吐きそう 

January 16 [Fri], 2009, 19:48
だめだ、はきそう。


明日いよいよ発表だと言うのに…!
肝心なところ誤字してる!
どうすりゃいいんだか!

見えないミライ 

May 28 [Wed], 2008, 19:56
さっき、親に殴られて以降、なんだか気もちがわるい。

変な汗をかいている。

なんなんだこれ。

日々是師也。 

April 12 [Sat], 2008, 23:23
東京フォーラムの階段に頭を激打してからいまいち調子のよろしくない日々です。
自分が何故ここにいるのかわからない時もあるしね。
携帯見ながら、歩くのは、もうやめよう。
一つ学んだね。良かった良かった。

元気です。
お蔭様で。
心はどうであれ。
時折は、立ち上がれない時もあるけれど。

今日、地元で尊敬する人のトーク会があることを知った。
強く生きたいなぁ。
履修登録で相談される。
うーん・・・。私でいいのなら。
必要とされているのか分からない日々。
こうして、私の日々は続いていく。



目を閉じる。生きている。 

February 10 [Sun], 2008, 0:18
ふと、考えた。

私の命が終わる時

その一番最後に見るものはなんだろう。

親しい人かもしれないし

ただの天上かもしれない

もしかすると
目すらも開けないかもしれない

気付くと死んでいるかもしれない
(死んだあとに意識は無いかもしれないが。)

だが、仮に意識があるとして

今まで見てきた光景の
ロードショーをやったのならば

私はそこに何を映せるだろうか。

スウィーニートッド。 

February 06 [Wed], 2008, 23:53
最近、ジョニーディップのスウィーニートッドを見に行ってきました。

【スウィーニートッド】
ロンドンにベンジャミン・バーカーという男がいた。理容師の彼には美しい妻と可愛い娘。幸せな日は続くと思われた。しかし、妻を狙った判事によって、彼は無実の罪を着せられ流罪に。そして、残された妻も毒を飲む・・・。時は流れ、15年後、ロンドンに帰港する船の中にすっかり人相の変わったバンジャミン・バーカーの姿が。かつて彼の店があった下に店を構える女に自分の妻子の末路を聞いた彼は慟哭し、そして決意する・・・。「ベンジャミン・バーカーは死んだ…。俺の名はスウィーニー・トッド…。」今、ここに凄惨な、だが切ない復讐劇の幕が開いたのだった・・・。

感想:
ぐおおおお!!!血!血!
ティム・バートンのゴシック感(といったらいいのか?)がとてもよく聞いた作品です。冒頭のシーンは『チャーリーとチョコレート工場』を彷彿とさせました。但し、その材料が何かを知っていたので悶絶ですが。
あらすじは大体、他のスウィーニーと一緒です。巷では、ジョニーの歌唱が話題でしたが、私としては、ジョニーよりも相手のヘレンさんや子どもの演技力もこの映画を支える大きい原動力だと感じました。血に弱い人は注意。

色々見てきた・・・人間の・・・姿を・・・ 

January 15 [Tue], 2008, 17:56
あけましておめでとうございます。

いよいよ2008年ですね。最近は深夜までwiiの「のだめ」にはまり、腕が筋肉痛です。
あのゲーム、理論は簡単ですがなかなかに奥深いです。というよりも、任天堂のソフトは最近やりこみ系が多いような気がします。

さてさて、映画のほうは『ナショナルトレジャー2』を見てきました。『インディアナ・ジョーンズ』など最近続編が多い気がするハリウッドですが、今年は一体どんな新作が出ることやら。

『ナショナルトレジャー2』
(感想)
正直、想像していたものと異なっていた。前作の設定と弱冠矛盾する所もあり、「売れたから急いで作ったんかいな?」と思う節もあり。南米文化を関わらせている辺りにも「インディー」を意識しているのかなと思ったりもして。但し、演じている人々は生き生きとしているので、まぁいいかな・・・。

ナタリー・ポートマンとダスティ・ホフマンの作品やアンジェリーナ・ジョリーの『ベオウルフ』、『アース」』など見たいものが沢山あるものの時間が…無い。(涙)

ロスト・アイデンティティ 

December 14 [Fri], 2007, 22:45
 最近、連続して知り合いにコミュニケーション力が無い、積極的なアピールしようとする姿勢が足りないと叱責されてしまいました。

 正直、かなり凹んでいます。

とくに、会話の方はいきなり怒られてしまい何がなんだか分からないうちにガーッと言われ
「そのうんざりした顔やめてくれる?」と言われました。

確かに、思い返してみれば、朝の忙しい時だったこともあり自分の言葉の端々に気遣いがありませんでした。最近、そういったことが本当に多いです。

反省ですね。
自分を分かってくれる人は本当はいないから、頑張らなくてはいけない。誰も一番大事なときには救ってくれはしない。自分が行動しなければいけない。

ヘア・スプレー!! 

October 28 [Sun], 2007, 20:48
 最近、無理をしすぎた反動か体のあちこちにガタが来ています。左の膝が痛い。夜寝る時に冷やさないと歩くのもやや困難です。困ったな。・・・もしかして体重増加による故障・・・?

そんなわけで、「ヘア・スプレー」を見に行ってきました。

『ヘア・スプレー』
 舞台は1963年のバルチモア。‘ぽっちゃり’な主人公トレーシーの楽しみは地元テレビ局のダンス番組、コーニーコリンズショーを見ること。メンバーの中心にいるリンクに憧れる日々だったが、ある時、偶然にもトレーシーにその番組に出るチャンスが。ダンスの上手なトレーシーはやがてスターとなっていくが大きな壁に直面することとなる・・・。

感想:一言で言えば、とても素晴らしい作品としかいいようがない!
   ミュージカルから映画になった作品が陥りやすい、空間の転換の不必要性(分かりやすく言えば、「ココって場面変える必要があんの?」ということ。)が全く無い。その場面、その場面に適した背景となっている。また、主役の声も「60年代の音楽」を見る側に思い出させる明朗な声であり、聞き飽きない。またその半面でアメリカ社会が抱えていた暗い側面をクイーン・ラティファ演じるメイベルの魂のこもった歌声が照らし出している。
 見た人だけが理解できる、このミュージカルの提示する問題を今尚、私たちが解決できず、また中には気付いてすらいないことが歯がゆく感じられる。オススメ。

ハイヒールは凶器です。 

October 07 [Sun], 2007, 1:09
今日は就活イベントのため、大学に行ってきました。
ハイヒールは凶器ですね。足の甲が血流が止まってジンジンします。最後の方は会場の暑さもあいまって吐き気とめまいが・・・。
こんなんで本当に大丈夫なのでしょうか。

さて、それはさておき今回は『プロジェクトBB』について。

『プロジェクトBB』

 強盗集団だが決して誘拐・殺人・放火は行わない3人組、大家・サンダル・フリーパス。さらに、ここ最近は自分が強盗にあったり借金取りに命を狙われたりと、まさにがけっぷち。そんな彼らの新たな仕事は何と、赤ん坊の誘拐!不承不承ながらも、さらってきたものの、大家が自己を起こしサンダル・フリーパスがしばらくの間育てることに。最初は嫌々だったが、やがてそこには本当の愛情が。だが、依頼人であるギャングのボスが赤ん坊の引渡しを命令。彼らは一体どうするのか・・・!

感想:やはり地元だけあってジャッキーチェンもリラックスしているように感じた。編集過程で何かあったのだろうかと思うような映像な部分もあったがアクション映画としてド派手といった感じではなく、むしろハートフル・アクションといった所だろう。
 最近は「家族」というつながりが希薄になっていて、尚且つ自分の気持ちを家族に伝えることが大概にして不得手になってしまっていると感じる。そんな、今だからこそ、ジャッキー・チェン演じるサンダルとその父親の感情の交差、そして血のつながらない赤ん坊への愛情が直に心に訴えかけてくる作品である。

原点復帰 

October 06 [Sat], 2007, 1:41
長い間のうつ状態から脱却。そろそろこのページの原点復帰をしたいと思う。

最近見た映画について

『幸せのレシピ』(5つが満天だと思う。)

 NY高級料理店で働いている主人公。彼女の仕事ぶりは完璧であり、多くの客が今日もお店にやってきていた。しかし、一方で、その完ぺき主義が周りとの軋轢を生み出していることに彼女は気付いていない。そんな日々が続くかと思われた時、彼女に悲劇が。交通事故によりシングルマザーの姉妹が死亡。彼女はその遺児を引き取ることに。そして、職場ではスーシェフ(副料理長のこと)の産休代わりに主人公とはまったくスタンスの異なるシェフが雇われてしまう。果たして彼女の「幸せ」はどう代わっていくのか…。

感想:コレにはリメイク前の作品があり(ドイツ作品)、そちらの方はヨーロッパの地理と国民性の違いを知っていればわかる、ヨーロッパ独特のビターテイストである。いっぽう、こちらの方はNYという様々な人が行きかう大きな都市が舞台となっており、より主人公の心情がクローズ・アップされているように感じた。ただし、リメイク前の映像や脚本のあり方は通常よりも尊重されており、アメリカにありがちな「このリメイクって単なる人気あるから持ってきたのでは?」というものではない。
 リメイク作品として、もしくはそうではない作品として、両方を楽しめるのではないかと思う。

次は10月20日公開の『ヘア・スプレー』を見たい・・・。ジョン・トラヴォルタの特殊メイク・・・。
2009年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:buttyakeudonn
読者になる
Yapme!一覧
読者になる