香水ボトルバッグデザイン シャネルiphone6シリコンケース カバー</p>

March 27 [Fri], 2015, 13:07
 

 ■商品名:香水ボトルバッグデザイン シャネルiphone6シリコンケース カバー


■対応機種: iphone6 

■カラー:2色

■ご注意:

※パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。

※携帯本体は付属いたしません。

※サードパーティ製品

※只今は送料無料?

 シャネルiphone6カバー


http://eumoil.com
3月17日にリクルートテクノロジーズが開催した発表会で、女子大生がデザインした「女子による女子のための新型ウェアラブル端末」が披露された。若い女性が本当に欲しがっているウェアラブルデバイスがどんなものなのか、形として確かめられる貴重な発表会であった。

【女子大生がデザインしたウェアラブルデバイス】
グッチ iphone6ケース。。
 ここでお披露目されたのは、バングル、髪留め、ネックレス、腕時計など、言われなければウェアラブルデバイスだとは分からないような、ふわふわキラキラした「アクセサリー」であった。スマートフォン側の専用アプリから通知を受け取ると、振動や光で通知する。ネックレスからバングルへなど、その日の気分やTPOによって持ち替えることも想定しているとのこと。

 アプリとして用意されたのは「スマートライフ」と呼ばれるもの。起床時刻、外出時刻、天気予報などを通知する「モーニングアラーム」、授業の開始時間、休講情報、課題提出期限などが通知される「時間割リマインダー」、友達が近づいたら通知しチャットも可能になる「フレンド通知」、目的地に近づいたときや、逆に離れた場合に通知する「スマートコンパス」、ラーメンのみならず、炊飯が完了するまでの時間や、お風呂のお湯ためなど、自分が使いたいタイマーを複数設定、通知できる「生活タイマー」、現在地から自宅に戻るために乗らなくてはならない電車の終電時刻を事前に知らせ、最寄り駅までのルートなども表示できる「終電アラーム」といった6つの機能が用意されていた。

 使い方としては、光や振動を感じたら、スマートフォンを取り出してアプリをチェックするという流れ。現在は通知内容までは区別できないが、ゆくゆくは光り方や振動パターンを変えることで、スマートフォンを見なくても分かるようにしたいそうだ。
新品ルイヴィトンiphone6 ケース。。
 これまでのウェアラブル製品は、機能面ばかりがフォーカスされているとして、女子大生が等身大の目線で、自分たちが欲しい製品をアプリとデバイスの両面でプロデュースしたのだという。

 これらを初めて見たとき思い出したのは、前回紹介したBIJIN MODELSの座談会だった。あのとき、おしゃれで、普段着ている洋服に合わせやすい、アクセサリー感覚で身につけられるものが求められていた。まさに、そこで言われていたものそのものじゃないかと思ったのだ。

●女子大生のウェアラブルは活動量計ではない

 3月2日から5日まで、スペインのバルセロナで開催された、世界最大規模の通信業界の展示会「Mobile World Congress 2015」では、ウェアラブルデバイスを探してひたすらブースを歩き回ったが、こういうデザインは会場のどこにも存在しなかった。
iPhone6 シャネル。。
 今回発表された、女子大生デザインのアクセサリー型ウェアラブルデバイスの共通点は、加速度センサーをはじめとしたセンサー類は一切搭載しておらず、表示部も持たないこと。あくまでもアプリからの通知を受け取るだけである。

 これらにはベースとなるデバイスが存在する。「Wearable Tech EXPO in TOKYO 2014」で参考展示された、女性向けデバイス「Lily」だ。スマートフォンとBluetoothで連動し、電話やチャットの着信、友達が1キロ以内に近づいてきたとき、スマートフォンの置き忘れ時などに振動やランプで通知するという。今回のデバイスは、このLilyのモジュールをベースにキットを用意し、組み込んでいるとのことだ。

 アプリの機能にしても、デバイスにしても、活動量や睡眠を測定する機能が含まれてないことも非常に興味深かった。使い方は、通知を受けたらスマートフォンを見ている。つまり、主役はスマートフォンであり、ウェアラブルデバイスは、あくまでも人とスマートフォンの橋渡し役にすぎない。これまで自分が見てきたウェアラブルデバイスと比べると、あまりにシンプルすぎる。正直、「おしゃれだったら、光って振動するだけでいいの?」と思ってしまった。

●女子大生は通知をスマートに受けたい

 そこで、開発を担当したリクルートテクノロジーの ITソリューション統括部 アドバンスドテクノロジーラボでグループマネージャーを務める伊豆原大也氏に「通知だけでいいのでしょうか。活動量などの健康機能もまったく含まれていません。世間でいうウェアラブルとはだいぶ違いますね」と聞いてみた。すると「そうなんです。女子大生は活動量には興味なかったんです(笑) 彼女たちはアテンションをスマートに受けたいんです」という答えが返ってきた。
最新シャネルiphone6 ケース。。
 女子大生らと話をした結果、そういうスポーティなモデルがあることは認識しているが、欲しい機能はそれではないということらしい。必要なものとして挙げられたのが前述のアプリの機能だったというわけだ。「活動量が知りたくなったら、スマートフォンで分かりますから」(伊豆原氏)。そういえば美人モデルも「活動量計は必要ない」といっていたが、まさにその通りだった。

 これまで自分を含めた周囲には「スマートフォンでできることをウェアラブルデバイスでやっても仕方ないだろう」という認識があった。終電の時間など、それこそ手元のスマートフォンでアラームを鳴らせばいいのではと思うだろう。

 伊豆原氏は「終電通知機能がありますが、たとえば合コンのとき、相手に知られずにどうやって終電の時刻を知るか。目の前でスマートフォンをいじるのは失礼だからと、ブーツの中にスマートフォンを仕込んでアラームを鳴らしたりと、彼女たちは本当に涙ぐましい努力をしているんです」と教えてくれた。そういったことを髪留めなどで実現させましょうということで、今回こういう企画に繋がったそうだ。「ですから、アプリも生活するために便利な、学生目線の機能が中心です」(伊豆原氏)

 若い女性が求めているのは「スマートフォンと利用者をスムーズにつなぐためのデバイス」なのかもしれない。

●女子大生にズバリ聞いてみた

 どうせなら直接聞いてみなくてはということで、女子大生の生の声を拾ってみた。

 まず、現在発売されている活動量計については「スポーツ選手が着けそう」「健康に気を使っている人のイメージ」「自分は健康意識はいまいちない。飲み会が多いのでどのみち食べて飲んでしまう」とのこと。やはり活動量計への興味は薄いようだった。これでは売れないわけである。

 デザインに関しても「ファッションではないですよね」「ウェアラブルは大きいものもある。大きいなりのかわいさもあるのに考えられてない」と一刀両断。だから「あえて日常的に使えるように、常に身につけていたくなるものを意識してデザインした」という。
新品gucci iphone6 ケース。。
 いいと思うデザインなら、むしろ注目してもらいたいという気持ちもあるようだ。友達に「それいいね!」と言われたとき「実はね、スマホの通知もできるウェアラブルなんだよ」と誇らしげに言ってみたいそうだ。「(手首だったら)わざと見えるように動かしちゃうかも(笑)」という声もあった。

 アプリについては「学生生活をバックアップするものばかり」と胸を張っていた。

 「生活タイマー」には“女子あるある”が詰まっているとのこと。「カスタマイズできるし、複数同時に使える」と嬉しそうだった。「炊飯器って炊きあがる直前じゃないと時間が分からない。その間に用意したい料理とかやることがいろいろある。これなら炊きあがるタイミングがつかみやすい」と話す。忙しくても生活を充実させたいという気持ちが見えた。

 「時間割リマインダー」では、「講義の空き時間が長いと寝ちゃったりすることもあるので、通知があると助かる」のだそうだ。「出ないと単位がヤバい講義はハイライトできるんですよ(笑)」とも。

 終電通知については「理系なので、夜まで作業が長引くことがほとんど。でも先生の目が気になるのでスマホは出せない。そんなときにも便利」という。合コンといい研究といい、女子大生は気を遣うシーンが多いようだ。

 価格に関しては、5000円から1万円くらいが「みんなの持てる価格」「自分もプレゼントしてあげられる価格」らしい。とはいっても5000円も彼女たちには大金。アルバイトなので当然かもしれない。ちなみに2万円ともなると「ご褒美価格」なのだそうだ。

●ここで生まれたウェアラブルデバイスは今後どうなる?

 今回発表された女子大生発のウェアラブルデバイスは、今のところ発売の予定はないそうだが、いずれリクルートのサービスと連携するかもしれないという。伊豆原氏によると、現在センサー類はまったくないものの、今後は紫外線センサーなどを搭載して、日焼けに注意したほうがいいときに通知するといった進化も考えているそうだ。

 「企業側は、行動履歴というよりは、今後はアクション履歴が欲しいというように変わっていくと思います。たとえばその人がスポーツをしているのか、食事をしているのか、寝ているのかが知りたくなったら、加速度センサーやGPS類が必要になってくるでしょうね。紫外線センサーがあれば、今日向にいるんだねとか、加速度センサーがあれば、今スポーツをしてるんではないか、と分かります。それによって、さらにレコメンドできる情報であったり、通知できる情報が増えていくのかなと思います」

エルメス6Plusケース。。
 もちろんその通知内容は、そのときの女子大生のライフスタイルが反映されたものになるのだろう。

●女性にぴったりのウェアラブルとは何か

 黒い活動量計を両腕に複数巻き付けている自分と、おしゃれにこだわる女子大生の違いにかなり衝撃を受けた取材だったが、彼女たちが今必要としているものはそれなりに共感できた。と同時に、健康が気になり出す年代の筆者が、活動量計を意識することもさほど不自然ではないようにも思えた。

 例えば、女子大生は学生生活をサポートするものが必要かもしれないが、主婦、OL、未婚、既婚、子供の有無などでスマートフォンにインストールしているアプリにも違いが見られるはず。ライフステージが異なると、同じ女性でも必要な機能はまったく違うので、機能を考えるとき「女性」という単語でくくってしまうのは難しそうだ。
アイフォン6エルメス。。
 とはいえ、自分が使いたい機能を選んで組み合わせられるという意味では、スマートフォンのアプリが実現しているし、通知機能はスマートウォッチがすでに実現している。すべてのアプリが対応しているわけではないが、自分のための機能構築はしやすい環境になりつつある。

 問題はその先だ。欲しいと思ってもらえる形にするにはどうしたらいいだろうか。その辺りは、今回のリポートを通じて、多くのヒントが得られたのではないだろうか。
エルメスiPhone 6ケース。。
 4月には「Apple Watch」も発売になる。若い女性の多くが持っているiPhoneと連携する、注目のウェアラブルデバイスだ。出すなら1万円未満という女性たちの心(サイフ)をつかむことはできるのだろうか。セレクトショップの棚に、ウェアラブル専用コーナーができる日を楽しみにしつつ、そち
iPhone6ケース。。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bvhfdh
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bvhfdh/index1_0.rdf