資格の種類 

May 31 [Sun], 2009, 23:50
資格の種類というのは実にたくさんありますから、ここですべての資格の種類を紹介するということはとても大変です。大きく分けると資格の種類には、国家資格、公的資格、民間資格、ベンター資格といった資格があります。ベンター資格はあまり知られていないかもしれませんが、ベンチャーの資格、つまりそれぞれの企業が独自で作った資格ということで最近はIT関連の資格の中にベンター資格が多く作られるようになりました。IT関連の資格の中ではとても人気があるマイクロソフトオフィススペシャリストの資格がありますが、こちらはマイクロソフト社のベンター資格です。
このように国家資格からベンター資格まで大きなジャンルに分けても4つの資格の種類がありますが、このほかにも、食に関する資格もあれば、公務員の資格、行政関連の資格もあれば、経済関連の資格、教育に関する資格など、本当にたくさんの資格がいま日本の中にはあります。
これから何か資格をとりたいけど資格の種類が多すぎてどの資格を取ればいいのか迷ってしまうという人は、自分に役立つ資格、自分の目的に合わせた資格を数多くある資格の種類の中からふるいにかけて分けて考えていけばいいのではないでしょうか。

インテリアの資格 

May 31 [Sun], 2009, 23:50
インテリアの資格を聞くとどんな資格を思い浮かべますか?インテリアコーディネーターの資格を思い浮かべるという人が多いのではないでしょうか。インテリアの資格として代表格的なインテリアコーディネーターの資格は、住空間を機能的に、そして快適にするために様々なインテリアに関するアイディアを考えるインテリアのプロの資格です。
他にもインテリアの資格としては照明コンサルタントの資格もあります。照明コンサルタントの資格というのはどのような資格なのかというと、建築やインテリアには欠かせない照明のプロとして照明をコーディネートする資格です。他にもインテリア設計士の資格もインテリア関係の資格の一つです。こちらはインテリア業界で働きたいと思っている人にとっては登竜門的な資格としても知られています。
またインテリアプランナーの資格もインテリアを企画したり設計したりするためには必要な資格で、インテリアのプロとしてインテリアコーディネーターと並ぶ資格とされています。他にもキッチンスペシャリストの資格もインテリアの資格の一つで、キッチンに限ってキッチンにこだわってキッチンのプロとして活躍する資格です。このほか福祉系のインテリアの資格としては福祉住環境コーディネーターの資格があります。

ネイルの資格 

May 31 [Sun], 2009, 23:49
今女性にとても人気のある資格の一つとしてネイルの資格があります。ネイルの資格というのはどのような資格なのかというと、ネイル資格を取得した後は、プロのネイリストとしてネイルアートをすることができるというものです。ネイリストはネイルアートなどをする人ですが、特に資格がなくても仕事をすることはできますが、ネイルの資格を取得しておくことでネイルの実力があることがわかります。
ネイルの資格は日本で実施されるようになったのは1997年のことだといわれています。ネイルの資格には1級から3級までレベルがありますが、3級の場合には、基礎と技術だけで簡単なネイルの資格になりますが、1級はネイリストのプロとしてかなり厳しい資格取得への道になるようです。
ネイルの
資格を取得した後は、ネイルサロンで働くことやヘアサロン、エステサロンやブライダル関係の仕事などでも活躍することができますから、ネイルの資格を持っていることで活躍できる職場は多いといわれています。また将来的にネイルの資格を活かしてネイルショップを開くことやネイルサロンを開くことなどもできますから、女性にとってネイルの資格は自分のためというよりも将来の夢のために資格取得を目指しているという人が多いでしょう。

司法書士の資格 

May 31 [Sun], 2009, 23:49
司法書士の資格についてですが、司法書士は依頼された書類を作って提出したりするような代行して書類作成や手続きを行う仕事をする資格です。司法書士の仕事をしている人の中には男性ばかりでなく女性も最近は増えています。司法書士の資格は国家資格ですが、だいたい取得までにどれくらいの時間がかかるのかというと、勉強方法をしっかりと正しい勉強方法で行えば一発合格も可能な国家試験といわれています。
司法書士の国家資格を取得するためには資格学校へ通ったりする人も多く、過去問題などをといて訓練すれば一発資格取得も可能な資格です。司法書士の資格を取得した後は、司法書士事務所などで活躍することができますし、もちろん将来的に司法書士事務所を自分で開業することも可能です。司法書士の資格を活かして自分で事務所を開業した場合には百万円ほどの資金で開業が可能だといわれていますから、それほど大変な道のりでもないのではないでしょうか。
司法書士の資格取得後の気になる年収ですが、全国にいる司法書士の資格を持っている人の年収の平均は1300万円ほどといわれていますから、比較的ニーズも高く、安定した将来がある資格といってもいいでしょう。司法書士の資格を取得するためには学歴も年齢も性別も関係ありませんから誰でも取得可能です。

主婦と資格 

May 31 [Sun], 2009, 23:49
今主婦が資格を取得することを注目しています。主婦の多くは結婚後いったん職場から離れている人が多いために、主婦が再就職を考える前に、何か手に職をつけておいた方がいいということから、主婦が資格取得を考えるのだそうです。主婦が取得する資格で人気が高いのは、簿記検定がまずあげられます。簿記検定の資格は、どんな仕事についても基本的な資格になりますから、再就職やキャリアアップにつながる資格といえるでしょう。そのために主婦が簿記検定を受ける例がとても多いのだそうです。2級までの簿記検定資格ならそれほど勉強時間もかかりませんし、独学で資格取得も可能です。
そして主婦に人気がある資格としては、ファイナンシャルプランナーの資格も人気です。こちらは年金や生命保険といったライフスタイルにとても影響を与えるお金の知識を身につけて、いろいろなジャンルでの活躍が期待できる資格です。
そして主婦に人気の資格としては社会保険労務士の資格も比較的人気があるといわれています。社会保険労務士の資格は、コンサルティング業として女性のマメさやきめ細かい仕事が買われる資格ではないでしょうか。現在社会保険労務士の資格を取得する人の40パーセントが女性だそうです。
P R
2009年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる