はじめの一歩03

July 12 [Thu], 2012, 9:09
(やっぱり……走るの……疲れる……)

 元々、走るのが遅くすぐ疲れるためにバドミントンを選んだのに。これでは本末転倒。そんなことを幼い武は分かっていない。久しぶりに由奈と一緒にいれると思ってはしゃぎ過ぎている自分に何故か分からないが恥ずかしさがこみあげてきた。

「たけし君、大丈夫?」
「うん……だいじょうぶ」

 由奈の問いかけに武は笑って答える。実際、最初が辛かっただけで今は落ち着いていた。既に上級生たちはラケットを持って素振りに入っている。それを見て、次は武達の番というわけだ。武は由奈と一緒に見学をしている同級生の列に並ぶ。
 号令と共に一回、ラケットを振っていく上級生。その時に起こる風切音が武の耳にも届く。鋭く、ぶつかれば痛そうな音だ。

(痛そうだな……)

 痛い思いをしなくてすみそうなバドミントンを選んだのに、やっぱり痛そう。
 ことごとく思い通りにならず武は既に萎え始めていた。このまま続けられるのだろうかと不安になる。

「あんな風にラケットふれたらかっこいいよねー」

 由奈の目線が上級生に行って輝いていた。隣でそれを見ていた武は心臓のあたりがむずがゆくなり、軽く掻く。一体何かと思ったが、武にはどうしても分からなかった。ただ、由奈に微笑みかけられたり、由奈が他の人に目線を移す時にむしゃくしゃしてくる。

(むー。ゆなちゃん……)

 その視線を追って自分も上級生を見る。
 そして、そこにある綺麗なフォームに武は心を奪われていた。幼い武にはそういう言葉は分からない。しかし、由奈のことが気にならなくなるくらいに、上級生のラケットスイングに釘付けになる。
 上級生が行っているのはただのオーバーヘッドストローク。しかし、一つの構えが続けて行われることで滑らかに移動していく。それが、とても綺麗で、武は由奈と同じように目を輝かせていた。

「はーい。じゃあ、次は君達もやってみようか」

 コーチの寺坂に言われて、武達も各々立ち上がる。そして等間隔で並んでから寺坂の言葉を一つ一つ実践する。

「まずはラケットをこうやって……背負うようにしてみて。その時、体重は後ろの足にかけてね」

 武は右足を後ろにしてラケットを背中に回し、体重を右足に集中する。すると前に出している左足が浮いて斜め上が見えた。

「それから左手を上げて、掌を上にしてね。その左手でシャトルに狙いを定めるようにしてみてねー」

 どこにもないシャトルをイメージする。好きなロボットアニメで武器で攻撃する前に動く丸いものに似ていた。それがぴたりと止まったところで攻撃するのだ。

「はーい、じゃあ、そこから思い切りラケットを前に振ってみてください。その時に勢いで後ろ脚が前に出るように」

 寺坂の号令に一斉にラケットが振られる。子供によっては上半身だけでラケットを振ったり、よろけて倒れてしまっていた。由奈もラケットの反動に体を支えきれずに前につんのめってしまう。
 その横で、武はラケットを振っていた。
 ラケットを前に押し出すように。そして反動で自然と後ろにあった右足が前に出る。前につんのめろうとした体を、右足がしっかりと支えていた。

「あらー。たけし君! 上手じゃないの!」
「え……えへへぇ」

 武は誉められたことで気分がよくなり、またラケットを振る。しかし、今度は上手く振れずによろめいてしまう。
 次以降は十回素振りをしたが一度も最初のように綺麗なフォームにはならなかった。

「はい、終了。次は基礎打ちに入りますね。慣れていけばみなさんすぐうまくなりますよ」
『はーい』

 一斉に答える中で武もいる。
 その声は先ほどまであった憂鬱な感情などない。
 一度できた理想のフォームを体現できなかった悔しさ。新しいことを知る嬉しさに満ちている。

(バドミントンって……楽しいな)

 その思いが、始まり。
 武のバドミントンの始まりだった。






 

はじめの一歩02

November 07 [Mon], 2011, 22:07
 幼稚園に上がった頃から一緒に遊んでいた近所の女の子。活発だった武についてくる数少ない女の子だ。家の近所にある公園で昼間から夕方までずっと走り回って遊んだこともある。小学生になって他の教室に別れてから少し会う機会が減っていたがたまに帰るときに一緒に帰っていた。まさか自分と同じバドミントンを選んでいるとは思っていなかった。
 一通り紹介が終わり、まずは体育館の壁際を走っていくように言われる。上級生が先に走り、武達はその後ろについていった。走りながら前にいる由奈の元へと近づいた。

「ゆなちゃん」
「たけし君。咳してたね」

 笑いながら話す由奈に武は恥ずかしくなって顔を背けた。笑われるのは慣れない。意地になって由奈の前に出て上級生についていく。体力には自信があった。走り回っていた分、動きは速い方だと武は考えていた。
 ――結果、走り終わる頃には武は息を切らせていた。

はじめの一歩01

October 05 [Wed], 2011, 23:52
 初めて手に取ったラケットの重さは、意外と軽かった。相沢武は右腕に収まったラケットグリップを軽く回してみる。くるくるとラケット全体が回って楽しくなったが、すぐに手から離れて床に大きな音を立てて落ちた。

「こら! 大事に使いなさい!」
「ごめんなさいー」

 強くはないが大声で怒られて、武は萎縮する。自分の他にも思い思いにラケットを持って振ったり膝にガット部分をぶつけたりと好き勝手に動いている同年代がいた。誰もが自分と同じように小学校一年になって町内会のスポーツ活動に強制参加させられたのだろう。

(サッカーとバトミントンなら……やっぱりはしらないバトミントンだよね)

 親に選択させられた時、武は迷った末にバドミントンを取った。小学校に入って三ヶ月。休み時間に外でサッカーをするようになったが、上手くボールを蹴れないからとゴールキーパーになり、よく顔を狙われるのに防いでいた。痛い思いをバドミントンならしないだろうと思ったのだ。

(バトミントンならいたくないよね)
「はーい、集合ー」

 武達に声をかけたのは先ほど武を怒った女性だった。家の裏に住んでいる寺坂という家のおばさんだというくらいの認識はある。だが、実際には話したことはほとんど無い。いつも親や祖母が話しているのを横につれられて聞いてたくらいだ。

「はい。じゃあ、これからバドミントンを始めます。よく、バトミントンって言い間違えるんだけれど、バドミントンですからね。覚えておいてね。じゃあ、一人ずつ自己紹介してもらいましょうか」

 少し早口で紡がれる言葉に武達は一斉に返事をする。隣の子よりも大きく。何故かそんなことに張り合いたくなる。

「ちゅうおうしょうがっこう。いちねんいちくみ、はしもとなおきです!」
「いちねんさんくみ。はやさかゆきこです」

 初めて眼にする、他の組の男子や女子に武は緊張と一緒に競りあがってくる何かがある。初めて見るからこそ萎縮せずに勝りたいと思うのか、自分の出番が来たところで思い切り大きな声で叫んだ。

「いちねんごくみ! あいざわた――げほげほっ!」

 大きな声で叫びすぎて、咳き込んでしまう。武は口を押さえながら何度か大きく咳をした。すると咳き込みも収まり、息をつく。周りも笑いながら武を見ており、武は体をちぢ込ませた。

「あらあら。元気すぎるのもいいけど落ち着いてね。お名前は?」
「あいざわ、たけしです」

 はい。良く出来ました。
 そう言って寺坂のおばさんは次以降に話題を振っていく。武は情けなくなってため息を付いた。せっかく目立つチャンスだったのにと。

「いちねんごくみ。かわさきゆなです」

 その名前に反応して振り向くと、視線の先には見知った顔があった。

掃除

September 30 [Fri], 2011, 23:24
「そろそろこの部屋、掃除しなさい!」
 そうやって母親に怒られたのはついさっきだった。部活の疲れで久々のオフに起きてきたのは正午。朝ごはん兼昼ごはんを食べていた席での出来事だ。起き抜けでようやく頭もはっきりしてきたところに響いた声に通常を飛び越えて武は頭が痛くなった。
「片付けろって言ってもな」
 呟いても目の前に広がる惨状は消えない。
 服はさほど散らかっていない。洗濯された服やズボンは母親がいつも畳んで部屋の隅に置かれている。
 惨状というのは、床にいろいろと放置された漫画本やバドミントンマガジンという雑誌類だった。
 武は普段はベッドで寝ているが、勉強で疲れた合間などは、なぜかカーペットが引かれている床に寝転がり、雑誌を読むのが好きだった。本棚から出して寝転がって読み、置く。次の日に更に本棚から出して読み、置く。それを繰り返していくうちに、いつしか小さな足の踏み場しかない状態になった。
「しょうがないか」
 自分の中に広がる「掃除」の意識。自分はどうやら思い切りたまったものをいっぺんに掃除してしまいたい性質らしい。だからあえて汚してるのだ。
 そうやって自分を正当化しながら武は本を本棚へと戻していく。複数冊を一気に持ち上げて、一つ一つ収めていく作業は純粋に楽しかった。いかに効率よく動いて本を差し込んでいくか。単純作業を高度な戦術レベルの作業へと変えていく。
(おっと、これ)
 漫画本をほとんど入れ終わった後でバドミントンマガジンを片付けようとした武は、一番下にあったものを取って中を開く。一番最初に買ったもの。中学に入り、吉田に教えてもらったことで初めて存在を知り、買ったものだ。まだ一年くらいしか経っていないはずだがひどく懐かしいと武は思った。
「懐かしいなぁ」
 ページをめくって記事を読むと自分がなんとなく内容を覚えていることに驚く。それだけ当時は何度も読み返したんだろう。
 ページをめくり、めくり、めくっていく。終わればその次の号にいくしかない。
 読んでから掃除する。掃除の前に読む。
 そう言い聞かせてページをめくり続けて……
「武。掃除、終わった?」
「…………」
 部屋のドアを開いて尋ねてくる若葉に、武は黙って首を振った。

越えたい壁あとがき

September 26 [Mon], 2011, 22:09
そんなわけで、後輩男子の悩み編でした。
なんか微妙に恋愛感情混ぜちゃうんですけど、青春時代ってなんか恋愛感情なのかなんなのかもやもやして分からん!って感じだったなーと思ったので書いてみました。

部活に先輩への憧れに恋愛感情に同年代との関連とか。

青春っていいなー。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:紅月赤哉
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:北海道
  • アイコン画像 趣味:
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/burn206/index1_0.rdf