転職を考えている人へ

May 30 [Wed], 2012, 13:27
15日付で、退職した。
休み入ってからはやりたいことがたくさんあり過ぎて、腰を落ち着ける時間はあまりない平原みなみ
先月ほど臨場感はないが、エージェントにあった話をしようと思う。
やや自慢が入るが、エージェントからは面白い案件をたくさん紹介してもらえた。
MAのアドバイザリー専門の上場企業トーマツ、KPMG、PWC、EY系のコンサルティング会社プライベートエクイティファンド未公開株の投資企業GE等の外資系のファイナンス部門リクルートやイオン等の投資部門etcなお、面接は受けてないので、実際に内定をもらえる可能性は高くない。
魅力的なものほど、アプリカントがたくさんいるので言いたいことは、キャリアを考えるならまず転職エージェントにあたるのがベストだということ。
具体的に自分はどういった求人がマッチするのか、プロの目線で教えてもらえるからだ。
また何を鍛えれば、労働市場における価値が上がるのかも教えてもらえる。
転職を考えている人も、現職にて経験しておくべきことがないかを認識するのはめちゃくちゃに大事なことだ。
取り返しがつかないから。
エージェントに会うこと、これはオススメしたい。
で、実際にどういった人間が求められるのか。
以下の通り。
@現職前職で、活躍している人。
端的に言うと、出世してる人A仕事に前向きな姿勢をもっている人B年齢が若い人若ければ若い程、変化に対応しやすいと見るためAの人柄要件は、満たしていると自信を持っていると思ってる人が多い。
別段の努力はいらないからだ。
ただ、人柄だけ良くても大した価値がないのは言うまでもない。
むしろ、能力的に素晴らしいが人柄が最悪な人間を切るため、この要件がある。
まぁ、3つのどれも聞いてみれば、当たり前の話である。
一方でどういった人物が嫌気されるのか。
@現職前職で、活躍してなかった人。
端的に言うと、使えない人A退職理由も含めネガティブな人B年齢が高い人これも当たり前だが、自分のこととなると、客観的に見れないものだ。
誰もが自分自身に対しては、過大評価している。
転職も法則は非常にシンプルだと感じた。
目の前の仕事を一生懸命にやること。
それに尽きる。
転職で得してやろうと思う人が得することはあまりない。
見抜かれてしまう。
よって、前職の退職理由がネガティブで、転職にて成功する可能性は高くない。
僕の場合上司と上手くやることが下手くそだったので、そこが問題だった。
いまでも大得意ではないが、課題として認識していたので、改善はしてきているだろう。
以上。
まずエージェントへ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bx4geyuvoo
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bx4geyuvoo/index1_0.rdf