ハニーココは妊娠中・授乳中に飲んでも大丈夫?

July 31 [Sun], 2016, 7:56

ハニーココの公式サイトには、次のように書いてあります。

「体に害がある成分は一切含んでおりませんが、
 授乳中や妊娠中の方はご利用をお控えください。」


これがまさに正解です。

なぜ妊娠中・授乳中には飲まない方がいいのかと言いますと、
ハニーココに含まれている高品質のプエラリアが女性ホルモン
の分泌を活性化させるからです。

妊娠中・授乳中はただでさえ女性ホルモン
の分泌がものすごく活発になっています。

その上にプエラリアを摂取するとホルモンバランス
を崩して健康を害する危険があります。


また、赤ちゃんのことを考えても、
妊娠中・授乳中は飲むのを控えた方がいいです。

妊娠中はもちろん授乳中も、赤ちゃんは
ママが摂取した栄養分を吸収しますよね。

その時期にママがハニーココを飲んでいると、
バストアップ成分やダイエット成分も赤ちゃん
が吸収することになります。

これはちょっとマズいですよね。


では、授乳後いつからハニーココを飲んでも大丈夫
かというと、授乳終了の3ヶ月後が目安となります。

授乳中は女性ホルモンの分泌がものすごく活発で、
授乳終了後もその状態はしばらく続きます。

女性ホルモンの分泌が落ち着くのが
だいたい授乳終了の3ヶ月後なのです。

その3ヶ月の間には、妊娠・授乳で
大きくなっていたバストがしぼんできます。

そうなったら、今度はハニーココの出番というわけですね。

※ 以上のことは、ハニーココだけではなく、他の
  プエラリアサプリ全般でも同じことが当てはまります。


ハニーココは未成年が飲んでも大丈夫?

July 29 [Fri], 2016, 8:00

未成年というのは20歳未満ということですね。

10代の女の子がハニーココを飲んでも大丈夫でしょうか?

基本的には、未成年の方は飲まない方が望ましいです。

10代ならまだ、子どもの体から大人の体へ
移行している途中です。

女性ホルモンの分泌システムも発展途中で、
分泌量が不安定だったりします。

この時期にプエラリアを摂取するとホルモンバランス
を崩して心身が不安定になることもあります。


さらに、この時期にプエラリアの力を借りて女性ホルモン
の分泌を促していると、体が自力で女性ホルモンを
分泌させる力を弱めることになります。

そうなるとプエラリアなしでは女性ホルモンが
十分に分泌されない体質になりかねません。

やはり10代のうちは規則正しい生活をして、
栄養もしっかり摂って、健康的な体を作って
いくことを最優先すべきでしょうね。


とはいえ、10代でも中にはプエラリアを
飲むのが有効な方もいらっしゃいます。

何らかの理由で女性ホルモンの
分泌が活発にならない方ですね。

いつまでも胸が平らのままであったり、それだけじゃなく
全身も女性らしい丸みが出てこないという場合は、
女性ホルモンの分泌がうまくいっていません。

そういう方がプエラリアを摂取すれば女性ホルモン
の分泌を誘発するということもあります。

ただ、いずれにしてもホルモンバランスがまだまだ不安定な
年代ですから、まずは医師に相談することをおすすめします。