アメリカのサプリメントに関する法律

October 05 [Sat], 2013, 17:46
アメリカでは予防医療の一つとしてサプリメントを利用する習慣が国民に根付いています。アメリカの保険制度は日本のように全ての人に行き渡っているわけではないので、サプリメントへの依存度が高いのです。病院で診察を受けると相当な費用がかかるので、普段からサプリメントを使って病気にならないような生活をするのです。サプリメントにのために、アメリカでは栄養補助食品健康教育法が施行されています。アメリカでは、サプリメントは食品と医療品の真ん中に存在するものであるということが定義づけられています。アメリカでも心臓病や肥満など生活習慣病の増加や、高い医療費などが国民の健康意識を高める結果となりました。アメリカでサプリメントが広まっているのも頷けます。これまでは、サプリメントには成分表示などをする義務はありませんでしたが、法律が改正されたことによって情報提示をしなけれはならなくなりました。多くの人が気軽にサプリメントに関する情報に触れられることが、アメリカがサプリメント大国になった背景にあるようです。これに比して、日本国内のサプリメントを扱う法律は十分とはいえません。健康上のトラブルが生じてからでないと、動きが取れないという状態です。近年、薬事法が改正されたことによって、これまでは医師に処方してもらわなければならなかった医薬品でも条件つきで購入できるようになりました。しかし、ある程度の使用実績があり、副作用リスクが少ないごく一部の成分に限られています。日本でも、サプリメントを扱うための法律がアメリカ並みに行き届き、サプリメントを購入する人たちにとって安全性が増すなら、サプリメントの需要はより高まるでしょう。

エステでキレイに脱毛
進化した家庭用脱毛器
家庭用脱毛器でキレイに脱毛
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:toko006
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる