日本人としての気概 

July 29 [Sun], 2007, 23:48
どうも、初めまして。初めに自己紹介から。

俺は、生まれも育ちも兵庫県、生粋の関西人。現在は都内の大学に在学してるゆえ東京に在住している、ごく普通の大学生である。

さてそんなことダラダラ書く気はさらさらないのでさっそく本題に入る。俺はこの方生まれてから日記なんぞ書いたことないし、このブログでもそんなこと書く気は全くない。このブログでは俺が愛してやまない幕末の思想を中心に、「今日本人が日本人として思い出してほしい気概」について深く考察していこうとするのが狙いである。いささかマニアックになるが、幕末初心者にも分かるように、そして何よりも好きになってもらえるような記事が書けたら真に本望である。
さっきから、俺の文体はいささか堅いなぁと思われた方もいるかも知れないが、時代劇の見過ぎと解釈してくださればそれでよい。

さて、本題に入ろう。ではなぜ私が幕末をこれほどに愛しているのか?それは最後に武士道が貫かれ、しかも過激なまでにその気概が果たされた時代であるからである。私は今まで、幕末を舞台にした作品、例えば新撰組、坂本龍馬、西郷隆盛、会津藩主松平容保、白虎隊・・・数々のその生き様に感銘を受けてきた。ここではあまり深入りはせずおいおい詳しく記事にしていくつもりであるが、私は武士道こそ大和魂、即ち日本人が持ち備えるべき気概であると考えている。まぁ、現代においては相容れない考えも当然あるが、私はまさに武士道こそ日本が誇るべき宝だと考える。

そしてその「士道」を非常に強く重んじた新撰組のその生き方には私は非常に大きく影響を受けてきた。新撰組について私はまず講釈をこれから振るっていこうと思う。これからもマニアックな記事をお目通しくだされば至極本望である。

あっ、ちなみに私は別に歴史を専攻しているわけではありません。専攻は経済学です。あと最近漢籍にもはまってるのでまぁ色々気になったことを記事にしていけたらと思います。

ただ、当面は幕末について語らせてあげてくんろ。

また会いましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bushido-hatto
読者になる
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる