの勤務先が蒋さんに長時間労働を課していながら残業代を支払っていなかったとして、同社経営者を労働基準法違反で水戸地検に書類送検している。09年までに外国人研修・技能実習制度を利用して来日した外国人は19万人。国際研修協力機構(JITCO)の統計では、92〜08年の期間に外国人研修生・実習生の213人が死亡している。

これを受けて、ある中国人書画家が自身のブログで見解を表明した。就労目的で海外に渡る多くの中国人はなぜ、国内での安楽な生活を犠牲にしてでも国外の過酷な環境に身を置くのか?それには以下の原因が考えられる。

一つは、就労環境の公平性。能力以上にコネが物を言う採用形態に、同族経営が支配する社会の慣例。これを嫌って、国外に公平なチャンスを求める者がいてもおかしくない。二つ目に、賃金水準の格差。アメリカでは月給1500ドル(約13万2000円)にもなる皿洗いの仕事は、中国国内ではわずか1000元(約1万3000円)ほどにしかならない。その格差は10倍にも及ぶのである。ただし、最近では多くの地方自治体で最低賃金水準が平均20%以上も引き上げられる措置がなされており、徐々に改善されてきてはいる。三つ目に、厳しすぎる経営方針。国内紙の報道によると、遼寧省瀋陽市のあるスーパーで働く女性従業員は、古くなった客への配布用ティッシュを無断で使用したとして勤務先から1500元の罰金を科せられた。彼女の月給は1200元。これはあまりにも厳しすぎるのではないか。

筆者は決して、海外の環境が中国のそれに勝ると主張したいわけではない。ただ、国内の労働環境改善を切に願っているのである。法律が整備され、待遇も向上し、より人間らしい職場が築かれることを望む。(翻訳・編集/愛玉)

【7月5日16時41分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100705-00000012-rcdc-cn
 
   
Posted at 17:02/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!