円安、円高ってなに?

October 05 [Tue], 2010, 22:32
為替のことを全く知らない人でも、
円安、円高という言葉は聞いたことがあると思います。

しかし、この円安、円高って、一体どういう意味なんでしょう?

円安、円高というのは、
円の価値のことを言っています。

円の価値が低くなることを円安
高くなることを円高といいます。

たとえば、今1ドルが115円だとします。

このような何ドル=何円というレートのことを、
為替レートと言います。

たとえば、1ドルのコカコーラを買う場合を考えます。

初めの為替レートで行くと、
このコカコーラを買うには115円必要になります。

しかし、為替レートが動いて1ドルが110円になったので、
全く同じコカコーラを110円で買えるようになりました。

同じものを以前より少ない円で買えるようになった

円の価値が上がった

円高


と言う事になります。

逆に1ドル120円になった場合は、
全く同じコカコーラを買うのに120円必要になります。

この場合は

同じものを買うのに以前より多い円が必要になった

円の価値が下がった

円安


となります。

上記のケースでは個人が消費するレベルの話ですが、
ニュースで頻繁に為替レートが取り上げられているのは、
円安や円高というのは日本の経済にとって、
とても重要なことだからです。

たとえば、世界に自動車を輸出している、
トヨタ自動車の場合は、為替レートが1円動いただけで、
会社の営業利益が350億円も違ってくると言われています!

ですので、今後円安に動くのか、円高に動くのかは、
輸出企業の株価にも大きく影響します。

もはや日本だけで全てのビジネスが完結する時代ではないので、
輸出、輸入をしている企業にとっては、
円安に動くか、円高に動くかは、非常に重要ということになります。