転職サイトのパソナキャリア 

May 31 [Sun], 2009, 19:14
転職サイトのパソナキャリアについて紹介したいと思います。転職サイトであるパソナキャリアは今利用者が多い転職サイトの一つです。専任のコンサルタントが転職をサポートしてくれますから安心です。転職サイトのパソナキャリアは、求人情報が国内では最大級の14000件以上といわれています。他の転職求人サイトや求人情報誌と比べてもかなりの求人情報なのがメリットの一つです。しかも転職先には、大手の企業や優良企業、外資系やベンチャー企業などいろいろなジャンルの企業がたくさんあります。しかも毎日たくさんの求人情報が掲載されますから転職を考えている人にとってはとてもうれしいサイトではないでしょうか。また転職サイトのパソナキャリアではカウンセリングなども行っていますから初めて転職をするという人にとってもとても安心して利用できるサイトではないでしょうか。転職に関する悩みなどの相談にも乗ってくれますから心強いですよね。パソナを利用して転職した人の6割以上の人が年収がアップしているというのもうれしいですよね。転職で必要な書類の書き方や面接の受け方、退職に関する手続きなどのアドバイスを受けることもできますし、すべて無料で転職に関するサービスを利用できるというのもパソナを利用するメリットです。


転職サイトのパソナを利用する場合にはまずはプロフィールから入力して登録をすることから始まります。そしてコンサルタントから連絡があって転職が終わるまでサポートしてもらうことができます。専任の転職コンサルタントが転職先の要望や経験などについて聞いくれますし、それに基づいて転職プランも考えてくれます。転職プランを考えた後は、実際に数多くある転職求人情報を紹介してくれますから本当にスムーズに転職が進むのではないでしょうか。そしてパソナから企業へ推薦もしてもらえますし、面接の受け方もアドバイスしてもらうこともできます。面接などの日程はパソナが調整してくれますからまだ仕事をしている人で転職活動の日程調整などが大変な人でも心強いのではないでしょうか。もしも転職面接で不採用になったときにはパソナからなぜ不採用になったのか聞いてもらえるのでこれからの転職活動に生かすことも可能です。転職をコンサルタントしてくれる転職サイトのパソナは転職をスムーズに進めるだけでなくいろいろな面でサポートしてもらえますから安心して利用することができるのではないでしょうか。
"

転職と保険税金 

May 31 [Sun], 2009, 19:14
転職と保険や年金について紹介したいと思います。転職をするときには健康保険や雇用保険、年金、税金などを手続きしなければいけません。これは退職をするときに転職先が決まっている人と、転職先がまだ決まっていない人でも方法が違っているので確認しておく必要があります。まず健康保険についてですが転職が決まっているなら転職先の健康保険に入ればいいだけで済みますが、転職先がまだ決まっていない人の場合には、区役所などで手続きをして国民健康保険に入らなければいけません。こちらは退職してから2週間以内と決められています。そして雇用保険ですが雇用保険は、転職が決まっている人は退職のときにもらった雇用保険被保険者証を転職先に出せばいいだけですが転職先が決まっていない人は、ハローワークに提出することになります。この際、条件が合えば失業保険がもらえますから確認してみるといいのではないでしょうか。そして年金ですが転職先がすでに決まっている人の場合には年金は退職する時に前の会社から年金手帳を受け取ることになると思いますから、受け取った年金手帳をそのまま次の転職先の会社の総務担当をしている部署に出せば手続きは完了です。しかし転職先がまだ決まっていないという場合には、退職してから2週間以内に住んでいる地域の管轄の役所へいって窓口で手続きをして国民年金保険に加入しなければいけません。


そして税金についてですが転職が既に決まっている人の場合には、退職をしたときに源泉徴収票をもらうと思いますから、転職する先の担当部署に出せば手続きは特に必要ありません。そして転職先がまだ決まっていない人の場合には、確定申告を自分で行うことになりますから注意が必要です。このように、転職と退職をする際にはいろいろと手続きが必要になってきます。転職先が決まっているといいう場合には比較的手続きはスムーズに進みますし転職先の総務部署などで支持をしてくれますから問題なく手続きが完了すると思います。しかし、転職先がまだ決められていない場合には、自分で役所に行って手続きをすることがたくさんありますから忘れないようにして一つ一つの手続きをしっかりとしていかなければいけません。健康保険などは、手続きをしなければ健康保険証がもらえませんから注意する必要があるのではないでしょうか。年金も手続きしないで払わずにいれば将来もらえなくなってしまいますから手続きはしっかりとしましょう。
"

転職の退職 

May 31 [Sun], 2009, 19:14
転職をするということは前職を退職しなければいけないということになりますよね。転職の際に転職活動以外に大変なことというのは、退職の問題があると思います。今の会社を退職するにあたってはいろいろと苦労があると思います。退職届一枚ですぐに退職ということにはつながらないと思いますしそれでは社会人として今までお世話になった会社へ失礼に当たりますしマナー違反ではないでしょうか。きちんと前の会社でも円満退職をしてから転職をすることがポイントになります。転職先が決まって退職をする場合の退職届を出すことについてですが、自分の仕事のキリがいいところで、他に働いている人に迷惑がかからないようなタイミングや時期を見計らって退職希望をしましょう。大きなプロジェクトなどを抱えているときなどにやめることは許されませんからそれが落ち着くころを見計らって退職希望日を考えた方がいいでしょう。とにかくまだ働いているみんなのことを考えて退職しましょう。退職希望日が決まれば上司に転職の相談をします。退職届を突然出されるとかんじがわるいですからまずは直属の上司に相談をすることから始めましょう。そして仕事の引き継ぎや都合なども相談をして、最終的に退職する日を決めます。そして退職する日が決まってから退職届を提出します。最低でも転職する1か月前には退職届を出す必要があります。会社の就業規則によってはそれ以上それ以下の場合もありますから確認しておきましょう。


もしも退職の理由を聞かれた場合には、きちんと信頼関係のできている上司との間であれば転職することを正直に話してもいいと思いますが、信頼関係がしっかりと構築できていない関係の場合には、正直に転職のことは話さずに包んで話をする方がいいかもしれませんね。間違っても会社の悪口や不満、上司や同僚への不満などをいってやめることがないように注意しなければいけません。そんなことになれば円満退職できません。家庭の事情ややりたいことがあるからといった自分の事情で転職するということをいうのが一番円満に退職できるのではないでしょうか。そして転職先もすでに決まっているということを上司に話せ場きっと納得して退職を反対したりトラブルにはなりにくいのではないかと思いますね。円満退職を心がけてみんなが気持よく仕事ができるようにするために転職までに色々と段取りをしておく必要があるのではないでしょうか。なかなか転職の退職というのは難しいものです。

転職と給与交渉 

May 31 [Sun], 2009, 19:13
転職と給与交渉について紹介したいと思います。転職をする場合には以前働いていて会社よりも、給与が上であることを期待している人も多いのではないでしょうか。少しでも給与を上げてもらうためにも、転職の際には給与交渉がポイントになってきますがこれがなかなか難しかったりしますよね。たとえばどのようにして給与交渉を転職の際に切り出すのかというと、給与交渉にはタイミングが大切です。とてもデリケートな質問ですからはじめから切り出すといやらしいですよね。ですから印象をよくするためにも、転職先の企業から聞かれてから話を切り出しましょう。もしも企業から話を持ちかけられなかった場合には、最後の面接の段階できりだしていくようにしましょう。まずは給与交渉よりも自分のアピールの方が優先ですからアピールしてから切り出すようにしましょう。転職後の給与額の待遇は企業によって独自の基準で決められるのですが、前に働いていた職場の給与や、今働いている社員の給与との兼ね合い、入社してからのポストなどによって決められることが多いようです。ほとんどの場合、給与がアップするケースというのは転職前と同じ業種に転職したことが前提だといわれています。考えてみればわかるのですが未経験の業種に転職したのに、給与が以前よりも上がるということはあまりないということです。その会社自体の給料がもともと高ければ話は別ですが一般的に未経験で転職後に給与が上がるというのは考えられません。


転職の際の給与交渉のポイントを紹介します。まず自分にとってこれだけは譲れないだろうという点があるのなら伝えましょう。そして、面接を受けたときに同じ年代の社員がどれくらいの給与をもらっているのかなども確認しておくといいかもしれませんね。そして転職前よりも高い給料を希望する場合には、なぜなのか、理由をいいましょう。たとえば結婚とか出産、経験があることなどを理由にするといいでしょう。転職先の給与が出来高制のときには、計算方法なども確認しておいた方がいいですし、今の社員の平均的な月給がどれくらいであるのかということもチェックしておいた方がいいかもしれませんね。転職と給与交渉はデリケートな関係にありますから、聞きたいのは山々ですし聞きたい気持ちもわかるのですが、最初から切り出すのではなくてじわじわと切り出すようにした方がいいでしょう。あまりにも最初から切り出していると転職先の企業に悪い印象を与えてしまうからです。

転職の面接を成功させる 

May 31 [Sun], 2009, 19:13
転職面接を成功させる方法を紹介したいと思います。転職活動を成功させるには面接を成功させなければうまく行きません。まず転職の面接に臨む前にはいろいろとした準備が必要です。面接に受けに行く転職希望先の企業についての情報は必ず確認しておくことが大切なことです。面接を受けてこれから転職をしようと思っている企業の情報を何も知らないというのはそんな失礼なことはありませんし熱意も伝わらないのではないでしょうか。面接をする採用担当者にも見破られてしまいますから情報収集をすることと企業のホームページなどを確認しておくことは必ず大切なことなのでチェックしておきましょう。そして下準備としては転職の面接で聞かれるような質問の内容には必ず答えを用意しておく必要があります。志望動機や自己PR や以前の職場を辞めた理由などは必ず用意しておくのがいいでしょう。では具体的な転職の面接の成功の方法ですが、第一印象は大切ですから身なりや姿勢、態度や挨拶などはしっかりとしておきましょう。そして面接では必ずと言っていいほど転職をする理由が聞かれますが、その時には以前の会社の悪口や愚痴っぽくならないように自分を客観的にみて自分がこれからどうなりたいから転職を希望したのかということを伝えましょう。いやだったから転職したなどというマイナスなことを言ったのでは転職先からいい印象を持ってもらえません。

あらかじめ転職の面接用に色々と答えを覚えてきていると思いますがマニュアルを見たまま答えるのではなくて自分の言葉に変えて自分に置き換えて答えるようにしましょう。マニュアルのまま話しているということはきっと転職先採用担当者にもすぐにわかってしまうと思います。そして自分実力があれば転職してからどんなことができるのかについても話すようにするといいアピールにつながるのではないでしょうか。そして何より大切なことは転職をしてからの仕事に対する意欲や仕事への熱意などもアピールするようにしましょう。転職の面接では過去の自分にとらわれず未来の自分をアピールするようにしましょう。そしてきちんと面接官の目は見て、自慢ばかりせずに、もちろん知ったかぶりもしないで素直に答えるようにしましょう。場合によっては転職ですから意地悪な質問をしてくるところもあるかもしれませんが、感情的にならずに落ち着いて冷静に答えるようにしましょう。感情的になっても面接に有利なことは何一つありません。
"
P R
2009年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる