転職の計画 

March 20 [Fri], 2009, 18:47
転職の計画について紹介したいと思います。転職をする場合にはいろいろと計画を立てるということは大切なことです。転職の際にはどのように計画を立てればいいのかというと、まずは就業規則を確認してみましょう。転職活動をする場合には、まずは今いる会社の就業規則を調べてみましょう。就業規則を見れば退職にかかわる規則も掲載されていますから転職活動の計画を立てる場合には、とても役に立つと思います。退職願を出して、退職に至る日数を調べることは転職をする際にはとても役に立つのではないでしょうか。転職の際には今いる会社の退職の期間のからみも発生してきますから意外と大変なのです。法律では就業規則に関係なく、退職の意思を伝えてから2週間後にやめることができると決められていますが、転職をスムーズに進めて円満退職をするためには、出来ればもっと前から引き継ぎなどもきちんと行って円満に退職できた方がいいのではないでしょうか。転職先の目星が大体決まってきて、退職を決めたら、上司にはすぐに相談する方がいいですね。転職活動をするにあたっても直属の上司に話をしておいた方がスムーズに動けると思います。退職の日程は会社の就業規則を見て決めて、あなたの業務を引き継いで上司が納得いくような日を選ぶといいでしょう。そして転職の計画の時間ですが、在職しているときに転職活動をするというのはなかなか難しいものですよね。失業中の転職ならまだしも、在職中の転職活動というのは難しいものです。

転職の情報収集をするときには、本職の差し支えないような朝や夜にしなければいけないことが多いと思います。面接なども転職先に相談して日曜や土曜日、夕方などに行ってもらえるか考慮する必要があります。もしも面接を受けることができる日程が合わなかったとしても、在職している会社に迷惑をかけるような営業の途中に面接を受けに行くといったことは転職活動のマナー違反ですからその場合は在職している仕事を休ませてもらって転職活動をするようにしましょう。有給消化期間中に転職活動をするというのもいいかもしれませんね。転職活動にかかるお金は意外とたくさんかかりますから計画を持って転職する方がいいでしょう。たとえば失業や離職しているときにはその間の生活費が必要ですし、面接にも交通費がかかりますし、転職先で転居しなければいけない場合には引っ越しの費用もかかります。面接のときに交通費が結構かさむと大きな額になるとも言われていますから転職の計画やお金の面でも十分に立てた方がいいでしょう。
"
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:business200914
読者になる
2009年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる