転職コンサルタント 

May 31 [Sun], 2009, 19:34
転職コンサルタントという言葉を聞いたことがありますか?転職コンサルタントは転職のプロです。転職を一人でやるにはかなりの労力が必要ですが転職コンサルタントに頼めばいろいろと転職についてのノウハウを教えてもらうことができると思います。転職コンサルタントは転職支援会社や人材紹介会社、転職支援エージェントなどにいますが信頼できる転職コンサルタントに当たらなければいくら転職コンサルタントが付いていても意味がないと思います。転職コンサルタントで信頼できる人に出会うためにはどうすればいいのでしょうか。信頼できる転職コンサルタントに出会うことが出来れば転職は成功したも同然ですし、転職してからもスムーズに働き始めることができると思います。転職コンサルタントによってその実力はいろいろです。転職の知識を豊富に持っている人もいれば転職させる実績がある人もいます。行動力がある人もいると思います。またいろいろとアドバイスをしてくれたり相談にも親身になってくれる人もいると思います。転職コンサルタントと一言でいってもその種類はいろいろです。転職コンサルタントによって転職がスムーズに進むかどうかは決まってくるといってもいいかもしれませんね。

転職コンサルタントに出会ったらまずは自分の転職の希望している職種や転職後にどうなりたいのかなどをしっかりと伝えて自分の代わりに転職についてあれこれと動いてくれる転職コンサルタントの人と信頼関係をつなげることが大切です。きちんと自分のことを新見になって相談に乗ってくれて転職コンサルタントとして自分にあっているのかどうか見極めることが大切ですね。転職コンサルタントで自分にぴったりな人を探すためには、自分から積極的に転職コンサルタントを探す必要がありますね。もしも転職までに時間があるのであれば、転職支援会社をいくつか利用してみるといいかもしれません。いくつか利用すれば自分にぴったりと合う転職コンサルタントに出会えるかもしれませんからね。転職コンサルタントと信頼関係をしっかりと築くことが出来れば転職活動もスムーズに進むと思います。いい転職コンサルタントと出会うためには、自分からいい転職コンサルタントを探す努力をしなければいけません。いくら実績があるコンサルタントでも自分との相性が悪ければうまくいかないこともありますから自分との相性も視野に入れながら探すことが出来ればいいですね。
"

転職支援サービスを利用する 

May 31 [Sun], 2009, 19:33
転職支援サービスを利用するメリットについて紹介したいと思います。まず転職支援サービスは今とても増えていますよね。一人で転職を始めるというのはいろいろと大変です。転職支援サービスではキャリアカウンセリングを行って求人情報や転職の企業情報を提供してもらって履歴書を作成する場合にはアドバイスもしてもらえますし、転職の際の職務経歴書についてもアドバイスしてもらえます。また転職の面接のためのアドバイスやスケジュールの調整などもやってもらえますからメリットはたくさんあります。転職支援サービスを利用するメリットを具体的に紹介していきます。まず転職をしようかどうか迷っている人も客観的にアドバイスをしてもらえるのがいいですね。なかなか自分では決めることができないこともあると思います。そして現在の転職事情についてもプロに色々と聞くことができます。転職支援サービスでは、自分のキャリアに基づいて転職先を紹介してもらえるというのもうれしいですね。また一般の人では知ることのできない転職支援サービスを利用した人だけが知ることができる非公開求人も見ることができます。そして転職活動をするうえで企業の選考方法について詳細を教えてもらえたり選考を通過するためのアドバイスも受けることができます。

転職活動というのは在籍中に行うのがほとんどだと思いますがその場合には、普段の仕事をこなしながら転職活動をする必要がありますよね。そんなときに転職希望先の企業との連絡をとったり面接の日時の日程調整をするというのは大変なことですが転職支援サイトを利用すれば面接の日程調整や交渉などもやってもらえますからとても助かると思います。また転職が初めてという人はいろいろと不安やわからないことがたくさんの転職活動の中でプロの転職についてアドバイスしてくれるコンサルタントがサポートしてくれますから心強いと思います。転職活動中だけでなく転職先が決まってからの入社の準備や手続きについてももちろん転職支援サービスではサポートしてもらうことができますから転職を一人でするよりもとても心強くスムーズに進むというのがメリットではないでしょうか。転職支援サービスを行っている会社は今とても増えていますからメリットを最大限利用して転職がスムーズに進むようにしたいですね。転職支援サービスの最大のメリットは転職が一人ではないので心細くないということではないでしょうか。
"

転職の入社の準備 

May 31 [Sun], 2009, 19:33
転職が決まっていよいよ入社という段階になったときの入社準備について紹介したいと思います。円満退職ができて新しい転職先へむけて準備というのは色々とあります。まず転職先に出社する前日までに用意しておくこととしては、当たり前のことですが会社まで行くのにかかる所要時間を考えておきましょう。通勤時間は面接のときに訪問した時間とは違っていると思いますから時間がかかる可能性もあるので転職初日から遅刻しないように注意しましょう。そして転職先に電話をかけて出社日の確認と出社場所や時間などを確認しておきましょう。そして転職初日は、いろいろな場所で自己紹介をすると思いますから、自己紹介で恥ずかしくないようにきちんと自己紹介の挨拶も考えておけるような余裕があるといいですね。そして転職先の企業の情報ももう一度情報収集しておきましょう。ホームページから最新の情報を読むことがポイントです。そして、今までお世話になった人たちに転職したことを知らせるあいさつ状を送るというのもビジネスマナーではないでしょうか。退職から転職先の出社日までに時間があるなら少し自分について振り返ってみたりリフレッシュすることもこれから新しい転職先でのスタートをよくするためのポイントでもあると思います。

そして転職先への入社の当日は30分ほど出社時間より早く着くように余裕を持って家を出るようにするといいと思います。そして通勤の最中には、転職初日の挨拶や自己紹介についても改めて思い浮かべるといいかもしれませんね。転職初日というのはなかなか気疲れするものです。人間関係も仕事の内容も初めてのことばかりですから転職してからは疲れが出ると思います。もしも転職して悩みが出た場合には、一人で抱え込まずに転職先の上司や同僚に相談することが大切です。せっかく転職したのですからすぐにやめるのはもったいないです。すぐに辞めてしまうとそれから先の転職活動にも不利ですし、あまりにも転職の回数が多い場合や、在籍した期間があまりにも短いと、あなたがどんなに素晴らしいキャリアを持っていたとしても転職先で不利になってしまいますから注意した方がいいですね。転職のゴールというのは、入社することではなくて、転職先で活躍してやりがいを持って働くことだといわれていますから転職してそれで終わりではなくて活躍できるように、やりがいを持って働くことができるように頑張らなければならないと思います。
"

転職の円満退社 

May 31 [Sun], 2009, 19:33
転職の際に円満退社ができるかどうかはかなり気を使うところではないでしょうか。今までの信頼関係や人脈をこれからもつなげておくためには誠意をもって確固たる態度で退社へ向けて準備をする必要があります。転職の際の退職で一番気をつけなければいけないことというのは、やめる会社に迷惑をかけずにやめるということです。転職が決まっているからといって自分勝手にさっさと周りの人のことも気にしないで辞めてしまうのは社会人として恥ずかしいことですし無責任だと思います。上司にも同僚にも、そしてお得意先の人にも、誠意をもって退職までの対応をするのがポイントです。転職で円満退職を成功させるためには、まずは就業規則通りに早めに退職することを伝えることが大切です。法律では2週間前には退職の意思を告げなければならないことになっているのですが退職届の提出の期限は企業によって様々です。自分の働いている会社の就業規則を読んで退職をする日を確認しておきましょう。そして転職の際の円満退職をしたいのであれば退職をするということを告げるのは直属の上司からです。もしも同僚に話したことがきかっけで会社に知られてしまえば直属の上司は今まで何のために信頼関係を築いていたのかと顔に泥を塗るようなものです。部下の管理能力不足といわれてしまうかもしれません。ですからトラブルにならないためにも転職の意思を伝えるのは直属の上司からにしましょう。

そして話を切り出すタイミングですが朝の忙しい時間や帰る前などの忙しい時間はやめた方がいいでしょう。そして、上司の都合を見て話すようにしましょう。たとえばランチに誘ってそこで話したり、場所を移してゆっくりと話を聞いてもらうのが転職の話を切り出すのにいいと思います。転職をする理由を聞かれた場合に会社の不満を話すのはやめましょう。いくら退社の理由がいまの会社に不満があったとしても、自分でやりたいことがあるからといって転職の理由は会社への不満ということにならないようにしましょう。そしてもしも転職をするといって退職の意思を伝えても、会社によっては引き止められることもあるでしょう。そんなときには退職の意思を撤回する人もいますが、転職を一度決めたのですから撤回せずに貫き通しましょう。そして退職が決まったら引き継ぎをスムーズに行うためにもスケジュールを考えて進めていくとスムーズに退職することができるのではないでしょうか。
"

転職の内定 

May 31 [Sun], 2009, 19:32
転職の内定について紹介したいと思います。転職先の面接を受けて採用の通知が来たとしても、転職活動はこれで終わりということではありません。むしろ実はこれからが転職活動の大切なポイントとも言えるのです。企業から内定をもらっても転職活動は終わりではなくて転職先に入社する前にやらなければならないことや注意するポイントは色々とあります。まず、内定の連絡を受けた後には転職先の入社条件を見ましょう。労働基準歩で色々と給与面以外にも書かれていますから必ず確認するようにします。そして転職の内定がもらえたら転職先の企業にはお礼の電話を入れるようにしましょう。このときの電話ではこれからの転職の際の流れや今後の予定などについても相談する必要がありますから確認しておきましょう。たとえば転職先へ入社する日や出社する日などもこのときに決めておけば安心ですね。そして内定をもらったらやるべきことがありますね。転職をするということは現在働いている職場があると思いますがその勤務先へ退職願を出さなくてはいけません。まず最初にすべきことは直属の上司に相談する形で転職先で内定をもらったことを伝えましょう。同僚に話す前にまずは直属の上司に話すことが優先です。名はす順番を間違えてしまうとトラブルになったり居づらくなる場合がありますから注意しましょう。

そして上司に転職の報告ができたら退職届を出しましょう。もしも、円満退職にこぎつけなかったりトラブルが起きそうな場合には、直属の上司ではなくて直接責任部署に提出するといいでしょう。そして退職が決まったら転職先に出社する日を連絡してそれまでに必要な手続きは何なのか聞いておきましょう。転職の際にはいろいろと手続きが必要ですから手続きを完璧にしておくためにも確認をしておきましょう。退職届を出してからだいたい1か月くらいは業務の引き継ぎを行ったり残務処理があると思います。この残務処理や引き継ぎが上手にスムーズに進まないことから入社の日を延期してもらったりしてばかりになってしまうと転職先から内定の取消しもあり得ますからスムーズに引き継げるようにしておく必要があります。場合によっては内定が決まって転職しようと思っていたのに今の会社の上司に引きとめられて考えが変わりそうだということも中にはいると思います。ですがその場合でもなぜ転職したかったのか思い出すことが大切なことです。転職の目的をしっかりと持っていれば内定後もズムーズにことが進むのではないでしょうか。
P R
2009年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる