瑛太&カエラの結婚報道、中国ファンの“悲喜こもごも” / 2010年06月02日(水)
 日本の俳優、瑛太さんと歌手の木村カエラさんの「できちゃった婚」報道は、国内外のファンを大きく驚かせている。中国のファンは、子どもの祝日「児童節(6月1日)」に出たスクープを、時宜に合う「めでたいニュース」と喜ぶ反面、「いい日が台無しだ!」と“ぼやく”など、悲喜こもごもの反応を見せた。新浪網などが伝えた。

 瑛太さんは、ドラマ『のだめカンタービレ』や『ラスト・フレンズ』、『素直になれなくて』などへの出演を機に、中国でも注目株として人気が高まっている。また木村さんも、女性歌手のYUIさん、絢香さん、伊藤由奈さんと並んで、「日本の四大歌姫」と称されるなど、「ビッグ・カップル」の誕生を喜び、結婚後の「相乗効果」に期待する報道が多くなされた。

 一方、中国ファンは2人の結婚報道に、“悲喜こもごも”の反応を見せる。新浪網などの6月2日12時50分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100602-00000035-scn-ent
 
   
Posted at 13:00/ この記事のURL
富士スピードウェイで“婚活”イベント 6月12日 / 2010年06月02日(水)
富士スピードウェイでは6月12日の大安吉日、リニューアル5周年企画の一環として、地元小山町とのコラボレーション企画である“婚活”(結婚活動)イベント「GO婚グランプリ@FSW」を開催する。

小山町在住または将来小山町への居住を希望する男女25名を募集し、レース観戦やカート体験などを通して参加者同士の交流を図り、積極的に婚活してもらおうというイベントだ。

同日、富士スピードウェイでは「ザ・ワンメイクレース祭2010富士」、「カローラパレードラン」といったレース、サーキットイベントが開催される。同レースはパドックフリー観戦ができ、レースの迫力を間近で感じる事で車好きでなくとも楽しめるイベントとなっている。

GO婚グランプリ@FSWは、20歳以上の「良縁に恵まれたい」独身の男女が対象。申込は小山町婚活推進協議会「小山町マリッジコミッション(OMC)」公式ウェブサイトからおこなう。参加料金は男性が4000円、女性が2000円。

小山町は元気なこどものシンボルである金太郎のふるさと。OMCが中心となり「良い結婚をプロデュースするため」として、小山町の恵まれた自然環境や観光施設を活用したユニークな婚活イベントを実施している。今回のイベントのほかにも小学校の教室や施設を利用したイベントや、富士山5合目でのキノコ狩り、パワースポットめぐりバスツアーなどを企画している。会員制で、入会費・年会費は無料。イベントへの参加申込のみで入会できる。

《レスポンス 宮崎壮人》

【5月28日10時43分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100528-00000006-rps-ent
 
   
Posted at 12:58/ この記事のURL
【ブログ】アドビが、われわれを追いかけているだけ=米アップルのジョブズCEO / 2010年06月02日(水)
 米アップルのスティーブ・ジョブズCEOは1日、米カリフォルニア州サンディエゴで、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のテクノロジーコラム ニストらがプロデュースする恒例の「Dカンファレンス」で米アドビの動画処理技術「Flash(フラッシュ)」への対応について語った。

 ジョブズCEOは、アドビの動画再生技術「フラッシュ」をサポートしないと宣言したことについて、WSJのテクノロジーコラムニスト、ウォルト・モスバーグが「あまりにも突然で、消費者切り捨てではないのか」と尋ねたのに対し、次のように答えた。

ジョブズCEO: 「アップルは世界有数のリソースを誇る企業というわけではなく、アップルの成功の理由は、テクノロジーという馬に的確に賭ける能力にある。つまり、将来性のあるテクノロジーを見分ける能力だ」

 「すばらしい馬となる可能性のあるものを選ばなければならないときがある。フラッシュも、かつては優れた技術だった。だが今、HTML5が台頭し始めている。HTML5の方が、動画の見栄えもよく、技術的な相性もいい。しかも、プラグインが不要だ」

 「われわれが、アドビと対決しようと思っているわけではない。彼らが、われわれを追いかけているだけだ。だからこそ、先日公表した文書で、アドビにメディアで酷評されるのにはうんざりだと述べたのだ」

【6月2日12時28分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100602-00000007-wsj-bus_all
 
   
Posted at 12:57/ この記事のURL
フォードにもフロアマット問題浮上 / 2010年06月02日(水)
NHTSA(米国運輸省道路交通安全局)は1日、フォードモーターの2車に関して、アクセルペダルにフロアマットが引っかかる可能性があるとして、調査に乗り出したと発表した。

画像:米運輸省が調査に乗り出したフォード2車

NHTSAによると、調査対象は2010年モデルのフォード『フュージョン』とマーキュリー『ミラン』。両車のユーザーから3件の苦情が寄せられ、その内容はオプションのゴム製全天候型フロアマットがしっかり固定できず、アクセルペダルに引っかかるというものだ。実際の事故の報告は受けていないものの、NHTSAでは両車の安全性に関して、調査を開始。対象は2010年モデル、24万9301台だ。

フロアマットがアクセルペダルに引っかかる問題といえば、トヨタが2009年11月、同様の問題で『カムリ』『アバロン』『プリウス』、レクサス『IS』など、約535万台のリコール(回収・無償修理)を発表したのが記憶に新しい。

NHTSAは、ウェブサイトでフォード2車の顧客に対し、「ドライバーの意図しない加速を引き起こす危険性がある」と、注意を喚起。米国では、NHTSAの調査の行方に注目が集まっている。

《レスポンス 森脇稔》

【6月2日9時33分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100602-00000004-rps-bus_all
 
   
Posted at 12:55/ この記事のURL
一緒に歩いて友好増進、韓日ウォーキング大会開催 / 2010年06月02日(水)
【原州1日聯合ニュース】江原道・原州で毎年国際ウォーキング大会を行っている財団法人のコリア・ウォーキング連盟が、4〜6日に「第1回韓国・日本平和ウォーキング大会」を開催する。両国の親善と友好増進を目的に、ウォーキング交流提携を結んでいる鳥取県倉吉市のNPO法人「未来」と共催するもので、原州市民や連盟関係者28人、日本から11人が参加予定だ。
 参加者は、原州市から東海市まで172キロメートルを歩き、船便で鳥取県の境港に渡り、再び倉吉までの70キロメートルを歩く。7日には国際ウォーキング大会に参加する。

 2日に行われる統一地方選挙を考慮し、参加者全員は事前に原州〜東海区間を歩いた。4日に東海市から船に乗り、日本に向かう予定だ。


【6月2日11時51分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100602-00000010-yonh-kr
 
   
Posted at 12:53/ この記事のURL
六本木で短編映画オールナイト上映−国内初の「3Dプログラム」も /東京 / 2010年06月02日(水)
 TOHOシネマズ六本木ヒルズ(港区六本木6)で6月11日・12日、短編映画をオールナイトで上映する「六本木ヒルズオールナイトスクリーニング」が行われる。(六本木経済新聞)

 今回で12回目を迎える「ショートショートフイルムフェスティバル&アジア 2010」のプログラムの一環として行われる同イベント。同祭は、国内外の優れた短編映画を紹介するアジア最大級の映画祭で、今年は世界96カ国から寄せられた4,000本以上の応募の中から選ばれた約100作品を、「表参道ヒルズ スペースオー」「ラフォーレミュージアム原宿」など4会場で上映する。

 オールナイトスクリーニングでは、国内初となる「3Dプログラム」を上映。7月にロサンゼルスで開催されるCGとインタラクティブデザインの世界最大イベント「SIGGRAPH 2010」出品作「仙術超攻殻オリオン」(青木康浩監督)をはじめ、ミュージックビデオでは先駆けの3D作品と言われるビョークの「ワンダーラスト」(イザイア・サクソン/ショーン・ヘルフリッツ監督)、伝説的カルトムービー「ロボット・モンスター」のその後を描いた「ローマンは今?」(レイ・ゾーン監督)など、世界中から集めた3Dショートフイルムを上映する。

 そのほか、2009 年度アカデミー賞受賞4 作品を上映する「アカデミープログラム」、当時無名だった監督たちが長編デビューのチャンスをつかむきっかけとなったショートフイルムを集めた「SUCCESSプログラム」なども紹介する。

 上映時間は深夜1時〜翌5時。入場料(前売り・当日とも)は、1プログラム券=1,500円、3D特別プログラム券=1,800円。TOHOシネマズ六本木ヒルズ劇場窓口、ホームページで販売する。

【6月2日12時45分配信 みんなの経済新聞ネットワーク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100602-00000021-minkei-l13
 
   
Posted at 12:52/ この記事のURL
全方位戦略で仮想化市場拡大を推進、クラウドでもリーディングベンダーへ / 2010年06月02日(水)
 仮想化市場をリードするヴイエムウェアは2010年、好調に業績を伸ばしている。米本社が2010年4月に発表した2010年第1四半期の売り上げは、ワールドワイドで前年同期比35%増と大幅成長した。

 地域別では、米国市場が前年同期比30%増、米国以外のインターナショナル市場が前年同期比40%増となり、特に日本市場については前年同期比100%増と飛躍的な成長を遂げた。

 同社の業績拡大は、本格的に盛り上がりを見せる国内の仮想化市場の現状をそのまま表しているといえる。一方で、競合ベンダーのヴイエムウェア追撃への動きは激しさを増している。特に、サーバ仮想化においてはマイクロソフトが「Microsoft Hyper-V」で、デスクトップ仮想化においてはシトリックス・システムズ・ジャパン(以下、シトリックス)が「Citrix XenDesktop」で、市場切り崩しに向け本格的に攻勢を掛け始めている。

 こうした動きに対してヴイエムウェア マーケティング本部長の篠原克志氏は、「当社は競合ベンダーと同じ土俵で仮想化市場のシェア争いをするつもりはない。競合ベンダーが本格参入してきたことで、仮想化という技術が当たり前になり、市場が大きく拡大した。そしてその市場規模はまだまだ大きくなるポテンシャルを秘めている。当社の戦略では、サーバ仮想化の先にある市場ニーズを見据えながら、競合ベンダーとは異なる次元で新たな段階へと進んでいる」と、揺るぎない自信を見せる。

 では、ヴイエムウェアは、拡大する仮想化市場の中でどこへ向かおうとしているのか。篠原氏は、2010年に取り組む重点施策として、

1. サーバ仮想化環境における運用管理効率化
2. デスクトップ仮想化の市場拡大
3. 中堅・中小企業市場の開拓
4. クラウドコンピューティングの推進

という4つのキーワードを挙げた。この4つの重点施策を追うことで、同社が目指している仮想化市場の姿が見えてきそうだ。

●2010年に掲げる4つの重点施策――運用管理/デスクトップ仮想化/中堅・中小/クラウド

 1つ目の重点施策は、サーバ仮想化環境における運用管理の効率化だ。

 「ここ数年で仮想化という言葉が広く浸透したことで、実際に導入する企業は増え始めている。しかし現段階では、サーバ統合で仮想化が止まっているケースがほとんど。それだけではシステム全体の15〜20%が仮想化されたにすぎない。また、サーバ統合に伴う運用管理負荷の増大に頭を悩ませるIT管理者は少なくない」と篠原氏は指摘する。

 そして、「仮想化が企業にもたらす価値は、サーバ統合よりもその先の運用管理効率化および運用コスト削減の方が何倍も大きい。そこで2010年は、特にデータセンターを運用する大手企業に向けて“100%バーチャライゼーション”を推進する。サーバ統合の次のステップとして、クラウドOSである『VMware vSphere 4』(以下、vSphere 4)を活用したシステム全体の最適化を提案し、運用管理面の価値を強く訴求していく」考えを示した。

 vSphere 4のEnterpriseエディションには、サーバ仮想化環境における運用管理を効率化する機能として、リソース管理を自動化する「VMware DRS」がある。リソースプール全体の使用率を監視し、ビジネスの優先順位を判断して仮想マシンにリソースを動的に割り当てる機能だ。さらに、電力消費を最適化する「VMware DPM」機能も備えており、夜間など仮想マシンの使用リソースが減少した際には、使われていないサーバの電源をオフにすることで電力消費を削減する。「こうした機能は、サーバ仮想化領域での当社の大きな差別化ポイントになっている」(篠原氏)という。

 2つ目の重点施策である「デスクトップ仮想化の市場拡大」に向けては、2009年11月に投入したデスクトップ仮想化製品の最新版「VMware View 4」を中核に、国内市場のさらなる掘り起こしを進めていく。

 「デスクトップ仮想化は、サーバ仮想化に比べて導入メリットが認知されていないのが実情だ。デスクトップ仮想化を本格的に普及させるには、仮想デスクトップ環境が機能制限なく快適に使えることをエンドユーザーに実感してもらうことが重要である。またIT管理者には、クライアントPCの運用管理コスト削減およびセキュリティ強化につながるメリットを認識してもらうことが必要だ」(篠原氏)と、デスクトップ仮想化市場の抱える課題を分析する。

 同社がデスクトップ仮想化の市場拡大を進める上で避けて通れないのが、シトリックスとの競合だろう。シトリックスは2010年4月26日、マイクロソフトとの共同戦線を発表し、デスクトップ仮想化市場でのヴイエムウェア対抗を鮮明に打ち出している。

 これに対して篠原氏は、「弊社はサーバ仮想化ベンダーのイメージが強いが、ハイパーバイザーの導入実績をベースに、デスクトップ仮想化市場においても国内で9割のシェアを確保している。ただ、その市場規模はシェアを食い合うレベルではなく、国内市場にはまだ膨大な潜在需要が眠っていると考えている。今後は、市場が本格的に拡大するタイミングに乗り遅れないように、パートナー企業との連携を図りながら、VMware View 4の販売体制をさらに強化・拡充していく」と、既存のインストールベースも強みにしつつデスクトップ仮想化市場の拡大に注力していく考えを示した。

 3つ目の重点施策は「中堅・中小企業市場の開拓」。この市場では、マイクロソフトが強力なライバルとして立ちふさがることになる(参考:「MS、サーバ、デスクトップともに仮想化市場拡大へ本格攻勢」)。これまでエンタープライズ市場をメインターゲットとしてきたヴイエムウェアは、中堅・中小企業市場に対してどんな手を打っていくのか。

 「中堅・中小企業市場はとても大きく、ヴイエムウェア1社だけで努力しても開拓は難しい。これについては、いかにパートナー企業との強力なエコシステムを構築できるかに懸かっている。現在、パートナー企業のトレーニングプログラムを積極展開し、中堅・中小企業向け販売体制の底上げを進めている。そして、パートナー企業との共同マーケティングによって企業の仮想化導入へのハードルをできるだけ引き下げ、中堅・中小企業のニーズに応えていく」と篠原氏は説明する。

 同社では、この施策の一環として、2010年4月1日から6月15日まで、中堅・中小企業向けのオールインワンパッケージ「VMware vSphere Essentials」を半額で提供するというプロモーションを、ソリューションプロバイダー各社と共に展開している。このプロモーションは、エンタープライズクラスの仮想化ソリューションを1CPU当たり約1万円で導入でき、中堅・中小企業に費用対効果のメリットを強力にアピールするものである。

 さらに、2010年6月下旬には「VMware仮想化サミット 2010」を、共同開催パートナー9社と全国30都市規模で開催する。2009年は17都市22回の実施だったが、2010年は規模を拡大し、30都市で50回以上の実施を予定している。「同サミットを通じて、中堅・中小の顧客を抱える全国各地のOEMパートナーやシステムインテグレーターに、VMware製品を活用した仮想化ビジネスの可能性を示す」(篠原氏)と意欲を見せる。

 仮想化の先にある新たな市場でも主導権を握るべく、同社が力を注ぐのが4つ目の重点施策「クラウドコンピューティングの推進」である。

 篠原氏は、「クラウドコンピューティングは、企業のIT部門に大きなパラダイムシフトをもたらし、サーバ仮想化とは異なる新たな市場を立ち上げるものになる。弊社は今、仮想化ソフトウェアベンダーとして認知されているが、今後はクラウドコンピューティングでもリーディングベンダーの地位を確立したい。そのためにクラウドコンピューティングには全社を挙げて取り組む」との方針を明らかにしている。

 その基盤ソリューションに位置付けられるのがvSphere 4だ。この製品には、プライベートクラウドを構築するために必要な機能やサービスが集約されており、これによってクラウドレディの仮想化環境への移行を促進する。さらに、同社が推進するクラウドコンピューティング戦略は、プライベートクラウドとパブリッククラウドを連携するハイブリッドクラウドの領域を視野に入れ、今後vSphere 4で構築したプライベートクラウドとパブリッククラウドをつなぐための製品もラインアップに加えていくという。

 クラウドコンピューティング市場におけるヴイエムウェアの役割について篠原氏は、「単にソフトウェアのライセンス販売をするだけでなく、クラウドビジネスを展開する企業のさまざまなニーズに応じて、最適なクラウドソリューションを提供していくこと」と述べる。

 米本社が4月に行った米セールスフォース・ドットコムとの提携も、その布石といえるだろう。ヴイエムウェアはこの提携により、同社が2009年に買収した米スプリングソースのJavaアプリケーション開発フレームワーク「Spring Framework」を米セールスフォースに提供。クラウド基盤サービス「Force.com」と連携させることで、世界で600万人ともいわれるJava開発者をクラウド環境に取り込み、Javaアプリケーションのクラウド環境への移行を加速させる考えだ。

 競合ベンダーの追撃を迎え撃つどころか、それを推進力として、サーバ仮想化からデスクトップ仮想化、中堅・中小企業の開拓まで全方位戦略で仮想化市場拡大を目指すヴイエムウェア。そして、仮想化の先にあるクラウドコンピューティングにおいても、市場拡大のけん引役を狙っている。 5月30日17時27分配信 TechTargetジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100530-00000008-zdn_tt-sci
 
   
Posted at 12:50/ この記事のURL
写真で解説する新“REAL”BHR400シリーズ / 2010年06月02日(水)
 三菱電機が5月31日に発表した“REAL”「BHR400シリーズ」は、Blu-ray Discレコーダーの機能を取り込んだオールインワンの“録画テレビ”だ。

【拡大画像や他の画像】

 そのコンセプトは従来機の「BHR300シリーズ」と変わらないが、レコーダーの存在を意識させないデザインやリモコンの改善、録画機能の進化など、“録画テレビ”としてさらに洗練された印象を受ける。写真を中心に解説していこう。

 BHR400シリーズは、26V型、32V型、40V型、46V型の4サイズ。ファミリーからパーソナルユースまで、幅広い購買層にアプローチするラインアップをそろえている。このうち40V型と46V型にはLEDバックライト(LEDの実装方法は非公開)を搭載し、上位機「MZWシリーズ」譲りの光沢パネル「DIAMOND Panel」や倍速駆動など、画質面でもバリューアップを図った。

 外観は、ブラックを基調としたオーソドックスな液晶テレビという印象。しかし画面の下に目を向けると、目立たないながらもトレイ式のBDドライブがある。手前からディスクを出し入れできる利便性を確保しつつ、「ディスプレイ部分にディスクトレイを融合させたデザイン」(同社)だ。実際、すぐ後ろにスタンドの脚部が見えることもあって、本来あるはずの“ドライブの奥行き”を感じさせず、意外なほどスッキリと収まっている。

 リモコンは、ユーザーの声を反映していくつかの改善が加えられた。使用頻度の高いボタンを表面に、それ以外は上下にあるフラップ内に配置する“2層構造”は従来機と同じだが、以前はフラップの下にあった「入力切替」「CS」「サブメニュー」「データ」「画面表示」といったボタンが表面に移動している。

 「オールインワンテレビということで、外部入力の使用頻度は低いと考えていたが、ユーザーから“ゲーム機を使うときに不便”といった声をもらった。サブメニューやCS、データ放送も同じ」(同社)。

●BDレコーダーより進んだ録画機能?

 BHR400シリーズは、HDDとBlu-ray Discドライブの両方を備えた録画テレビだ。製品としては、BDレコーダーをまるごとテレビに搭載したようなもので、録画機としての機能も単体レコーダーにひけをとらない。

 例えばMPEG-4 AVCによる長時間記録。同社のBDレコーダー「DVR-BZシリーズ」が最長5.5倍録画であるのに対し、BHR400シリーズは約8倍までサポートしている。これにより、500Gバイトの内蔵HDDなら最長で約360時間、25GバイトのBD-R1枚に約17時間の録画が可能だ。

 2つのデジタルチューナーを使って2番組同時録画にも対応している。AVCエンコーダーは1系統のため、片方は放送波をそのまま記録するTS録画(DRモード)となり、同時録画中はその番組しか視聴できなくなる(デジタル放送)ものの、同社製レコーダーで定評のあるオートチャプター機能「オートカットi」や「見どころ再生」「シーン検索」などが利用できる。中でもオートカットiは、録画番組を手軽に本編だけ/CMだけにしてダビング可能。アーカイブ用途にBDレコーダーの導入を考えている人にはうれしい機能だろう。ただし、DVR-BZシリーズの持つ超解像技術は搭載していない。

 写真では分からないが、BD再生時の出画までにかかる時間など、各種の操作レスポンスが改善された。倍速駆動の40V型、46V型では、2-3プルダウンで60フレームにされた映画コンテンツから元の24枚を検出し、毎秒120枚に再構成する「なめらかピクチャー」も搭載。5等倍して映画と同じ毎秒24コマを再現する「フィルムモード」と、なめらかな動きに補正する「なめらかモード」が選択できる。

 ネットワーク関連では、「アクトビラ ビデオ・フル」や「アクトビラ ビデオ・ダウンロードレンタル/セル」をサポート。ダウンロードセルで購入したコンテンツをBD-Rに保存できる点は、オールインワンタイプならではのメリットになる。

 インタフェースは、HDMI入力が3系統、ビデオ入力が3系統(S端子×2含む)。CATVセットトップボックスと接続して専門チャンネルを録画できるi.Link(TS)端子も備えている。【芹澤隆徳】

【6月2日12時10分配信 +D LifeStyle
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100602-00000016-zdn_lp-sci
 
   
Posted at 12:48/ この記事のURL
単3形乾電池で使えるA4対応モバイルハンディスキャナ / 2010年06月02日(水)
 サンコーは、電源やPCが不要で、手軽に持ち運び出先でスキャンが可能な「スーパースリムスキャナーA4」(型番:USPS41A4)を発売した。価格は9,800円。

スキャンしているイメージなど全6枚の画像

 同製品は、単3形乾電池×2の駆動で電源不要、microSDメモリーカード(最大16GB)へのデータ保存でPC不要のハンディスキャナ。本体サイズが幅254×高さ30×奥行き28mm、重さが約212g(乾電池含む)の小型・軽量ボディのため、持ち運んでの利用が容易となっている。

 電源をONにしてスキャンボタンを押し、本体の読み取り部分をスキャンしたい部分に当てて動かすだけの簡単操作。解像度は600dpi/300dpiの2段階で、モノクロ/カラーを選択可能。保存形式はJPEGファイルとなる。microSDメモリーカードスロットのほかUSB2.0ポートを備えており、USBカードリーダーやPCに接続して利用することもできる(USBフラッシュメモリーは不可)。

 対応OSはWindows 7/Vista/XP(SP2以上)、MacOS X10.4以上。スキャン可能範囲は最大幅21cm、最大奥行きが300dpiで127cm、600dpiで63cm。最大連続スキャン枚数はカラーで約100枚、モノクロで約150枚。付属品は、USBケーブル/専用ポーチ/クリーナークロス/キャリブレーションシートなど。

【6月2日12時5分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100602-00000014-rbb-sci
 
   
Posted at 12:47/ この記事のURL
2022年、三都主監督率いる日本代表がW杯で見られる!? / 2010年06月02日(水)
「2010 FIFA ワールドカップ南アフリカ」開幕まであと11日と迫った5月31日、愛知県豊田市で2022年のワールドカップ日本招致を後押しするイベント『「ワールドカップを日本へ!」トークバトルin豊田』が開催された。

トークバトルの写真

02年の日韓大会で惜しくも開催地から落選した豊田の人々の招致に対する熱は予想以上に高く、当日は500人を予定していた会場に急遽100席を追加するなど超満員となった。ゲストは名古屋グランパスから招致アンバサダーでもある吉村圭司と三都主アレサンドロ、サッカー解説者の元日本代表GK小島伸幸、そして06年までの10年間、名古屋グランパスのスタジアムDJを務めたケン・マスイという豪華な顔ぶれ。司会の中村義昭(DJ)の舌も滑らかに、トークバトルはキックオフの時を迎えた。

最初のトークテーマ「ワールドカップ、再び日本へ」では、招致委員会の取組みやアプローチを説明。その目玉である重さ7.3kgの「招致ブック」に会場中から歓声が上がった。FIFAに加盟する208の国と地域に笑顔をもたらすことを掲げる「208Smiles」コンセプトについては、中村が208の意味を会場に問い、見事答えた観客にピンバッジをプレゼントする一幕も。その後、話はそれぞれの12年後へ及ぶと、三都主が「監督をやっていたいかな」と将来の指揮官就任プランを激白。吉村も「じゃあ、三都主監督に使われる選手を育てます」と指導者への希望を明かし、会場は大きな拍手に包まれた。

第2のテーマ「どうなる、南アフリカ大会!?」ではそれぞれに開幕間近のワールドカップに向けた、日本代表への提言を披露。2大会(02年、06年)の出場経験を持つ三都主の「ブラジル代表も批判されている時に優勝している。日本も予選突破できないんじゃないかと言われているけど、選手はその悔しさをバネにしているはず」という言葉に説得力が満ちていた。

最後は「もうひとつの日本代表の闘い」というテーマのもと、日本が大会で活用すべく開発中の最先端テクノロジーが映像で紹介された。3D映像によるパブリックビューイングや自動翻訳機能を持つコミュニケーションツールなど、次々飛び出す夢のような技術にはゲストの4名も舌を巻くばかり。感想を聞かれた吉村は「こんな夢のようなワールドカップをぜひ豊田に呼びたいですね。いまここで見たこと聞いたことをみなさんもまわりの人に話してください」と、招致アンバサダーとして改めて協力を訴えた。続くプレゼント抽選会とフォトセッションも盛況のうちに終えた会場は、招致コンセプトの通り笑顔が絶えない90分間に。豊田および愛知の招致への気運は、最高潮にまで高められた模様だ。

本イベントは、3日(木)に埼玉、6日(日)に北海道、東京(詳細未定)でも開催され、中山雅史(コンサドーレ札幌)や鈴木啓太(浦和レッズ)ら地元クラブに所属する現役Jリーガーがゲスト出演する。


【6月1日18時42分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100601-00000004-pia-spo
 
   
Posted at 12:45/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!