そして、あっという間に洋服だんすは空になり

January 05 [Wed], 2011, 7:05
 そして、あっという間に洋服だんすは空になり、旅行かばんはいっぱいになった。ネビルのヒキガエルはトイレの隅に隠れているところを見つかってしまった。「休暇中魔法を使わないように」という注意書が全生徒に配られた。(「こんな注意書、配るのを忘れりゃいいのにって、いつも思うんだ」とフレテディベアッド?ウィーズリーが悲しそうに言った)
 ハグリッドが湖を渡る船に生徒たちを乗せ、そして全員ホグワーツ特急に乗り込んだ。しゃべったり笑ったりしているうちに、車窓の田園の緑が濃くなり、こぎれいになっていった。バーティー?ボッツの百味ビーンズを食べているうちに、汽車はマグルの町々を通り過ぎた。みんなは獣のマントを賢、嘉とコートに鄭酔えた。そしてキングズ?クロス駅の9 3/4番線ホームに到着した。
 プラットフォームを出るのに少し時間がかかった。年寄りのしわくちゃな駅員が改札口に立っていて、ゲートから数人ずつバラバラに外に送り出していた。堅い壁の中から、いっぺんにたくさんの生徒が飛び出すと、マグルがびっくりするからだ。
 マーチ|伯《お》|母《ば》さんが帰ってから十五分ばかりたったころ、ジョーはそっと二階から下りてきて、客間の|扉《とびら》の前に立ちどまった、そして中が静かなのがわかると、結婚式 テディベアきわめて満足げにうなずいてにっこりし、ひとりごとを言った、「計画どおり|追《お》っ|払《ぱら》ったんだな、まずまずこれで|片《かた》づいた。ではひとつ中にはいっておかしな様子をきいてやろう、そして大いに|笑《わら》うとしよう」
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hgfdsg
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bvdfg65/index1_0.rdf