衛生管理者の資格

May 31 [Sun], 2009, 23:57
衛生管理者の資格についてですが、衛生管理者の資格取得後は、職場の環境や衛星整備などを維持するために活躍することが可能な資格です。たとえば働いている人の健康管理や衛生面についての教育、作業環境が適正な環境であるか調査するなどの仕事を行います。
50人以上の従業員が働いている会社には、衛生管理者が1人は置かなければいけないことになっています。ですが、実際のところは衛生管理者の資格を持っている人が少ないのが現状で、今、衛生管理者の資格を持っている人のニーズはとても高まっていますから、必要な資格の一つとされています。衛生管理者の資格はどんな業種でも対応することが可能な第1種の資格と、危険有害業務関係の仕事などに対応している第二種の衛生管理者の資格があります。
衛生管理者の資格は総務部や人事部などで働くことができる仕事としてニーズが高まっています。昇給などにも衛生管理者の資格保持がかかわるとも言われていますからキャリアアップにもつながる資格ではないでしょうか。衛生管理者の資格は、企業にとってはとても大切な資格ですから、履歴書などに衛生管理者の資格を持っていると書けば、転職や就職にもとても役に立つ資格です。

社会保険労務士の資格

May 31 [Sun], 2009, 23:56
社会保険労務士の資格は今とても人気のある資格の一つで、主婦などの注目している資格の一つ尾といわれています。社会保険労務士は、起業などの労働時間や人事など、正しく行われているのかどうかをチェックしたり、社会保険労務士は、労働や社会保険に関する書類を代行で作成したりする仕事を行っています。
社会保険労務士の資格取得後は、企業の色々な相談などにも応じながら労務のコンサルタントを行うことができ、社会保険労務士の資格を活かした仕事というのは実に様々な分野にわたっているといわれています。
社会保険労務士の資格取得後の主な仕事としては、申請書をつくったり、提出手続きを代行で行います。また事業所におく帳簿書類を作成したり、労働管理関係のコンサルディングを行う仕事をします。
社会保険労務士の資格を取得するためには受験資格が必要です。大学の一般教養科目を終了している人や短大、高卒以上の学歴で、行政書士の資格を持っている人、司法し試験第一次試験に合格している人など、いろいろな受験資格が必要です。
社会保険労務士の資格試験は選択式と択一式の問題が290分出題されます。試験は年に一回8月の第4日曜日におこなわれることになっていて、毎年資格取得者は増えています。

資格と年収

May 31 [Sun], 2009, 23:56
資格と年収はかなり関連が高いですよね。資格を持っていれば年収もそれだけアップすると思いますし、資格によって年収は大きく変わってきます。現在資格の中でいちばん年収が高いとされているのが、医師で医師の資格の年収は1104万円とされています。その次の資格で年収が高いのが弁護士で平均年収は800万円以上といわれています。そして公認会計士の資格も年収の高い資格といえますが、公認会計士も800万円以上の年収が見込まれる資格です。そして同じく税理士の資格も公認会計士や弁護士と並ぶ800万円以上の年収がもらえる資格として知られています。
やはり資格によって年収の差はとても大きいですが、そのあとの順番としては歯科医師の資格、一級建築士の資格、技術士の資格、獣医の資格、社会保険労務士の資格といった順番で年収がだんだん下がっているような状態です。とは言っても社会保険労務士の資格を持っていると年収は530万円以上といわれていますからそれでも一般の企業に勤めるサラリーマンに比べれば年収は高いといえます。
資格と年収は比例していて、難しい資格ほど年収も高くなるということがよくわかりますから、もし高い年収をもらいたいと思っているのなら難易度の高い資格を取得することをお勧めします。

インテリアコーディネーターの資格

May 31 [Sun], 2009, 23:56
インテリアコーディネーターの資格を取得した後にはインテリアコーディネーターとして活躍することができるのですが、その活躍の場はインテリア業界や建築業界だけでなく、いろいろなジャンルでインテリアの専門家として働くことができる資格です。
インテリアコーディネーターの資格を持っている人の多くは女性が多いといわれています。これからインテリア業界で働きたいと思っている人にとっては必要な資格の一つです。
インテリアコーディネーターの資格試験は、受験資格に従来は年齢制限があったのですが、2003年のインテリアコーディネーターの資格試験から年齢制限はなくなりましたから、誰でも受験可能となり、人気がさらに高まった資格です。
インテリアコーディネーターの資格を取得するための受験者も年々増えているために、試験の内容は難しくなってきたといわれています。以前は独学でインテリアコーディネーターの資格取得が可能だったとされていますが、現在は、独学でインテリアコーディネーターの資格を取るのはかなり難しいといわれています。
インテリアコーディネーターの資格を取るためには、専門の学校へ行ったり通学・通信講座を受講する、独学で勉強するという方法があります。

学芸員の資格

May 31 [Sun], 2009, 23:55
学芸員の資格を取得後は学芸員として博物館などで資料の整理をしたり収集や保管、管理などを行う専門的な仕事に就くことができます。学芸員の資格を取った後に博物お管で働くと言っても、博物館は色々な種類があります。郷土博物館や自然博物館意外にも、実は水族館も博物館の中の一つですし、植物園も博物館の種類の一つになります。学芸員の資格を取得すればこれらの施設などで働くことができますが、学芸員の資格を活かして、標本の説明や展示など、来館者への対応などを行うのが主な仕事です。
学芸員の資格を取得する人というのは、かなり学識が高い人や経験を積んでいる人しかできないと思いますから、ほとんどの場合が学芸員には大学や大学院を卒業している人がなっているケースが多いといわれています。学芸員の資格取得後に博物で採用されて初めて学芸員として働くことができます。
学芸員の資格を取るための受験資格としては、認定試験と無試験認定の二つのふお法があるのですが、試験で認定される場合には学士の学位がある人、大学に2年以上いて62単位以上取得して、3年以上学芸員補佐を経験したことがある人、教員免許を持っていて、3年以上教員を経験している人など、さまざまな受験資格が必要となります。
P R
2009年05月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる