調理師の資格 

2009年03月20日(金) 18時20分
調理師の資格についてですが、調理師の資格は名称独占資格のひとつです。調理師は、調理師の名前を使って調理をすることができる資格のことをいいますが、食品の栄養や衛生、そして調理法などただ単に調理ができるというだけでなくいろいろなジャンルで調理について勉強や幅広い知識と技術を持っていなければいけません。調理師の資格試験はやや易しいとされていて合格率は60パーセント程度です。調理師の資格を持っていればホテルや旅館、飲食店や製菓関係の仕事にも就くことができますし、調理師の資格を持っていれば独立することもできます。調理師の仕事というのはセンスや技術なども大切になってきますから独立は結構地ア編ではありますが、たくさんの人が調理師免許を取得して独立しています。

調理師の資格を取得するには受験資格がありますからしっかりと確認しておいた方がいいと思います。調理師の資格試験の試験内容は衛生法規、公衆衛生学、栄養学、食品学、食品衛生学、食文化概論、調理理論の7つの分野から出題されます。調理師の資格試験じゃ各都道府県に年に1回行われています。手に職をつける資格の中でも調理師資格は比較的高度な技術が必要な資格かもしれませんがその分将来性は大きい資格です。



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:business200910
読者になる
2009年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる