隣にあるわけがない。 

June 30 [Mon], 2008, 23:30
「幸せは君の隣になる」と言うが、
あなたはあたしの一体何を知っているんだろう。

あたしは自分が不幸だとは思っていない。
ただし、あたしの感じている「幸せ」が一般の幸せであるかは、はなはだ疑問ではあるが。
なぜならば「幸せ」には少なくとも2種類あるのだと思うからだ。
一つは「生物学的幸せ」
これは生物としての望みにかなった場合だ。
例えば、お金持ちになる。子供を設ける。家を買う。
などなど、繁栄に繋がるものかな。
もう一つは「精神的幸せ」
こころ穏やかに、足を知る幸せ。
後者の方が崇高だけど、前者の方を望む方が生物的には強いんだろうな。
だから、世の中の多くは前者を目指す。

あなたはあたしの何を見て、「君の幸せはすぐ隣にある」と言うんだろう。
何かをわかっているなら具体的に答えよ。
さもなくばキリストの言葉みたいに暗号めいていて考え込んじゃうんだよ。

あなたの言うとおりまわりを見回せば、笑いながらもうんざりすることばっかりで、
まじまじ見ちゃった日には吐き気をもよおす位のひどい有様。
あなたに事を細かく話して聞かせたら、きっとあなたもうんざりすると思うよ。

しかし先に言ったけど、あたしは不幸じゃない。
うんざりとしたものに囲まれた日々を一秒一秒暮らしているけれど、
それでも、不幸だとは思ったことはない。
もちろん時にはめいるけれど。

あたしはもう十分幸せなのだ。
今日生きているだけで、
今日もご飯にありつけただけで、
暖かい布団で眠れるだけで、
あたしを忘れないでいてくれる人が少なくとも5人いるということを知っているだけで。

あたしの隣に幸せはない。
あたし自身が幸せなのだ。
そしてもちろんあなたも、あなた自身が幸せなのだ。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bushio
読者になる
2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる