バタフライ 手が上がらない

June 14 [Tue], 2016, 17:17
前半にどれだけ調子よく泳げたとしても、後半になるとスピードダウンしてしまいまるで溺れているように見えていたとしても、
バタフライの各動作が一つずつ最適化されていき、体が無駄に沈むことなくトビウオの様にバタフライで泳げるようになる練習法がこちら



バタフライはきちんと泳げるようになるとクロールに次に早く泳げる泳法です。平泳ぎから派生したとはいえ、水面から体が浮き上がる面積が大きな分、水の抵抗がなくなりスピードアップにつながります。

ただ、トップ選手とバタフライを覚えたばかりの選手には明らかな違いがあるように、バタフライはスクールで合格をもらったとしても、そこから自力で上手くなるのはかなり大変なものがあります。



バタフライは基本的な動作を学んでからが本当の勝負です。一通りの動作ができるようになったうえで、各動作をどのように最適化していくか?を体で覚えていく必要があります。

才能のある選手であれば、我流で練習をしても不思議と上手くなってしまうものの、普通のレベルの選手になると、やはり誰かに教わらなければ、なかなかコツはわかりません。



逆に、試行錯誤を重ねていく間に間違った体の使い方を覚えてしまい、そのせいでバタフライで思うように泳げずにスピードダウンを招く危険だってあります。

バタフライは他の泳法に比べてフォームが難しい分、練習方法を間違えると命取りになりかねません。正しい練習をしてこそ正しいフォームを身に着けることができます。



あなたも身体能力に頼った練習方法ではなくて、きちんとした理論的背景のある練習方法に切り替えると、意外と簡単に下のような結果を手に入れることができますよ。


バタフライでぐいぐい前に進むようになる

呼吸をしてもスピードダウンしなくなる

前後半のペースの落差がなくなる

バタフライの泳ぎの姿勢が良くなる


バタフライ・スピードアップ・プログラムは、世界を相手に戦ってきた佐野秀匡さんが培ってきたノウハウがまとめられています。

トップレベルの選手にも通用するテクニックがいくつも紹介されていますが、難易度は決して高くはありません。私たちでも再現できるものが厳選されているし、難易度が多少高い練習も噛み砕いて覚えやすくなるように工夫されています。



トレーニングの道具もプルブイ程度があればよいので、改めて機材を用意する必要もありません。家でDVDを再生してコツをメモしておいて、プールで試してみる、という流れで練習できればOKです。

バタフライはどうしても身体能力を強化する練習に重点が置かれがちですが、せっかく強化した体力・筋力を生かせるかどうかは泳ぎ方次第です。



間違った泳ぎ方をしていたら、筋力も体力も無駄に消耗することになります。ということは前半はよくても後半になるとスピードダウンすることになります。

逆に言うと、正しいフォームで泳げるようになると、後半になってもきちんと余力を残せるようになります。ペース配分を考えて泳げるようになるんです。



がむしゃらにプールに通ってがむしゃらに練習をするのも、決して悪くはないのですが、練習の質が悪ければ貴重な時間を無駄にするだけです。

あなたが練習時間にすごく恵まれているのであれば、そんな練習を続けてもいつかはバタフライが早くなるかもしれませんが、現実的には時間は有限ですよね。



限られた時間を有効に使うためにもやはり練習の質を上げることを意識すべきです。ちんたら筋トレに時間をかけるのは、その後で十分です。

佐野秀匡さんのバタフライ・スピードアップ・プログラムなら、最初から順を追って練習をしていけば、勝手に上手くなるように構成されています。

あなたも自分で試行錯誤するのはやめて、正しい動作を頭と目で理解して、体で再現できるように練習をしていけば、どんどんバタフライが速くなっていきますよ。

→→練習すればするほどタイムが縮んでいく佐野秀匡さんのバタフライ・スピードアップ・プログラムのスピードアップに必要な滑らかなドルフィンキックのコツとは??


TOEFL iBT テキスト教材
結婚するためには
英会話 初心者 勉強法

バタフライ キック コツ

June 14 [Tue], 2016, 17:14
バタフライに限らず水泳の泳法も随分と体系化されてきて、どんな風に練習をするとよいのか?というのがすごく整備されてきました。

さらにどんなフォームであればより速くなるか?というのもかなり研究され、トップ選手になると指先の動かし方にまで注意が飛ぶような状態です。



トップ選手になればなるほど、フォームに徹底的に気を配らなければいけないような状況になっているわけですが、逆に言うと、今はノウハウがそれだけ細分化されていることになります。

しかも、プールに入る前に体をパチパチ手で叩くのが良いみたいに思われているものの、実際にはなんの意味もありません。みんながやっているら、真似してやっている人がほとんどなんですよね。



ノウハウが細分化されてわかりにくくなってる上に、さらにわけのわからない習慣的なノウハウまで残っていることが水泳を難しくしている一つの要因です。

特にバタフライのようなリズムとタイミングを合わせるのが他の泳法に比べて難しい泳ぎ方になると、頭で考えてもなかなか体で再現できないもどかしさを味わうことになります。



バタフライと言えど、各動作を最適化していくと意外なほどシンプルにまとまるものです。一つの動作を改善することで、いろんな悩みが一気に解決されていくものです。

速く泳ぐためにはとにかく泳いで泳いで泳ぎ切る必要がありますが、あくまでも正しいフォームで泳ぐことが前提です。間違ったフォームで泳いでも間違った体の癖がひどくなるだけです。



佐野秀匡さんのバタフライ・スピードアップ・プログラムを使って練習するにあたっては、今までの練習をいったん忘れたほうが良いかもしれません。

このDVD一つでバタフライのテクニックが体系的にまとめられているので、ある意味、他のノウハウは異物となってしまう危険があります。



バタフライのしなやかな動作を身に着けるには、間違った動作が一つもあってはいけません。ゼロから100まで徹底的に動きを最適化する必要があります。

佐野秀匡さんのバタフライ・スピードアップ・プログラムがあれば、あなたが頭を使う必要は一切ありません。用意されている練習を淡々とこなしていくだけです。



それだけであなたも、今まで伸び悩んでいたタイムがどんどん縮むようになります。泳げば泳ぐほどタイムが伸びる充実感を味わえるようになります。

泳法が難しいバタフライであっても正しい練習ができれば正しいフォームは確実に身に着けることができます。あなたも下のような悩みを解決することができますよ。


後半は泳ぎのバランスが大きく崩れてしまう

ストリームラインを意識してもだめ

バタフライへの苦手意識が抜けない

溺れているみたいと笑われる


思うようにバタフライが上達せず、他の泳法だけにスイマー人生を賭けてしまう前に
正しい腹圧の入れ方を体得して、自己ベストを何度も伸ばす快感を味わってみませんか?

下半身と背筋に負担をかけるドルフィンキックは今日で終わりにして、体幹を生かしたバタフライ本来のフォームを手に入れるにはこちら





サッカー キーパー トレーニング
発声方法 腹式呼吸
ボウリング カーブ 持ち方
P R


ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット
PVランキング