2時間40分の出会い

February 08 [Tue], 2011, 20:59
前回上司とお邪魔して1時間半も話しこんできた高輪東京ではお金持ちの住む場所なんです。の老淑女と契約を結ぶため少し早めに行った方がいいよねということで14時にアポを取って今度はひとりで伺ってきました。2時間40分。話し込みました。ご家族への思い、自分の嫁いだころのお話、礼儀の話、着物の話、諸々。私の好みの男性像、パートナーに望むことなどまで聞かれ、息子さんのお嫁さん候補にしてくれるとでもいうのかと思いあるんだろうかと思いながらも通りいっぺんに応えて。ジャスミンティーとアッサムティー。浅草で買った群馬のお菓子どう関連があるのかわからない笑とお土産でいただいたちんすこう。お腹もたぷたぷ。お話もたっぷり。最初から帯の形を作ってある帯、お太鼓の部分と胴に巻く部分を切ってあるものは見たことあったけれどしまいには着物のやまとさんが特許出しているらしい切っていない最初からお太鼓の形を作ってある帯を納戸から引っ張り出してきてご披露してくださいました。営業部に戻ったのが17時半近く。慌ててインプットして帰路にくと心地よい疲労感。人の話を聞くって楽しいこと。営業の良さを感じた一日でした。そして夢を見ました。私は恋をしていました。あまりにも理想の男性像恋愛像を聞かれた為でしょうか相手は松田翔太さん。何故か偉大な画家。私は彼の絵に衝撃を受けながら彼の絵に足りないものに気がきそっと伝えることから複雑に揺れ動く感情の中恋が始まりましたでも、私、松田さんの顔、好みじゃないのよねとか思いながら。何故に松田翔太さん私彼のドラマ見たことないしソフトバンクのCMくらいかな。全然知らないのに突然夢に現れ恋の相手になっていました。帰路途中にソフトバンクがあるからかしらそれにしても穏やかな素敵な良い恋をしたわ。もうしばらく恋なくしてもやっていけそう

織田信長について

December 04 [Sat], 2010, 21:29
こんばんは。さて、今回は、別の話題です。名古屋出身の偉大な男、織田信長です。永禄三年その五月太子ヶ峯より、吹き下ろす風は、天下を治めたりそこに我らの太子小学校嫁の母校の校歌です。信長の桶狭間の戦いを歌っております。この信長という男、実にユニークな人でございます。日本史上稀有の発想力、実行力で、大きく世の中を変えた人であります。私どもは、世界の宗教紛争など見ますと、こんなことが行われているのかとびっくりしたり愕然とするわけでございますが、そう考えることが出来るのは、実は信長のお陰、後世への贈り物といえるものでございます。いまはお坊さんは、武装などしておりませんので、平和のように感じられると思いますが、昔は、各寺院が武装しておりました。あの白河法皇さえ、意のままに成らぬもので、比叡山延暦寺の僧兵を嘆いた有名な逸話賀茂河の水、双六の賽、山法師、是ぞわが心にかなわぬものがありますが山法師は、延暦寺の僧兵のこと、これが、曲者でございまして、自分たちの教義を守り、考え方、利益を守るため、また押し通すため寺院が武装していたわけでございます。お坊さんが武装していた時代があったわけです。今のパレスチナと同じく、浄土真宗、日蓮宗、天台宗といった各宗派が、激しく争っていました。それら勢力を徹底的に、壊滅したのが、織田信長です。我々は、ほとんど宗教の争い等で、苦しむことはありません。これは、一重に寺院の武装解除をさせたことによるものです。ほんの年程度前、日本も宗教で戦争があった時代があったのです。よく信長は残虐だ。そこだけはどうも好きになれないとか言う方がみえます。がしかし、自分たちが絶対という狂信の徒の勢力を一掃させて平和がなったのには間違いありません。また、信長は、思想的なもので弾圧をしたわけではありません。本願寺を倒した後も、信仰、参拝等の自由を認めていますし、宗派の存続も認めております。このあたりが、信長のすごいところなのです。他国の思想弾圧の例をあげれば、中国共産党の、文化大革命で万人死んだと言われております。これは、少数の指導者と軍と農民さえいればいいと考えた毛沢東思想によるものであります。カンボジアのポルポトも毛沢東思想で、何百万の自国民を殺しました。ナチスドイツはユダヤ人の根絶やしを理想に掲げておりまして、国をあげてその虐殺に邁進いたしました。こういうのとは、まったく違うわけでございます。あの一向宗でも、税金を収め臣従を誓えば、無傷です。茶道を嗜み信長に重用された商人、今井宗久が一向宗です。彼の一族の拓いた一向宗の自治町の今井町は一切攻撃を受けないどころか、兵すら派遣されていません。信長の宗教政策、いわゆる残虐と言われる点には、思想弾圧ではなく、宗教団体の武装解除が目的であったということ、パレスチナのような不幸が我が国にはない喜びを、ぜひ知って頂きたいです。

香港3たび

November 18 [Thu], 2010, 23:10
年末恒例の香港国際、今年は変則の3日間弾丸ツアーに。金曜の朝に関空を立って、日曜深夜の香港発で、月曜の朝6時着。羽田就航キャンペーンとかでキャセイが深夜便を臨時に出しているので、こんな日程が可能に。これで1年間で4回目の香港。香港は年に3回以上行くと、フリクエントパスだったかな入国審査の時に並ばないですむ優先権がもらえる。やっと申請できる。宿は例によってワンチャイとコーズウェイベイの中間。小ぶりなホテルだけど、喫煙ルームがあって、スポーツバーがある。金曜日の昼に空港について、ホテルに向かって、古い茶寮でアフタヌーンティなどして往年の香港をしのぶ。相方がエステか足つぼをしてる間、部屋でテレビ香港のテレビは面白い。夜は街市で火鍋でもつついて、土曜日のために体力を温存。実は土曜日から香港は年末の大バーゲンに入り、セントラルの公園にブランド店から安売り店までの大テントショップが並ぶ。今年一年、買い物らしい買い物をしていなかったバーゲンシーズンを知ると普段の香港やドバイで買い物する気にならないので、買いまくるつもり。獲得目標は大型スーツケース1、スーツ2、普通のコート1、靴3、シャツ2、メガネ1、毛皮のコート1。そして、相性の良い香港競馬で買い物代をチャラにして、香港空港のステーキハウスで祝杯を上げて、飛行機の中で安らかに眠って帰ってくる予定。日本馬が揃いますように。

11月の海。

November 09 [Tue], 2010, 1:15
明日は久しぶりのサーフィン、千葉か茨城かな天気よさそうで、気温もすこし温かめのようででも自分何歳まで海でサーフィンできるんだろう夏はともかくハワイとか熱帯アジアとかだったら冬の10度以下の海水温度に耐える必要無いし、80歳ぐらいのお爺ちゃんでもワイキキビーチで健康早朝波乗りやってます、羨ましい気候体力金銭の余裕自分が出来るのは体力のみなんでどうにか保たなければ体力

【雑談】今度は誰に押されたんだ?(゜▽゜)

November 04 [Thu], 2010, 1:08
より音が良いとされるのが。最近ではブロードバンドの普及で映像を始め大容量のデータ配信も可能になってきた。最近の興味といえば音楽の高音質データ(の再生これは以上のクオリティでスタジオなど録音現場で使われているフォーマットに近いものだ。サンプルを聴いてみたのだがそのクリアさにビックリ先日買った小さいスピーカーをテレビ等とないで色々と活用しているのだが、音楽を聴く場合にはいちいちートとケーブルでなぐことになり少々不便。良い接続方法がないかと思案し、家庭内は無線化できているのデバイスサーバーを使ってみることにした。現状、プリンタドキュメントスキャナなどを無線内で共有できている。理論上はに接続できるものであれば何でも稼動するようなのだがここでまづいた使っているスピーカーにはと呼ばれるデジタル信号をアナログ信号に変換する装置が入っており、ここに音楽データを送る仕組みなのだ。を通してデータが流れるので、伝送路の負荷が高い状態でも特定の通信に対して必ず一定の転送量を確保する方式でないといけないらしい。これを「アイソクロナス転送」と呼ぶらしく、これが上で上手くいかないので無線でスピーカーに接続するところまではいくのだがを起動して曲を再生(データ転送)すると落ちてブルースクリーンになるいろいろ調べてみたのだが、技術的には確立されているもののデバイスサーバーとして市販化しているところが皆無。デバイスサーバーのメーカーであるサイレックスにも問い合わせてみたが、製品化が難しいようでそこまでカバーする商品はないとのこと音楽データの無線配信はあきらめ、とりあえずにのデータを飛ばしてスピーカーにはステレオミニピンで接続する形で無線化とした。本当は高音質データ(の接続無線化がやりたかったのだが
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bvhthnkudl
読者になる
2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/bvhthnkudl/index1_0.rdf