E-cashサービスの前提

October 27 [Sat], 2012, 6:33
E-cashサービスでは、利用者の持つPCやUNIXからインターネットを介した銀行サーバーへのアクセスを前提としている。

利用者が利用申し込みをすると、口座番号とE-cash用ソフトウェアのインストール用パスワードが電子メール等で送られてくる。

利用者はインターネット等から、そのソフトウェアをダウンロード(受信)して、パスワードを用いてインストールを完了する。

「ワールド・カレンシー・アクセス・アカウント」の一次口座がドル限定で、E-cashと直結しているのに対して、二次口座は消費者や商店が任意の通貨を指定できる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:うりーな
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる