Windows 版 Adobe Reader XI のインストール手順について

April 23 [Wed], 2014, 18:39

Windows 版 Adobe Reader XI のインストール手順について


この文書では、Windows 版 Adobe Reader XI のインストール手順について説明しています。


インストールを行う前に、はじめに以下の A. の注意事項をお読みください。その後、B. 〜 C. を行ってください。


Adobe xi 最安値 adobe xi pro 激安通販 Adobe CS6 ダウンロード 版 特価中 http://www.adobexi.com


アドビadobe xi最安値取扱店です。 adobe xi pro激安通販、新登場Adobe Photoshop CS6イラストレーターCS6ダウンロード版特価中。Adobexiは主に日本語版アドビ 製品、Adobe Acrobat(アドビ・アクロバット)、イラストレーター CS6 アドビ CS6、Autodesk AutoCAD(オートデスク オートキャド) マイクロソフト Office 2010、Office2013を最安値で提供しますhttps://www.facebook.com/yumeno.asanae


 



A. インストールについての確認および注意事項





必要システム構成







  • 1.3GHz以上のプロセッサー

  • Microsoft® Windows® XP(32-bit版:Service Pack 3、または64-bit版:Service Pack 2)日本語版、Windows Server® 2003 R2(32-bit版および64-bit版)日本語版、Windows Server 2008または2008 R2(32-bit版および64-bit版)日本語版、Windows 7(32-bit版および64-bit版)日本語版、Windows 8(32-bit版および64-bit版)日本語版

  • 256MB以上のRAM(512MB以上を推奨)

  • 320MBの空き容量のあるハードディスク

  • 1,024x768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ

  • Internet Explorer 7、8、9または10、Firefox延長サポート版、Google Chrome


 


注意:64-bit版のWindows Server 2003 R2およびWindows XP(Service Pack 2)日本語版の場合は、MicrosoftアップデートKB930627が必要です。


 






旧バージョンの Adobe Reader






異なるバージョンの Adobe Reader を同一コンピューターに複数インストールすることはできません。あらかじめ旧バージョンの Adobe Reader をアンインストールしてください。



B. Adobe Reader XI のインストール手順





B-1. Internet Explorer の場合














  • 以下の Web サイトにアクセスします。


    URL : http://get.adobe.com/jp/reader/














  • 「今すぐダウンロード」をクリックします。


    ※ お客様の環境に応じて Google Chrome や McAfee Security Scan Plus などが表示されます。不要な場合はチェックをはずしてください。

















  • 以下のいずれかの操作を行います。


    Internet Explorer の場合


    ウィンドウ最下部に以下のような黄色いバーが表示されます。「実行」をクリックします。









    Firefox の場合


    以下のようなダウンロード確認の画面が表示されます。任意の場所にファイルを保存したら、ダブルクリックして実行します。









    Google Chrome の場合


    ウィンドウ下部に表示されるダウンロードファイルをクリックします。

















  • インストーラーが起動し、「Adobe Reader の環境をアップデート」画面が表示されます。「アップデートを自動的にインストールする(推奨)」を選択し、「次へ」をクリックします。


    注意 : Adobe Reader は、セキュリティの問題や既知の不具合などを修正する目的で、定期的にアップデートをリリースしています。制限されたネットワーク内で使用されている場合などを除き、自動的にアップデートをインストールすることを推奨します。

















  • インストールが開始されます。そのまましばらくお待ちください。

















  • 緑色のチェックマークが表示されたら、「完了」をクリックします。

















  • ブラウザーが起動し、インストールが正常に完了したことを示す画面が表示されます。


















C. Adobe Reader XI の起動














  • 以下のいずれかの操作を行います。


    - スタート/すべてのプログラム/Adobe Reader XI を選択します。


    - デスクトップに作成された Adobe Reader XI アイコンをダブルクリックします。














  • 「Adobe Reader XI - パーソナルコンピューターでの使用に関する配布の使用許諾契約」が表示されます。内容を確認の上、「同意する」をクリックします。

















  • Adobe Reader が起動します。

















注意 : 以前のバージョンの Adobe Reader を使用していた場合、以下のようなメッセージが表示されることがあります。



  • 「以前のバージョンの Adobe Reader の信頼済み証明書が見つかりました。取り込みますか?」


 









 


「取り込み」をクリックすると、前のバージョンで使用していた信頼済み証明書が引き続き使用されます。「デフォルトを使用」をクリックすると、Adobe Reader の初期設定の信頼済み証明書のみを使用します。






 


Windows 版 Adobe Acrobat X Pro/Standardインストール手順

April 23 [Wed], 2014, 18:38

Windows 版 Adobe Acrobat X Pro/Standardインストール手順(Windows 版 Acrobat X Pro/Standard)




Acrobat X Pro/Standard インストール手順


Adobe xi 最安値 adobe xi pro 激安通販 Adobe CS6 ダウンロード 版 特価中 http://www.adobexi.com


アドビadobe xi最安値取扱店です。 adobe xi pro激安通販、新登場Adobe Photoshop CS6イラストレーターCS6ダウンロード版特価中。Adobexiは主に日本語版アドビ 製品、Adobe Acrobat(アドビ・アクロバット)、イラストレーター CS6 アドビ CS6、Autodesk AutoCAD(オートデスク オートキャド) マイクロソフト Office 2010、Office2013を最安値で提供しますhttps://www.facebook.com/yumeno.asanae


 













  1. すべてのアプリケーションを終了し、Acrobat X アプリケーション DVD-ROM をコンピューターに挿入します。











  2. [自動再生] ダイアログボックスが表示されたら、[Setup.exe の実行] をクリックします。 







    1



     











  3. [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示された場合は、[はい] をクリックします。







    1



     











  4. [Adobe Acrobat X Pro(Standard) - Japanese セットアップ] 画面が表示されたら [次へ] をクリックします。 







    1



     











  5. 「旧バージョンの警告」画面が表示されたら [続行] をクリックします。



    ※ この画面は、旧バージョンの Acrobat がコンピューターにインストールされていない場合は表示されません。







    1



     











  6. 「Adobe Acrobat <バージョン> - Japanese をアンインストールしてよろしいですか?」と表示されたら [はい] をクリックします。







    1



     











  7. 「デフォルトの PDF ビューア」画面が表示されたら、必要に応じて [Adobe Acrobat をデフォルトのビューアにする] のチェックを入れ、[次へ] をクリックします。



    ※ この画面は、Adobe Reader などの PDF ビューアがコンピューターにインストールされていると表示されます。







    1



     











  8. 「Adobe Acrobat のインストールを完了する前に次の情報を入力する必要があります。」と表示されたら、以下の操作を行い、[次へ] をクリックします。







    1 注意 : シリアル番号はすべて半角で入力してください。全角入力の場合はシリアル番号が正しく認識されませんのでご注意ください。シリアル番号は、DVD ケースの背面、またはダウンロード販売で購入された場合は、ダウンロードページおよび Adobe オンラインストアの領収メールに記載されています。 







    a. [ユーザ名] と [所属](必要に応じて)フィールドに入力します。 



    b. 以下のいずれかの操作を行います。







    Acrobat X Pro の場合



    [シリアル番号を入力して製品版をインストールします。] が選択されていることを確認し、シリアル番号を入力します。







    Acrobat X Standard の場合



    シリアル番号を入力します。







    1



     











  9. 「注意事項:Adobe ライセンス認証」画面が表示されたら内容をご確認の上 [次へ] をクリックします。







    1



     











  10. 「セットアップタイプ」画面が表示されます。通常は [標準] を選択して [次へ] をクリックします。







    ※ 必要に応じて [すべて] または [カスタム] を選択してください。[カスタム] を選択した場合、次の画面でインストールするオプションの機能を個別に指定する必要があります。







    1



     











  11. インストール先のフォルダーを確認し、[次へ] をクリックします。







    1



     











  12. 「プログラムをインストールする準備ができました」と表示されたら [インストール] をクリックします。







    1



     











  13. インストールが開始されます。完了までしばらくお待ちください。







    1



     











  14.  「セットアップが完了しました。」と表示されたら [完了] をクリックします。







    1












 以上で、Acrobat X Pro/Standard のインストール作業は完了です。




 


Windows ファイアウォールの設定について

April 23 [Wed], 2014, 18:37

Windows ファイアウォールの設定について




対象製品/分野: Windows 7






ファイアウォールは、ハッカーまたは悪意のあるソフトウェア (ワームなど) がネットワークやインターネットを経由してコンピューターにアクセスするのを防ぐために役立ちます。また、ファイアウォールを使用して、自分のコンピューターが他のコンピューターに悪意のあるソフトウェアを送信しないようにすることもできます。


Windows ファイアウォールで、ネットワークの場所の種類に応じて、4 つの設定をカスタマイズすることもできます。これらの設定を見つけるには、以下の手順に従います。






  1. [Windows ファイアウォール] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像、[コントロール パネル] の順にクリックします。検索ボックスに「ファイアウォール」と入力し、[Windows ファイアウォール] をクリックします。




  2. 左側のウィンドウで、[Windows ファイアウォールの有効化または無効化] をクリックします。 管理者のアクセス許可が必要です 管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。






ここでは、この設定をいつ、どのような目的で使用するかについて説明します。



[設定のカスタマイズ] ダイアログ ボックスの画像[設定] ダイアログ ボックスのカスタマイズ



【2PC版】【BootCamp可】【8.1アップ可】Windows8 (32bit )ダウンロード版 激安通販【認証保障】


▼販売価格:▼uindouzu7.com店舖会員https://www.facebook.com/yumeno.asanae

1PC用 3,900円の場合に、、2PC用を買うと3000円割引!!

【2PC版】【BootCamp可】【8.1アップ可】Windows8 (32bit )ダウンロード版 激安通販【認証保障】

注文方法: ウィンドウズ7ダウンロード版再安値ショップhttp://www.uindouzu7.com/

商品名称、商品番号、購入数量、お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス などを明記の上送信してください。

ウィンドウズ7 最安値販売


Windows 7ウィンドウズ7 激安通販 ウィンドウズ7ダウンロード版再安値ショップ


ウィンドウズ7 ダウンロード版再安値通販中!

ウィンドウズ8 ウィンドウズ7激安通販、

新しい Windows8.1 が登場しました。





 



Windows ファイアウォールを有効にする



既定では、この設定が選択されています。Windows ファイアウォールが有効の場合、ほとんどのプログラムはファイアウォール経由で通信できなくなります。プログラムがファイアウォールを経由して通信することを許可するには、許可されたプログラムの一覧にそのプログラムを追加します。たとえば、許可されたプログラムの一覧にインスタント メッセージング プログラムを追加しないと、インスタント メッセージで写真を送信できない場合があります。プログラムを一覧に追加する手順については、「プログラムに Windows ファイアウォール経由の通信を許可する」を参照してください。

プログラムに Windows ファイアウォール経由の通信を許可する




プログラムに Windows ファイアウォール経由の通信を許可するには





  1. [Windows ファイアウォール] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像、[コントロール パネル] の順にクリックします。検索ボックスに「ファイアウォール」と入力し、[Windows ファイアウォール] をクリックします。




  2. 左側のウィンドウで、[Windows ファイアウォールを介したプログラムまたは機能を許可する] をクリックします。



    コントロール パネルの Windows ファイアウォールの左側にあるウィンドウの画像Windows ファイアウォールの左側のウィンドウ




  3. [設定の変更] をクリックします。 管理者のアクセス許可が必要です 管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。




  4. 許可するプログラムの横にあるチェック ボックスを選択し、通信を許可するネットワークの場所を選択して [OK] をクリックします。

















許可されたプログラムの一覧にあるプログラムも含めすべての着信接続をブロックする



この設定は、コンピューターへの要求していない接続の試行をすべてブロックします。ホテルや空港でパブリック ネットワークに接続する場合、コンピューター ワームがインターネット上で広がっている場合など、コンピューターを最大限に保護する必要があるときに、この設定を使用してください。この設定を使用した場合、プログラムが Windows ファイアウォールでブロックされても通知されず、許可されたプログラムの一覧にあるプログラムは無視されます。


すべての着信接続をブロックした場合でも、ほとんどの Web ページは表示できます。また、電子メールやインスタント メッセージの送受信もできます。





Adobe xi 最安値 adobe xi pro 激安通販 Adobe CS6 ダウンロード 版 特価中 http://www.adobexi.com


アドビadobe xi最安値取扱店です。 adobe xi pro激安通販、新登場Adobe Photoshop CS6イラストレーターCS6ダウンロード版特価中。Adobexiは主に日本語版アドビ 製品、Adobe Acrobat(アドビ・アクロバット)、イラストレーター CS6 アドビ CS6、Autodesk AutoCAD(オートデスク オートキャド) マイクロソフト Office 2010、Office2013を最安値で提供します


 


Windows Update 利用の手順- Windows 8 の場合

April 23 [Wed], 2014, 18:36

Windows Update 利用の手順- Windows 8 の場合


Windows Update を使用することで、お使いのコンピューターに利用可能な更新プログラムをインストールすることができます。

更新プログラムには、セキュリティ対策に必要な重要な更新プログラムやコンピューターの使用感の向上に役立つ推奨される更新プログラムがあります。Windows Update は、手動または自動的に実行することができます。Windows 8 は、既定で自動更新が有効になっているため、更新を忘れることなく常にコンピューターを最新の状態にしておくことができます。また、Windows Update から Microsoft Update に切り替えることで、お使いの Windows のみならず、お使いのマイクロソフト製品の更新プログラムもインストールできるようになります。Microsoft Update に切り替える手順は、Windows Update 利用の手順 - Windows 8 (初回) の場合を参照してください。次の手順では、マイクロソフト製品の重要な更新プログラムおよび推奨される更新プログラムを自動的に確認し、インストールする Windows Update の利用の手順をご紹介しています。


【2PC版】【BootCamp可】【8.1アップ可】Windows8 (32bit )ダウンロード版 激安通販【認証保障】


▼販売価格:▼uindouzu7.com店舖会員

1PC用 3,900円の場合に、、2PC用を買うと3000円割引!!

【2PC版】【BootCamp可】【8.1アップ可】Windows8 (32bit )ダウンロード版 激安通販【認証保障】

注文方法: ウィンドウズ7ダウンロード版再安値ショップhttp://www.uindouzu7.com/

商品名称、商品番号、購入数量、お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス などを明記の上送信してください。 https://www.facebook.com/yumeno.asanae

ウィンドウズ7 最安値販売


Windows 7ウィンドウズ7 激安通販 ウィンドウズ7ダウンロード版再安値ショップ


ウィンドウズ7 ダウンロード版再安値通販中!

ウィンドウズ8 ウィンドウズ7激安通販、

新しい Windows8.1 が登場しました。







  




  1. Windows キーを押しながら、W キーを押します。 または、画面の右端からスワイプして [検索] をタップし (マウスを使っている場合は、画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下へ移動して [検索] をクリックし)、[設定] をタップまたはクリックします。        




  2. 検索ボックスに「Windows Update」と入力します。


    検索ボックスに「Windows Update」と入力




  3. [更新プログラムのチェック] をタップまたはクリックします。   


    [更新プログラムのチェック] をタップまたはクリック


    更新プログラムのチェックが行われます。





  4. [インストール] をタップまたはクリックします。        


    [インストール] をタップまたはクリック




  5. [今すぐ再起動] ボタンが表示されたら、[今すぐ再起動] ボタンをクリックします。コンピューターが自動的に再起動します。 [今すぐ再起動] ボタンが表示されなければ、Windows Update の画面を閉じて終了してください。終了するには、マウスを使用している場合、アプリの上部をクリックし、画面の下部にドラッグします。タッチ スクリーンを使用している場合は、アプリを画面の下までドラッグします。        


    [今すぐ再起動] ボタンが表示されたら、[今すぐ再起動] ボタンをクリック




windows media playerの音声は出ますが、映像がでませんの解決方法

April 23 [Wed], 2014, 18:35

windows media playerの音声は出ますが、映像がでませんの解決方法


まずは最新バージョンのWindows Media Player を入れ直して、必要なファイルを自動的にダウンロードできるようにしましょう。[解決方法-1]

上記の設定を行っても動画を再生できない方は、 Windows Media Playerの設定を変更してみましょう。[解決方法-2]

上記2つの設定を行っても動画が再生できない方は、再生するファイルにあったプレイヤーをダウンロードして、再生をしてみましょう。[解決方法-3]



■解決方法-1


 


まず最新バージョン(Beta版は除く)をインストールしてください。

 


>>Windows Media Player ダウンロードページ

(クリックするとWindows Media Player ダウンロードページが別ウィンドウに表示されます)

インストールが完了したら今後必要なファイルが自動的にダウンロードできるように、以下の設定をすることをオススメします。



 









●ステップ1https://www.facebook.com/yumeno.asanae

Windows Media Playerを開いた状態で、赤枠の部分で右クリックして、[ツール]→[オプション]を開いてください。


●ステップ2

[オプション]ウィンドウが開いたら[プレーヤー]タブを開き、[自動更新]の[コーデックを自動的にダウンロードする]にチェックを入れて[適用]→[OK]してください。




 


 


設定が終わったらWindows Media Playerを一度終了し、再度起動して 動画を再度見てみてください。

※Macintoshをお使いの方は動画が対応していない場合がありますので、別のパソコンでも確認してみてください。



 


【2PC版】【BootCamp可】【8.1アップ可】Windows8 (32bit )ダウンロード版 激安通販【認証保障】


▼販売価格:▼uindouzu7.com店舖会員

1PC用 3,900円の場合に、、2PC用を買うと3000円割引!!

【2PC版】【BootCamp可】【8.1アップ可】Windows8 (32bit )ダウンロード版 激安通販【認証保障】

注文方法: ウィンドウズ7ダウンロード版再安値ショップhttp://www.uindouzu7.com/

商品名称、商品番号、購入数量、お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス などを明記の上送信してください。

ウィンドウズ7 最安値販売


Windows 7ウィンドウズ7 激安通販 ウィンドウズ7ダウンロード版再安値ショップ


ウィンドウズ7 ダウンロード版再安値通販中!

ウィンドウズ8 ウィンドウズ7激安通販、

新しい Windows8.1 が登場しました。






■解決方法−2


 


上記設定を行っても再生できなかったWindowsのパソコンをお使いの方や、 プレイヤーのアップデートが出来ない方は、 以下の設定により必要なファイルを手動でダウンロードして、 再度動画を見てみてください。

 









●ステップ1

Windows Media Playerを開いた状態で、赤枠部分で右クリックをして、

[ツール]→[オプション]を開いてください。


●ステップ2

[オプション]ウィンドウが開いたら、[パフォーマンス]タブを開き、[ビデオ アクセラレータ]を[なし]にして[適用]→「OK」にしてください。


設定が終わったらWindows Media Playerを一度終了し、再度起動して動画を再度見てみてください。


●ステップ3

もし上記正常に再生出来ない場合は以下の設定も行ってください。






 


 


 


設定が終わったらWindows Media Playerを一度終了し、再度起動して動画を再度見てみてください。

 


■解決方法−3


 


解決方法−1、解決方法−2を行っても動画が見られない場合、再生しようとしているファイルは、 Windows Media Playerで映像が再生できないファイルの可能性があります。

以下にファイルの拡張子ごとの再生プレイヤーを記載いたしますので、それぞれのプレイヤーを ダウンロード後、動画が再生できるかを確認して下さい。

mp4:QuickTime Player

flv:Real Player

FlashPlayerがインストールされていない場合、

再生できない可能性があります。

その際は、Flash Playerもインストールして下さい。

rm:Real Player



 


※注意

拡張子がわからない場合は、以下の手順で確認できます。






●ステップ1

拡張子を調べたいファイルを選択し、マウスで右クリックしてください。

●ステップ2

右クリックを押すとメニューが表示されますので、そのメニューの一番下にある「プロパティ」を選択し、クリックしてください。


●ステップ3

選択したファイルのプロパティ画面が表示されますので、ファイルの種類で拡張子を確認してください。




 


 


上記を行っても動画が見れない場合は、特殊な動画ファイルである可能性があります。入手元に問い合わせし、ご対応ください。

またMacintoshのOS 9以前をお使いの場合、再生することが難しい場合があります。

お手数ですが他のパソコンでもお試しください。



 


ウィンドウズWindows Live メール 2011ダウンロード方法

April 23 [Wed], 2014, 18:34

ウィンドウズWindows Live メール 2011ダウンロード方法


STEP 1

〔スタート( スタート )〕→〔はじめに〕をクリックします。



〔スタート〕→〔はじめに〕をクリックします。



https://www.facebook.com/yumeno.asanae

STEP 2

〔Windows Live おすすめパックのダウンロード〕をクリックします。



〔Windows Live おすすめパックのダウンロード〕をクリックします。




STEP 3



〔Windows Live おすすめパックをダウンロードします〕をクリックします。



〔Windows Live おすすめパックをダウンロードします〕をクリックします。





STEP 4

マイクロソフトの公式サイトのHPが表示されますので、〔今すぐダウンロード〕をクリックします。



マイクロソフトの公式サイトのHPが表示されますので、〔今すぐダウンロード〕をクリックします。




STEP 5



〔保存(S)〕をクリックします。



〔保存(S)〕をクリックします。




STEP 6



〔デスクトップ〕をクリックします。



〔デスクトップ〕をクリックします。




STEP 7



〔保存(S)〕をクリックします。



〔保存(S)〕をクリックします。



STEP 8



〔閉じる〕をクリックします。



〔閉じる〕をクリックします。




STEP 9







ダウンロードが完了するとデスクトップ上にショートカットアイコンが表示されます。



ダウンロードが完了するとデスクトップ上にショートカットアイコンが表示されます。




これでWindows Live メール 2011のダウンロードは完了です。


【2PC版】【BootCamp可】【8.1アップ可】Windows8 (32bit )ダウンロード版 激安通販【認証保障】


▼販売価格:▼uindouzu7.com店舖会員

1PC用 3,900円の場合に、、2PC用を買うと3000円割引!!

【2PC版】【BootCamp可】【8.1アップ可】Windows8 (32bit )ダウンロード版 激安通販【認証保障】

注文方法: ウィンドウズ7ダウンロード版再安値ショップhttp://www.uindouzu7.com/

商品名称、商品番号、購入数量、お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス などを明記の上送信してください。

ウィンドウズ7 最安値販売


Windows 7ウィンドウズ7 激安通販 ウィンドウズ7ダウンロード版再安値ショップ


ウィンドウズ7 ダウンロード版再安値通販中!

ウィンドウズ8 ウィンドウズ7激安通販、

新しい Windows8.1 が登場しました。





 


 



ウィンドウズWindows Live メール 2011インストール方法

April 23 [Wed], 2014, 18:33

ウィンドウズWindows Live メール 2011インストール方法


インストール方法



STEP 1

デスクトップのショートカットアイコン〔Wlsetup-web〕をダブルクリックします。



デスクトップのショートカットアイコン〔Wlsetup-web〕をダブルクリックします。




STEP 2


[ユーザーアカウント制御]の画面が表示された場合は、〔はい(Y)〕をクリックします。




[ユーザーアカウント制御]の画面が表示された場合は、〔はい(Y)〕をクリックします。


https://www.facebook.com/yumeno.asanae

STEP 3



しばらくお待ちください。



しばらくお待ちください。




STEP 4



〔インストールする製品の選択〕をクリックします。



〔インストールする製品の選択〕をクリックします。




STEP 5





〔メール〕のみにチェックを入れて、〔インストール(I)〕をクリックします。



〔メール〕のみにチェックを入れて、〔インストール(I)〕をクリックします。


 



STEP 6

インストール中です。しばらくお待ちください。



インストール中です。しばらくお待ちください。




STEP 7



インストールが完了しました。〔閉じる(C)〕をクリックします。



インストールが完了しました。〔閉じる(C)〕をクリックします。




以上でWindows Live メール 2011のダウンロード/インストール方法は終了です。

27





















マイクロソフト Windows 8 Pro 32/64bit 新規インストール用 パッケジ付き【最安挑戦】【送料無料】


▼販売価格:▼uindouzu.com店舖会員

1PC用 3,900円の場合に、、2PC用を買うと3000円割引!!

マイクロソフト Windows 8 Pro 32/64bit 新規インストール用 パッケジ付き【最安挑戦】【送料無料】

注文方法: ウィンドウズ ダウンロード版 再安値 ショップhttp://www.uindouzu.com

商品名称、商品番号、購入数量、お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス などを明記の上送信してください。

▼ウィンドウズ8.1 登場▼


ウィンドウズ 8 ウィンドウズ7 ウィンドウズ ダウンロード版 再安値 ショップ


Uindouzuはウィンドウズ8ウィンドウズ8ダウンロード版、windows8.1 ダウンロード版、Office2010ダウンロード版、オフィス2013ダウンロード版、などを最安値(送料無料)で提供します。







windows 7の機能についてを説明

April 23 [Wed], 2014, 18:32

windows 7の機能についてを説明


 


【2PC版】【BootCamp可】【8.1アップ可】Windows8 (32bit )ダウンロード版 激安通販【認証保障】


▼販売価格:▼uindouzu7.com店舖会員

1PC用 3,900円の場合に、、2PC用を買うと3000円割引!!

【2PC版】【BootCamp可】【8.1アップ可】Windows8 (32bit )ダウンロード版 激安通販【認証保障】

注文方法: ウィンドウズ7ダウンロード版再安値ショップhttp://www.uindouzu7.com/

商品名称、商品番号、購入数量、お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス などを明記の上送信してください。

ウィンドウズ7 最安値販売


Windows 7ウィンドウズ7 激安通販 ウィンドウズ7ダウンロード版再安値ショップ


ウィンドウズ7 ダウンロード版再安値通販中!

ウィンドウズ8 ウィンドウズ7激安通販、

新しい Windows8.1 が登場しました。





 


商品の説明


メーカーより

「PCが、さらにすばやく、さらに簡単に使えて、周辺機器が問題なく繋がり、インターネットをより高速で安全に使いたい」。多くのWindowsユーザーからいただいたご意見を取り入れたWindows 7登場。



Windows 7 Professional(プロフェッショナル)

「家庭だけでなく、仕事でも利用したいとお考えのお客様におすすめ」

・Windows XPモード機能搭載

・ドメイン参加機能により、会社のネットワークに簡単かつ安全に接続できます。

・暗号化ファイルシステムと自動バックアップ機能により、情報漏えいやPCのトラブルから重要なデータを守ります。

・Home Premiumエディションの機能を全て搭載しています。





●Windows7

Windows 7 では、多くのお客様からいただいたご意見を取り入れています。PC をわかりやすく簡単に使いたい。インターネットをより安全で高速に利用したい。今持っている周辺機器を引き続き使いたい。こうしたお客様の期待に応えるべく様々な改善を行った結果、Windows 7 では、PC が今までよりもわかりやすく、簡単に、そして快適に使用できるようになりました。



Windows 7 システム要件

【32ビット版】

CPU:1GHz以上

メモリ:1GB以上

ハード ディスク:16GBの空きスペース

グラフィック:Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働するDirectX(R)9対応グラフィックスデバイス



【64ビット版】

CPU:1GHz以上

メモリ:2GB以上

ハード ディスク:20GBの空きスペース

グラフィック:Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働するDirectX(R)9対応グラフィックスデバイス



Windows XPモードなど、一部の機能を使用する場合の追加要件など、詳細は以下マイクロソフトホームページでご確認ください。

(http://www.microsoft.com/japan/athome/umall/win7/system.aspx)





Windows 7 アップグレード対象製品・方法

パッケージ製品、プレインストール製品、バンドル製品いずれも下記製品がアップグレード対象となります。





●:アップグレード(上書きインストール)、新規インストール(カスタム)選択可能

△:新規インストール(カスタム)のみ可能

WAU:Windows Anytime Upgrade対象

※1:Windows Vistaは、SP1およびSP2摘用済みが対象となります。

※2:オンラインでのキー販売のみとなります。

※3:32ビット版から64ビット版、64ビット版から32ビット版へは必ず新規インストール(カスタム)となります。



Windows7 エディション別機能比較一覧

Windows 7 には、4 つのエディションが用意されています。Windows Vista と異なり、上位のエディションでは、下位のエディションの機能をすべて搭載しています。用途に合わせて、最適なエディションを選びましょう。詳細は以下マイクロソフトホームページでご確認ください。

(http://www.microsoft.com/japan/athome/umall/win7/function/compare.aspx) 



Windows 7 は、Windows XP や、Windows Vista よりも、日常の使い勝手をより快適にするために様々な見直しを行いました。



「起動・シャットダウンの高速化」

Windows Vista 以前の OS では、サービスを全て起動してからパソコンを利用していましたがWindows 7 では起動に必要な最低限のサービスを起動した段階で利用することが可能となっています。

結果、短時間で起動し利用したい時にすぐに利用できるように改善がなされています。









「ディスプレイメモリ消費量の改善」

Windows 7 は、Windows Vista と違い、ウィンドウの数にかかわらずメモリーの消費量は一定です。

インターネット利用時にウィンドウをたくさん開いても、メモリーを余計に消費することがありません。





 


 


Windows 7のインストール手順トルについて

April 23 [Wed], 2014, 18:31

Windows 7のインストール手順トルについて


インストール方法




インストール方法


Windows 7のインストール方法は従来どおり、クリーンインストール(新規)とアップグレードインストールの2種類が用意されています。

Windows Vistaと比べ、Windows 7では選択肢が整理され、インストールにかかる時間も短くなっているのが特徴です。


 


マイクロソフト Windows 8 Pro 32/64bit 新規インストール用 パッケジ付き【最安挑戦】【送料無料】


▼販売価格:▼uindouzu.com店舖会員

1PC用 3,900円の場合に、、2PC用を買うと3000円割引!!

マイクロソフト Windows 8 Pro 32/64bit 新規インストール用 パッケジ付き【最安挑戦】【送料無料】

注文方法: ウィンドウズ ダウンロード版 再安値 ショップhttp://www.uindouzu.com

商品名称、商品番号、購入数量、お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス などを明記の上送信してください。

▼ウィンドウズ8.1 登場▼


ウィンドウズ 8 ウィンドウズ7 ウィンドウズ ダウンロード版 再安値 ショップ


Uindouzuはウィンドウズ8ウィンドウズ8ダウンロード版、windows8.1 ダウンロード版、Office2010ダウンロード版、オフィス2013ダウンロード版、などを最安値(送料無料)で提供します。




 





STEP 1 インストール方法の設定



STEP1 ブートデバイスの設定


BIOS設定のブートデバイス(起動順序)設定でインストールディスクを挿入したドライブが1番目になるよう設定します。

この設定を忘れた場合、Windows 7のインストールディスクをドライブにセットしてもインストーラが立ち上がらないことがあるので注意が必要です。

マザーボードによってはキーボードによるブートデバイス設定呼び出しキーが用意されており、起動順序が設定できるものもあるのでこちらを利用することも可能です。

設定後、ディスクを読み込むと「Press any key to boot from CD or DVD」と表示されるので、数秒以内にキーボードのいずれかのキーを押します。




STEP 2 言語とキーボードの選択



STEP2  言語とキーボードの選択


インストーラが起動すると右のような画面が表示され、普段使用する言語、キーボードなどの種類が選択できます。

自分のキーボードが日本語モデルなのか英語モデルなのか、もしくは別のものであればそれを選択します。選択後に「次へ」をクリックすると、 「ようこそ」と表示された画面が登場し、「今すぐインストール」を選ぶとインストールが開始されます。次に表示されるライセンス条約に同意をするとSTEP3の「インストールの種類」が表示されます。




STEP 3 インストールの種類の選択



STEP3 インストールの種類の選択


インストールの種類を選ぶ画面が登場したら、アップグレードもしくは新規インストールから選択します。

Windows Vistaがインストールされた古い環境の設定やアプリケーションを引き継ぐ場合はアップグレードを、それ以外のOSでクリーンインストールする場合は新規インストールを選択します。



新規インストールを選択した場合は、STEP4のインストール先の選択へ進みます。


STEP 4 アップグレードを選択した場合



アップグレードを選択した場合


アップグレードインストールを選択するとまず、使用しているWindows上からアップグレードするように促されます。

OS上でインストーラを実行すると互換性のレポートが実行され、現在インストールされている環境のうち、Windows 7で動作がサポートされない機能やアプリケーションが表示されるのでチェックします。

「次へ」をクリックするとSTEP7のプロダクトキーの入力に移るので、あとの手順は新規インストールと同様です。


STEP7のプロダクトキーの入力へ




STEP 5 インストール先の選択



STEP4 インストール先の選択


購入後、初めて利用するHDDやSSDは「ディスク0 未割り当て領域」と認識されていると思います。 HDDを一つのパーティションで使用したい場合は「次へ」をクリックすればよいのですが、複数のパーティションに分割して使いたい場合は、「ドライブオプション(詳細)」をクリックすると現われる「新規」をクリックし、Cドライブの容量を設定してから適用を押します。「ディスク0 パーティション 2」をクリックして選択し、「次へ」で先に進みます。




STEP 6 ユーザー名の設定



STEP5 ユーザー名の設定


インストールディスクからファイルがHDDにコピーされ、何度か再起動を繰り返すと右のような画面が表示されます。ここからはWindows 7の基本的な設定を行ないます。

「ユーザー名」を入力すると、合わせて自動的に「コンピューター名」も入力されるので、会社などでドメインに登録する場合はルールに沿った名前にします。




STEP 7 パスワードの設定



STEP6 パスワードの設定


ここではログインに必要なパスワードを設定できます。

パスワードを登録しなくても「次へ」をクリックすることができますが、セキュリティを高める上でも設定しておいた方がよいでしょう。

パスワードを設定した場合、パスワードのヒントの入力が必須となっているので、他人が類推できず、自分だけが分かるものを設定します。




STEP 8 プロダクトキーの入力



STEP7 プロダクトキーの入力


Windows 7のライセンス認証に必要なプロダクトキーは購入したパッケージにラベルが貼り付けられているので、 それを見ながら入力します。

「オンラインになったとき、自動的にWindowsのライセンス認証の手続きを行なう」にチェックが入っていると、 OSインストール完了後に自動的にインターネットを通じてライセンス認証が行なわれます。




STEP 9 セキュリティの設定



STEP8 セキュリティの設定


Windowsのアップデートに関するレベルを設定できます。

「推奨設定を使用します」では、重要なセキュリティアップデートに加えて細かな問題を解消するプログラムや推奨されるドライバなどのインストールが行なわれ、「重要な更新プログラムのみインストールします」では、セキュリティ上大きな問題のあるファイルのみ更新されます。

「後で確認します」は一切アップデートが実行されないためオススメしません。通常は「推奨設定を使用します」を選ぶのがよいでしょう。




STEP 10 日付と時刻の設定



STEP9 日付と時刻の設定


現在の日付と時刻を設定します。

日本在住であれば「タイムゾーン」の設定は標準の「(UTC+09:00)大阪、札幌、東京」です。また、インターネットに接続していれば自動的に正しい時刻に修正されますので、ここでの設定をあまり気にすることはありません。

なお、誤って設定してしまった場合でも、インストール完了後にタスクトレイの時計を右クリックして 「日付と時刻の調整」から手動で変更することが可能です。




STEP 11 ネットワークの設定



STEP10 ネットワークの設定


いよいよOSのインストールに必要な最後の設定です。

ここでは、同じネットワーク上のPCからアクセスできるレベルを設定します。

「ホームネットワーク」、「社内ネットワーク」、「パブリックネットワーク」の中から使用する環境に近いものを選び、分からない場合は「パブリックネットワーク」を選びましょう。

なお、ネットワークケーブルをPCに接続していなければこの画面は表示されませんが、OSのインストールが終わった後にネットワークケーブルを接続すると、同じ画面が現われるのでそこで設定できます。







Windows 7 のダウンロード方法について

April 23 [Wed], 2014, 18:28

Windows 7 のダウンロード方法について


ダウンロード前に、ご利用の PC 環境についてご確認ください。

■推奨 OS・ブラウザ

・Windows をお使いの場合:Internet Explorer 7.0 以上、 Firefox 3.5 以上

・Macintosh をお使いの場合:Safari 4.0 以上、 Firefox 3.0 以上

■接続環境

・インターネットへの接続が常時可能な環境。(データ通信カードをご利用の場合、通信会社様のデータ通信量の制限によりダウンロードが完了しない場合がございます。)

※ご使用のパソコンで、電源オプションの設定によっては、ダウンロード途中でシステムスタンバイ/休止状態に切り替わり、ダウンロードが終了する場合がございます。事前に「電源オプション」設定をご確認ください。


 


【2PC版】【BootCamp可】【8.1アップ可】Windows8 (32bit )ダウンロード版 激安通販【認証保障】


▼販売価格:▼uindouzu7.com店舖会員

1PC用 3,900円の場合に、、2PC用を買うと3000円割引!!

【2PC版】【BootCamp可】【8.1アップ可】Windows8 (32bit )ダウンロード版 激安通販【認証保障】

注文方法: ウィンドウズ7ダウンロード版再安値ショップhttp://www.uindouzu7.com/

商品名称、商品番号、購入数量、お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス などを明記の上送信してください。

ウィンドウズ7 最安値販売


Windows 7ウィンドウズ7 激安通販 ウィンドウズ7ダウンロード版再安値ショップ


ウィンドウズ7 ダウンロード版再安値通販中!

ウィンドウズ8 ウィンドウズ7激安通販、

新しい Windows8.1 が登場しました。





ダウンロードファイルの選択

弊社から届いたURLから、ファイル名の種類は下記のとおりです。

起動メディアにより必要なファイルをダウンロードしてください。










































Windows7 Professiona 32bit SP1

bootsect.exe

USBやDVDを利用して起動ディスクを作成することが可能です。

X17-59216.iso

Win7-P-Retail-ja-jp-x86.exe

ダウンロード後すぐにインストール可能な圧縮ファイルです。

setup1.box

setup2.box

Windows7 Professiona 64bit SP1

bootsect.exe

USBやDVDを利用して起動ディスクを作成することが可能です

X17-59218.iso

Win7-P-Retail-ja-jp-x64.exe

ダウンロード後すぐにインストール可能な圧縮ファイルです。

setup1.box

setup2.box



※ダウンロード時の注意点

・全てのファイルをダウンロードする必要はありません。上記表に従い、ダウンロードするファイルを選択してください。

・ファイルをダウンロードする際、「実行」「保存」の選択が表示された場合は「保存」をクリックしてください。


二. 起動メディアの作成方法

DVD-ROMドライブを搭載しないネットブックなどのノートPCに、Windows 7をインストールしたり、不具合の発生などでOSを再インストールしたりする場合、インストールDVDから起動するために外付けドライブを接続しなければならず、少々面倒だ。最近のPCならば、USBメモリからの起動にも対応しているので、安価になったUSBメモリにインストール・イメージが作成できると便利だ。しかし単純にインストールDVDの内容をコピーしただけでは、USBメモリから起動できず、インストール作業ができない。

diskpartコマンドを使ってインストールUSBメモリを作成する方法については、付録で紹介している。この方法では、インストールUSBメモリを作成するのにWindows Vista以降のWindows OSが必要になるため、Windows XPをWindows 7にアップグレードしたい場合には、ほかのPCを用意する必要があった。

その後マイクロソフトから、Windows 7のISOイメージ・ファイルからインストールUSBメモリやインストールDVD(単にISOファイルをDVD-Rに焼いただけのもの)を作成する「Windows 7 USB/DVD Download Tool(WUDT)」ツールの提供が行われている。WUDTはWindows XP上でも実行可能で、Windows 7のISOイメージがあれば、簡単にインストールUSBが作成できる。

WUDT のリリース当初は、マイクロソフトのオンライン販売サイト「Microsoft Store」でダウンロード販売版(ISOイメージ・ファイルがダウンロード販売されている)のWindows 7を購入したユーザーだけに対し、同サイトを経由して無償で配布されていた。しかしWUDTにオープンソースが利用されていたことが判明し、 Microsoft Storeで購入していない一般ユーザーに対しても広く公開されることになった。そこで本稿では、このWUDTのインストール方法と使い方を解説する。


操作方法:

以下のWebページの「Other Available Downloads」から「Windows7-USB-DVD-Download-Tool-Installer-ja-JP.exe」のリンクをクリックして、Windows 7 USB/DVD Download Toolのインストール・パッケージ(Windows7-USB-DVD-Download-Tool-Installer-ja-JP.exe)を適当な場所(%Windir%など)にダウンロードする(原稿執筆時点のバージョンは1.0)。



Windows XP SP2/SP3の場合、事前に.NET Framework Version 2.0とImage Mastering API v2.0のインストールが必要となる。Windows7-USB-DVD-Download-Tool-Installer-ja-JP.exeの実行前に、以下のリンクからダウンロードして、インストールしておくこと(インストール後、再起動が要求される)。.NET Framework Version 2.0を新たにインストールした場合は、Windows Updateなどでセキュリティ・パッチを忘れずに適用することも忘れないようにしたい。



Windows7-USB-DVD-Download-Tool-Installer-ja-JP.exeを実行すると、簡単なウィザードに従うだけでWUDTがインストールできる。

[スタート]−[Windows 7 USB DVD ダウンロード ツール]−[Windows 7 USB DVD ダウンロード ツール]を選択してWUDTを起動すると、[ISOイメージ・ファイルの選択]画面が表示されるので、ここでWindows 7のISOイメージ・ファイルを指定する。WUDTは、あくまでISOイメージ・ファイルからインストールUSBメモリやインストールDVDを作成するツールなので、直接インストールDVDからインストールUSBメモリは作成できない。ISOイメージ・ファイルがない場合、インストールDVDの内容を ISOイメージ・ファイルに一度変換する必要がある。仮想CD/DVDソフトウェアの中には、DVD-ROMの内容をISOイメージ・ファイルに変換する機能を持つものがあるので、こうしたツールを利用するとよい。















http://www.esoft-shop.com/fwin2k/win2ktips/1248win7usb/wudt01.gif

WUDTの[ISOイメージ・ファイルの選択]画面

ここでWindows 7のISOイメージ・ファイルを指定する(http://www.esoft-shop.com/fwin2k/images/01.gif)。インストールDVDからは直接、インストールUSBメモリが作成できないので、事前にISOイメージ・ファイルに変換しておく必要がある。



 次にメディアの種類を選択する。インストールUSBメモリを作成する場合、[USBデバイス]ボタンをクリックする。インストール先のUSBメモリを選択し、[コピー開始]ボタンをクリックすると、ファイルのコピーが開始され、ブートセクタなどの編集が自動的に行われる。なおUSBメモリはフォーマットされてしまうので、必要なデータなどが含まれていないものを用意すること。またWindows 7のインストール・ファイルの容量は約2.4Gbytesあるので、それ以上の容量のUSBメモリ(4Gbytes以上)が必要となる。


















http://www.esoft-shop.com/fwin2k/win2ktips/1248win7usb/wudt02.gif

WUDTの[メディアの種類を選択する]画面

ISOイメージ・ファイルからインストールUSBメモリを作成する場合は、[USBデバイス]ボタンを、インストールDVDを作成する場合は、[DVD]ボタンをクリックする。









 

http://www.esoft-shop.com/fwin2k/images/01.gif

[USBデバイス]ボタンをクリックして、インストールUSBメモリを作成する。→http://www.esoft-shop.com/fwin2k/images/a.gif






















http://www.esoft-shop.com/fwin2k/images/a.gif

http://www.esoft-shop.com/fwin2k/win2ktips/1248win7usb/wudt03.gif

WUDTの[USBキーを挿入する]画面

ここでUSBメモリを選択する。



















 

http://www.esoft-shop.com/fwin2k/images/01.gif

複数のUSBメモリが差さっている場合は、インストール先となるUSBメモリを選択する。

 

http://www.esoft-shop.com/fwin2k/images/02.gif

USBメモリが表示されない場合は、これをクリックするとよい。http://www.esoft-shop.com/fwin2k/images/01.gifのリストが最新のものに更新される。

 

http://www.esoft-shop.com/fwin2k/images/03.gif

これをクリックすると、USBメモリがフォーマットされて、ファイルがコピーされる。
















http://www.esoft-shop.com/fwin2k/win2ktips/1248win7usb/wudt04.gif

作成したインストールUSBメモリの内容

作成したインストールUSBメモリをWindowsエクスプローラで見ると、このようにインストールに必要なファイルがコピーされていることが分かる。



 作成したインストールUSBメモリを、Windows 7をインストールしたいPCに差して起動すれば、Windows 7のインストーラが立ち上がる。この際、BIOSでUSBメモリから起動するように、起動デバイスの順番を設定する必要がある。BIOSによって設定方法は異なるが、通常、[Startup]または[Boot]といったメニューに起動デバイスの順番を指定する項目があるはずだ。USBメモリを差した状態でないと正しく設定できないBIOSもあるので、注意してほしい。

このようにWUDTは、ISOイメージ・ファイルとインストール先のUSBメモリを選択するだけで、確実にインストールUSBメモリが作成できる。そのうえ、diskpartコマンドを利用するよりも、簡単で早い。ただしWUDTがサポートしているのはWindows 7だけであり、Windows Server 2008 R2のインストールUSBメモリなどを作成する場合は、やはりdiskpartコマンドを利用する必要がある


三.インストール

http://www.esoft-shop.com/fwin2k/win2ktips/1248win7usb/wudt04.gif

Windows7のインストールを開始する時はUSBメモリまたはDVDの一番最初表示されるフォルダーの中にあるsetup.exeを実行するだけでインストールができます。

インストール序盤の手順はVistaの場合とほぼ同様で、言語やキーの選択、ソフトウェアライセンスの確認、アップグレード/新規の選択、HDDパーティションの作成や削除などが行なえる。それが済むと、残りはほぼ自動で進む。



DVDから起動したインストールプログラムの最初の画面。キーボードや言語、IMEの選択だが、特に何も変更する必要はない。

中央の「今すぐインストール」をクリック

インストールを進める場合、中央の「今すぐインストール」をクリック。なんらかの理由でWindows 7の修復をする場合は、左下のテキストをクリック。

ライセンス条項(EULA)の確認

ライセンス条項(EULA)の確認。一度は軽く目を通しておこう。「同意します」にチェックして次に進む。

HDDパーティションの作成や削除の画面2

Windows 7ではOS用パーティションとは別に、システム側が使う小パーティションが作られる。

HDDパーティションの作成や削除の画面3


作成後のパーティション。パーティション1に100MB分の予約領域が追加された。

インストール中の画面 再起動時の画面のひとつ

それで、インストール完了です。

付録:

diskpartを使ってWindows 7のインストールUSBメモリを作る 

Windows Vista以降のdiskpartコマンドを使えば、ブート可能なインストールUSBメモリが作成できる。なお、diskpartコマンドを利用したパーティションの操作には危険が伴うので、その機能と意味を十分理解してから実行していただきたい。間違えて異なるパーティションを削除したり、サイズを変えたりしても、元に戻すことは一切できないので十分に注意して操作してほしい。


操作方法:

ブート可能なインストールUSBメモリを作成するには、Windows Vista以降のOSとインストールDVDが必要になる。残念ながらWindows XP/Server 2003のdiskpartコマンドでは、USBメモリが認識されないため、USBメモリに対するパーティションの操作が行えない。そのため、必ず Windows Vista以降のOSでの操作が必要になる(今回はWindows Vistaによる操作で紹介するが、Windows Server 2008/7でも操作方法は変わらない)。またWindows XP/Server 2003は、起動方法が異なるため、下記の方法ではインストールUSBメモリが作成できないので注意していただきたい(Windows Vista/Server 2008/7でのみ作成可能)。

Windows Vista/Server 2008/7のインストール・ファイルは、合計で3Gbytes程度あるので、この容量以上のUSBメモリを用意する必要がある(Windows 7は一般公開されたベータ版での容量。製品版ではさらに容量が大きくなる可能性もある)。また編集部で試した限り、USBインターフェイスに直接接続可能なMicroSDカード・リーダーでもインストールUSBメモリ(MicroSDカード)が作成できた。

まず、PCにUSBメモリを接続し、管理者権限を持つユーザーでログオンしたWindows Vista上で、[スタート]メニューの[すべてのプログラム]−[アクセサリ]−[コマンド プロンプト]を右クリックして、ポップアップ・メニューから[管理者として実行]を選択する。

ここで「diskpart」と入力してdiskpartコマンドを実行する。すると、プロンプトが「DISKPART>」に変わる。ここで以下のコマンドを順番に実行していけばよい。ただし、「select disk 1」の「disk 1」の部分は、その前のコマンドである「list disk」で表示されたUSBメモリのディスク番号を指定する。ここを誤ると、システムやデータが含まれたパーティションをフォーマットしてしまうことになるので十分に注意していただきたい。またUSBメモリの内容はすべて消去されてしまうので、大事なデータが含まれていないかどうか事前にチェックしておくこと。















一連のコマンドを実行した結果の画面

上記のコマンドを実行すると画面のようなメッセージなどが出力される。



















 

http://www.esoft-shop.com/fwin2k/images/01.gif

サイズ情報と表示順序などに基づいて、USBメモリのディスク番号を確認する。このシステムでは、ハードディスクが「Disk 0」なので、USBメモリのディスク番号はその次の「Disk 1」になっている。複数のハードディスクが接続されているなどすると、USBメモリのディスク番号が異なるので注意が必要。

 

http://www.esoft-shop.com/fwin2k/images/02.gif

USBメモリ(http://www.esoft-shop.com/fwin2k/images/01.gif)のディスク番号を指定する。

 

http://www.esoft-shop.com/fwin2k/images/03.gif

FAT32でUSBメモリをフォーマットする。



その後、以下のコマンドを実行し、Windows Vista/Server 2008/7のインストールDVDの内容をすべてUSBメモリにコピーする。ここでは、インストールDVDがD:ドライブ、USBメモリがE:ドライブに割り当てられている例を示す。さらにインストールDVDのbootフォルダにあるbootsectコマンドを実行し、マスター・ブート・コードを更新して、USBメモリからブート可能にする。なおオプションの「/nt60」はWindows VistaのBOOTMGRと互換性のあるマスター・ブート・コードを書き込むオプションだ(ヘルプは「bootsect /help」で表示される)。



これでブート可能なインストールUSBメモリが作成できる。あとはOSの再インストールを行いたいPCのBIOSで、USBメモリから起動できるように設定しておけばよい。BIOS設定を終了すると、USBメモリから起動し、OSのインストールが開始される。


















http://www.esoft-shop.com/fwin2k/win2ktips/1155diskpart/diskpart02.jpg

USBメモリから起動するためのBIOS設定

BIOSの設定画面を起動し、起動(ブート)オプションで起動デバイスの順番を変更する。BIOS によっては、事前にUSBメモリを接続した状態でBIOSの設定画面を起動しないと、USB MemoryまたはUSB HDDが「None」となってしまい、USBメモリからの起動が有効にならないものがある。事前にUSBメモリを接続しておくとよい。









 

http://www.esoft-shop.com/fwin2k/images/01.gif

起動の優先順位を変更し、USB MemoryをDrive0(ハードディスク)よりも上側に移動する。これでUSBメモリからの起動が可能になる。



*ご使用中に何か不備な点がございましたら、遠慮なく当方に連絡するようお願いいたします


P R
http://yaplog.jp/businessoffic/index1_0.rdf