夜明け前が一番暗い 

January 26 [Sat], 2008, 17:39
2008年1月19日
城崎亜蘭さんらしき方のネット開放を確認いたしました 
ネットはどこかで必ず繋がっています


1月いっぱいを持ちまして、このブログの更新を休止したいと思います
9月より短い間ではございましたが、つたない記事にお目を通していただきましてありがとうございました。また、ランキングへのクリックもありがとうございました


表現の自由を語ることの難しさをあらためて痛感いたしております。
更新中も次々と起きる表現をめくる事件や訴えも目の当たりにいたしました。


今後も自らのことばを持って語っていくことを続けて参りたいと考えております
皆様のご健康そしてご活躍 お祈り申しあげて、最後の記事更新とさせていただきます


ありがとうございました

裏の裏は・・・ 

January 08 [Tue], 2008, 20:23
文部科学省で、学校裏サイトの実態調査を行うと1/6発表された
3月までに、実態をまとめ、対策もこうじるというものである


言論(表現)の自由を口にする時、かならず立ちはだかる問題がある
「自由は何でも許されるのか?」ということである


自分もこのことを目前にすると、立ち止まってしまう
そう!自由だから許されるのです!とすっと言えない自分が目の前にはだかる


人は、プラスな言葉を発し、またマイナスな言葉も発する
言葉に出来ない時は、行動という手段で現すこともある


芸術という表現の場は、この人間が持つモンモンとした欲求を形を変え、または形として現したものである。まさに「芸術は爆発だぁ by岡本太郎」なのである


学校裏サイト、表では言えないこと、言っちゃいけないこと、言ってみたかった事・・・・・
そういう場が、必要なのだろうか?必要なら何故欲しいと言わないのだろうか?
自分達で作るから、作れるから、それでOKなのだろうか?
自分達で学校表サイトは作らないのか?


そもそもは、学校に魅力が無いのではないだろうか?
思考の苦悩が続く



(人気ブログランキング参加中 クリックもよろしくお願いいたします)

表現元年 

January 01 [Tue], 2008, 17:45
2007年が『偽』でいろどられ、2008年は、その信頼回復へと繋がるかいかがなものか?を問われる幕開けとなりました


新年明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします↓
(人気ブログランキング参加中 クリックもよろしくお願いいたします)


表現の自由を考えていくと、かならずぶつかる壁のようなものがあります。
何処までを自由な表現と捉えるのか!?という壁・ハードルがあります


越える為の法律や越えさせない為の法律も有ります
著作権は、そのさいたる法律と思われます


自分のオリジナルな表現物を守るための権利
ブログという表現物の著作は一体守られているのでしょうか?


ネットを媒体にした表現の場は、かならず何処かとリンクしています
そこがインターネットの大いなる威力。
ブログは、個々人、または企業のオリジナルな表現の場です。
そしてかならず、何処かへとリンクしているということを忘れてはいけません


自ら表現したものが、誰かのオリジナルなものである可能性もあり得るのです。
不思議なことに、表現物は「私の著作物ですよ」と申請をしておかなければ、オリジナルなものと認められない部分も有ります。


自由な表現は、常に声を大にして「私のものよ!」と叫び続けなければならない、皮肉な作業を伴うものとなっているのではないでしょうか?


あなたの表現元年、今日からスタートしませんか?

自己表現が苦しくなる時 

December 01 [Sat], 2007, 13:43
自分を現す事は、本来のびのびと大らかなるものであろう
しかし、苦しく辛い時もあるのではなかろうか?


12月に入りました。お久しぶりです
消されたブログ 「フォーゲット イン ザ ペーストU」の管理人亜蘭さんと、はじめてブログを通じての交流が始まった月です。初コメントを頂いたのが確かクリスマス頃?1年後にこうなることになるとは・・・・・なんてご縁があるのでしょう!! (あえて強気に言い切ってみます)



インターネットという媒体は、正に蜘蛛の巣のように縦横無尽にはりめぐらされています。
発信したものは、例え消したとしても履歴という形で、しばし残っております。


検索という技は、しばしその軌跡を追う手助けとなります
なので存在しないはずの、ブログやその中に書かれた記事の一部を知ることが出来ます。クリックの旅の終着点は、悲しいかなURLはエラー表示。何度クリックしてもエラーです


表現の自由は、延々と叫ばれ、そして延々と規制されつづけています
人は、表現したいという欲求と表現したくないという欲求にさらされています。
見たい!見たくない!どちらも『表現の自由』なのです


消えた・消された!という事実を消したくはありません
かすかなネットの中での息遣い・・・・・
恨みでも妬みでもなく、ただひたすら問い続ける・・・・・
そんなブログが、ここにおります


2007年ラストの月 みなさまファイナルですよ!!
(クリックよろしく人気ブログランキング参加中)・・・とんでもなく落ちています(汗




たまには、思考停止で・・・ 

November 20 [Tue], 2007, 11:52
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1441141 


複雑に絡み合う日々の出来事
小さな源流が、やがて河となり大海へ


一つの投げられた小石の波紋は、どこまで広がるのだろうか
いつか届く時がくるのだろうか・・・・・




いつもクリックありがとうございます
ちょっとアップしてて、うれしぃです
↓  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
教育・学校ブログランキング 第131位(2007/11/20 11:30現在)

まさかこのタイミングで・・・ 

November 16 [Fri], 2007, 1:30
一昨日『学校評価に変わるもの』という記事を更新したばかりでしたが、皮肉にもタイミングよくといいましょうか、学校評価を落とされかねない行為をなされた学園のリーダーが、セクハラ容疑で逮捕というニュースが夕方全国へ流れました。


ため息代わりにクリックをよろしければお願いいたします
↓  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
教育・学校ブログランキング 第148位(2007/11/16 00:00現在)



学校評価の視点をどこへ皆様はなさるのか、問いかけながら記事を投稿したのでありますが、頂いたコメントの中に『学食の充実』という視点が、ありました。


学生の本分「学ぶ・学べる」ということを前提にしたとして、他に学生にとっては、学校の評価をするのには、ポイントの高い視点かもしれません。もしかしたら食べ盛りの子を持つ親御さんにとっても重要なポイントかもしれません。


手の届かない雲のような理念を掲げるのも美しいかもしれません。
でも、胸を張って「自分の学校の食堂では、美味しく安くたっぷりと色々な食事が出来ますよ」というのも最高の学ぶ環境のサービスではないでしょうか?一つの視点ですね


そういえば、冒頭の逮捕されたリーダーに代わり、新リーダーとなった方・・・その昔、客室乗務員をなさっていたと伺っています。サービスのプロではありませんか。期待していますよ


お金でサービス強要をもみ消そうとしたのかどうかは、これからの取調べによって明らかになって来ると思います。全国45箇所の系列校の職員・保護者・そして学生達が、リーダーの言動を見つめています
開くことの無かった病巣へメスが、入ったのです。しっかり診察していただき、治療の有無を判断していただきたいと思います


今回の逮捕へこぎつけるまでの期間、セクハラという精神的苦痛の大きな犯罪に対し、粘り強く訴え続けてきた、被害者の方々の勇気ある行動に敬意を表します。


精神的苦痛が消えることは、無いかもしれませんが、みなさんの行動によって、多くの学生が、しっかりと自分自身の言動に責任を持って学生生活を送っていくことが出来るといいですね。どうかお体をいたわって下さい。笑顔が戻ることを祈っております。



退出される皆様へのアナウンス
「お忘れ物はございませんか?」
人気ブログランキングへ

学校評価に変わるもの 

November 14 [Wed], 2007, 2:01
今年も50日たらずで、新しい年へと参ります
しばらく記事更新しておりませんでしたが、ご訪問ありがとうございます



安定した位置のようです
後は、記事更新ですね。よろしければクリックおねがいいたします
↓  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
教育・学校ブログランキング 第169位(2007/11/14 2:00現在)


「学校評価」というアンケートが、大方の学校で行われています
PTA・地域関係者・生徒・・・それぞれの立場から学校を見つめなおすためのものです
健全な教育が、現場において行われているかが、数字になって現れてきます
アンケートの集計結果も大方のところでは、配布物になりみることができます


もう一つ、学校の評価にされる材料に「進学・就職状況」と言うものがあります
卒業生の進学先・就職先が羅列されています
過去からのデータも掲載されている場合があります


さて、アンケートも進学就職状況も数字によって現されています
数字を読む・・・この能力が必要となります
1<10<15
1よりは、15の方が大きい(多い)


さて、大学へより多くの合格者を出す
これは、ある意味進学学校の最大評価になっています
数字の伸びが、評価の伸びに繋がっていると信じればの話です


みなさんは、学校の評価を何を視点になさっていらっしゃいますか?
学校の評価は、必要なものでしょうか?
学校は、数字となって現れてくる評価に一喜一憂していませんか


では、この記事も評価に値するか数字に現して見ることに致しましょう



今夜は、このへんで・・・
↓  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ








学校のHPが面白い 

October 27 [Sat], 2007, 22:52
縁あって?学校のホームページをネットサーフィンする機会が増えました
皆さんの学校・母校のHP・・・・ご覧になったことは、ございませんか?
ない!という方は、一見の価値があるやもしれませんよ




さて今夜は、どうなることでしょう
↓  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
教育・学校ブログランキング 第178位(2007/10/27 22:00現在)



学校というある意味閉ざされた社会は、地域へまた社会という名の見えない世界へ公開という形で、時々その姿を見せてくれます



その一つにネット社会の産物、ホームページ(以下HPと記載)があります
独自に校内で作成されているものもあれば、業者へ委託しその学校にふさわしいHPを作って貰うという学校もあります。公立校では、まとめて管轄の教育委員会やそれに変わる組織が管理しているというものもあるようです。



年間行事予定や組織図、教育理念、部活動状況、開催された行事の写真、PTA活動、学校へのアクセス方法、進学状況、登校状況(徒歩・自転車etc)、校長の写真、・・・・・・・・まだまだあります(暫時休憩)



更新状況も千差万別
作ってからかれこれ・・・・・と年月を指折り数えてしまうものもあったり、「今日も元気に○×△〜」と呼びかけるものもあったりします。



掲示板があり、書き込むことが出来るものもあるようですが、悪戯や中傷・排斥といったネット特有の副産物を警戒し、認証制にしたり、PTA限定だったり、直接ご意見はメールでだったりと公開という態度を取りつつ、非公開にせざるを得ない現実もあるようです



そして・・・・・
一番その学校の様子を知ることが出来るのは、そこへ通う児童・生徒・そして職員であるということをなおざりにしてはならないと思います




目隠しをした像 

October 26 [Fri], 2007, 0:52
『HERO』という映画を観ました
もうだいぶたちます


木村拓哉主演の映画です
映画の中味は、ともかくとして、観ていて自分が大変気になった場面がありました


それは、フラッシュのように何度となく画面に出てくる、一体の彫刻でした。
目隠しをし、片手には、はかりを持っているのです
目隠しされたままの顔面にすっと伸ばした手の先に秤
その秤を目隠しした目で、じっと見つめている像です


何度となく出てくる、もの言わぬ銅像
映画のストーリーが、右へ左へと揺れる度、目隠しをした像が、秤の揺れを見つめます。


私達は、法の元において平等です
そしてそれは平等に裁かれることも意味しています




クリックありがとうございます
じわりじわり上昇中です
↓  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
教育・学校ブログランキング 第163位(2007/10/26 00:30現在)

いよいよ今年もファイナルへ・・・ 

October 20 [Sat], 2007, 13:15
更新を休んでいる間にあれよあれよと・・・・・・。
毎日、ご訪問下さった方々(勿論少数派)ありがとうございます


気持ちをあらたに、ランキングを一つへ絞りました
よろしければ、気合いの入ったクリックをポチリと優しくお願いいたします

↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
教育・学校ブログランキング 第272位(2007/10/20 13:00現在)



