【 更新情報 】

スポンサード リンク

ビジネス文書の文例 お礼状

ビジネス文書を作成するときって、面倒な挨拶や言葉遣いのマナーなどに気を遣わなくちゃいけなくて、けっこう大変ですよね。

ちゃんとした敬語や堅い言い回しが要求されるけど、バカ丁寧すぎるとかえってまわりくどくてわかりづらい文書になってしまう。
そのさじ加減が難しいんですよね。

最近、ネットショップからのお礼状とかにも多い気がします。
必要以上に敬語を繰り返しすぎて、結局何が言いたいの?ってなってしまってる文章とか。

ビジネス文書に必要なのは、丁寧かつ簡潔であること。
そんなこんなで、ビジネス文書に慣れていない人におすすめしたいのが、文例集です。

…あ、いちいち本を買う必要はないですよ。ネット検索でたくさん見つかります。
文例は「参列のお礼」「講師へのお礼」など、項目別にたくさん用意されているので、場面ごとに使い分けができて便利です。

ただし、ビジネス文書とは言え、お礼状の場合は単なる通達とは違いますから、文例まるうつしではなく、少しでも自分の言葉を書き加えたいですね。

最初は慣れなくても、そのうち文例を自分のものにできると思いますよ。

ビジネス文書の文例 お詫び状

ビジネス文書を書くのが苦手、という人は多いと思います。

ビジネス文書にはある程度のマナーとパターンがありますので、それさえ押さえておけば書けるはず…
と言いたいところですが、実際には、季節ごとに挨拶を変えたり、相手によって使う言葉が違ったりと、細かいところがかなり面倒なんですよね。

ましてお詫び文ともなると、ちょっとした間違いでさらに失礼を重ねる結果になってしまうので、本当に気を遣います。
そんなときは、ビジネス文書の文例集を活用してみましょう。

ネットで検索すれば、簡単に見つけることができます。
お詫び状ひとつとっても、「納品遅延のお詫び」「欠席のお詫び」など、様々なシーンを想定した文例があるので、最も近いケースを選んで多少手直しすればすぐ使えて便利。

ほかにも、挨拶状や依頼状など、幅広いビジネスシーンに対応する文例が揃っています。
ビジネス文書に慣れていない新人さんも、練習にもなるのでぜひ活用してみてください。

そのうち文例がなくてもパターンがかわるようになってきて、オリジナル文書が書けるようになりますよ♪

ビジネス文書の文例 お願い状

ビジネス文書の書き方に困ったことはありませんか?

ビジネス文書って、何かひとつお願いするにも、堅苦しい挨拶やら敬語満載の文章やら、本当に面倒。
そんなときは、文例を使うと便利ですよ。

ネット上にも、ビジネス文書の文例集サイトがたくさんあります。
社内文書・社外文書・取引先関係など、相手に合わせた文書になっているので、「なるほど、取引先にはこういう言い回しをすればいいのか」なんて、参考にもなります。

「新装開店の挨拶」「講演会のお願い」など、あらゆる場面に対応した文例が用意されているので、たいていの場合は必要なものが見つかると思いますよ。

余談ですが、色々探していてちょっと「え〜っ?」と思ってしまったのが、「学校関係文書」の中に見つけた「給食費納入のお願い」。
うわ〜、噂には聞いてましたが、なんだかなーって感じですね。

そもそも「お願い」しなきゃいけないものか?という疑問もありますが、こういう文例が必要になるほど、どこでも給食費滞納が多いってことなんですね。
嫌な世の中です。
P R
カテゴリアーカイブ