Powellと阿久津

April 04 [Mon], 2016, 11:58
有名な「テリトリーシェア」という恋愛テクニックは、好きな男の人の生活テリトリーのトークが開始したときに「私が一番興味あるカジュアルフレンチの店のある地域だ!」と言うという内容。
「何故だろう、僕に恋愛相談を持ちかけてくる」という出来事だけに喜んでいるのではなく、状態を丹念に調査することが、話し相手とのコミュニケーションを持続していく場合に必須です。
現代においてはウェブサイトでの出会いも一般化しています。お嫁さんや旦那さんがほしいと願っている人向けのサイトはもちろんのこと、ロールプレイングゲームや好きなアニメなどのグループ経由での出会いも頻回に聞かれます。
「好き」の持つ意味を恋愛心理学上の意義では、「恋愛と好意の心持ち」とに切り離して認知しています。結局のところ、恋愛は彼氏/彼女に対しての、好意的な心は知り合いなどの親しい人に向けた心持ちです。
「あばたもえくぼ」という古くからある日本語も浸透していますが、ホットな恋愛をしている期間には、両方とも、多少は呆けたような様子だと認識しています。
恋愛相談では、大概の場合、相談をお願いした側は相談に応じてもらう前に感情を見極めていて、単に結論を先送りにしていて、自分の動揺を消去したくて話を聞いてもらっていると想定されます。
そこまでオーバーに「出会いの時間や場所」を定義づけるように言いましたか?「いくらなんでも一筋縄にはいかないな」といったイベントでも、出し抜けに新しい恋愛につながる可能性もなきにしもあらずです。
女性のために作られた雑誌では、毎回星の数ほどの恋愛の手引が掲載されていますが、はっきり言って総じて日々の生活の中では箸にも棒にもかからないケースもあります。
恋愛時の悩みは、大半はいくつかに分類できます。ご承知おきの通り、個々で情態は変化しますが、おおまかな観点で観察すれば、さして細かく分かれているわけではありません。
恋愛相談を持ちかけた人と切り出された人が出来てしまう男女は数多います。ひょっとして自分が交際したいと願っている異性が相談に応じてほしいと言ってきたらただの男子から恋人に格上げされるべく範囲を絞り込んでみましょう。
会社の同僚や、患者として行った歯医者などでわずかに喋った異性、これも一種の出会いとは言えませんか?こういう場面で、恋人探しの気持ちを至極当然のように方向転換しているのではないですか?
如何にサラッとできるかどうかが重要です。恋愛テクニックの実践に限定せず、気負いないように見せられる「ハリウッド女優」を演じることがハッピーエンドへの時短術です。
スマホを絶対に触らせないのはなんで!?とか、カレシが挙動不審だとか、恋愛は悩みがあるから自信がつくっていう面もあるけれど、結果的に悩みすぎて日々の営みをなおざりにしたら危ないです。
自分の格好がいいと思えない方や、恋愛遍歴が浅い青年など、奥手な方でも、この恋愛テクニックを応用すれば、その女の人とお近づきになれます。
「出会いがない」などと諦めの境地に至っている人の大多数が、事実を見てみると出会いがないというのではなく、出会いに正面を向いていないという見地にも立てるといえるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:一颯
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bvriknop5et1ti/index1_0.rdf