前回の記事で、外山恒一氏の話題を書きかけました
直接お目にかかったことは、ございませんが、都知事選の政見放送をネットで見ました。信じていいのか否か問われるような考え方・・・。滑稽に見えるような発言。革命的な思想。まさに公職選挙法に守られての言動でした


改めて政見放送の定義を読んで見たのですが、そのほとんどの発言が許されているようです。通常の放送では、編集されそうな言い回しや、放送禁止用語も候補者の政見とみなされれば許される時間帯なのです。ほとんど編集することなく流れる政見放送。正に候補者の考え方や人柄を垣間見ることが出来ます。これでどのぐらいのことを判断したらいいのかも迷いますが。
放送の前後に流れる「・・・・公職選挙法に基づいて・・・・」ということばの重みは、かなりあるのではないでしょうか。


外山氏のもう一つの表現活動の中に音楽があるようです
以前は、同志を募る目的もかね行われていたストリートミュージシャンでの顔です。現在は生活の糧を得ることに重きがいっているそうですが、彼の歌声もネットで聴くことが出来ました。


アコースティックギター1本を静かに爪弾きながら、「青年は〜青年は〜荒〜野〜をめ〜ざす〜♪」と歌っていました。深く落ち着いた声と何度も何度もめくっては、練習し歌い続けたのであろうと思われる、一冊のぶ厚くがさばった楽譜。


その光景の方が、自分には切々と訴えかけてくるオーラを感じました
「日本を潰せ!」と奇天烈な声で連呼するよりも、どこか物淋しげで、希望も持てないような不透明な時代を進む青年へ向けての子守唄のような様。


思想犯として何度も投獄されている外山恒一氏
言いたい事をいう人間は、危険視されます
彼が言いたい事を言い続けられるためには、彼の身柄の安全確保が必要なのだと思います。


外山氏の考え方を穏健的にとらえる面々の考えをフリー百科で読み、自分にも共感できる部分がありました。それは、




『自由な校風』にしろ、『管理教育』にしろ、高校生に教育を『与える』という点に良識派も反動教師も変わりない。『丸刈りの強制』をやめさせることに意味があるのでなく、高校生自身が『強制』を、受けいれるか受けいれないかを自分の頭で考えることのほうに、よほど意味がある。
ウェキペディア 外山恒一  反管理教育運動の最左派より



という部分です
自分の頭で考える。まさにそうだと思います
『フォーゲット イン ザ ペーストU』が消える時、それを知る身近な人々は、一体どう考え、行動し、消すという行動をとったのでしょう?それは城崎亜蘭を守る行動としてとったのでしょうか?それとも守るべき何かがあったのでしょうか?




それを問い続けて参りたいと考えております





人気ブログランキングへ
P R
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像burogudeaou
» 夜明け前が一番暗い (2008年11月20日)
アイコン画像通りすがり
» 夜明け前が一番暗い (2008年11月17日)
アイコン画像burogudeaou
» 学校評価に変わるもの (2007年11月15日)
アイコン画像kurage
» 学校評価に変わるもの (2007年11月15日)
アイコン画像太郎
» 学校評価に変わるもの (2007年11月14日)
アイコン画像burogudeaou
» いよいよ今年もファイナルへ・・・ (2007年10月25日)
アイコン画像やなせ
» いよいよ今年もファイナルへ・・・ (2007年10月23日)
アイコン画像burogudeaou
» 活動家は保護されている!? (2007年10月15日)
アイコン画像団長
» 活動家は保護されている!? (2007年10月15日)
アイコン画像burogudeaou
» 紅葉もまだなのに・・・・・・ (2007年10月02日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:burogudeaou
  • アイコン画像 現住所:宮城県
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-まずは聴いてみるタイプです
    ・インターネット-万年修行中(汗
    ・スポーツ-応援組みです(汗
読者になる
ブログでの出会いと交流から得られるもの無限
『△△峠の茶屋△△』
で日々のつれづれごとを書いております
Yapme!一覧
読者になる
なかのひと あわせて読みたい