地獄のお昼 

2006年08月14日(月) 1時12分
BとCの関係を会社で唯一知ってしまった私。
AとCの関係を会社で一番知っている私。

当然のごとく、BがいないときはAからCの話、
AがいないときはBからCの話を聞く羽目になる。

これが毎日のように続いている。

で、ふと思った。Bの知らないC、Aの知らないCのことを
知っている私は実は一番Cのことを知っているんじゃ?

花火大会と衝撃の告白 

2006年08月12日(土) 0時49分
本日は会社の福利厚生の一環である「屋形船で花火大会観覧」の日。
が、これ1万円取られる。しかも休日にまで会いたくない人々と観覧。

参加自由なので欠席にしようかと思ったが、この係をやっているAに
強制的に参加させられた。金かかるのに強制すんな。

挙句雨で中止なので、5千円でただの屋形船に変更。最悪だ。
加えて船の中でもCの話とBに対する嫉妬からのバッシング。
おなかいっぱいだよ。
昨晩Cが泊まりに来たらしく、相当浮ご機嫌だった。
今までと違って、歯ブラシなんかも置いて帰ったらしく、
「彼、何か心境の変化があったのかなぁ
とウカレポンチ。
「かもね」と適当に返し、お茶して帰ろうとのAの誘いを船酔いを理由に断り、
帰途へ。
で、携帯を見ると、Bからの着信とメールが入っていた。

普段Bから電話がかかってくることはないので、ちょっと気になり
折り返してみた。
B「あのねぇ、実は昨日彼氏と別れたの」
※ちなみに彼女、私より4つ下
私「そか・・・キツイね・・・てか彼氏いたんだね。」(Cは関係なかったのね・・・)
B「うん・・・1年前から付き合っててね・・・」
私「結構長かったんだね・・・」(学生のときからかぁ・・・)
B「・・・Cなんだけど・・・」

ブフッ

私「は!?何でC??だってB、4月入社じゃん!!
  1年前って計算合わないじゃん!!!」
B「あのね〜、内定もらってから懇親会てのがあったの。
  それにC(若手なので)とかも呼ばれてたの。」
私「それで知り合ったんだ・・・」
B「うん・・・てかその日に・・・」

ゴフッ

そ、そりゃ軽すぎないかい?BもCも。
あわわわわ・・・私Aに「Cは童貞だよ、多分」っつっちゃった。。。
すまぬ、A。そして何よりC。

-------------------------------------------------------
で、冷静に考えると、Aが
「Bが入社してきて、私とCの間に割り込んだ」的発言は大きな誤りで、
正確には
「BとCが付き合っている間にAが割り込んだ」
ことになる。
なのに、AはBのことを悪く言いまくってたよなぁ。
-------------------------------------------------------

復活 

2006年07月21日(金) 0時29分
今日もAに夜ゴハンに誘われる。
正直、私は今自分の今後の社会人生活について真剣に悩んでおり、
くだらない堂々巡りの恋愛話に付き合っている暇はないのだが。

話題はいつもどおりCの話。
A「彼学生時代に年上の女の人と4年間付き合ってたらしいんだけど」
私「へぇ〜」(←興味なし)
A「ホントかなぁ」
私「さぁ〜、ウソかもね」(←適当)
A「B最近元気ないじゃん。あれCが冷たいからだよね」
私「かもねぇ」(←つか、それお前のせいじゃん)
A「てことは好きだったってことだよね」
私「同い年で、気が合って、何でも話せる仲なだけじゃない?
  なのに最近しゃべってくれないから元気ないんじゃない?」(←フォロー)

そして最近、Cとまた仲良くなりつつある話へと続く。
「もうやだ、私どうしたらいい?」って電話があるたびに、
「他の人にしなよ」ってアドバイスしてたのにね。私以外もみんな。

私の友人・知人たちが見れば一発でわかるだろう。
私が猛烈に帰りたがっていることが。

-------------------------------------------------------
きっと根本的にわけてしまう性格なのだと思うが、
私は「友達じゃない」「親しくない」と思っている人に対しては、
確実に呼び方が「苗字+さん」になる。
例え相手が私の事を下の名前呼び捨てで呼ぼうとも。
そして彼女(A)も例外ではない。
-------------------------------------------------------

重いランチ 

2006年07月14日(金) 2時12分
空気が重い。何だコレ。

そっけなくされているB、別れを告げられ依然復活の兆しのないA。
2人が揃って暗い。

飲んだ後、帰る方向がABCみんな一緒。
が、たまにBがいなくてAとC2人で帰っていると、なんとCがAに
ベタベタしてくるという。Aの言葉そのまんまで言うと
「おさわりがヒドイ」
おさわりて。おっさんやん。

っつーか、何だ?C。口では2人で合わないだの、結婚する人じゃないと
だの言ってて、結局はただの節操なしじゃん。

こいつのせいで、私のランチが重くなっていると思うと許せん
AでもBでもなく、まずは私に謝れ

被害者 

2006年06月26日(月) 2時07分
AがCに
「会社のみんなもおかしいって言ってる」
と言ったせいか、異常にCがBにそっけない。

Bが目に見えて元気がなかった。。。

「あのコも私みたいな気分あじわうのかなぁ」
などとホザくA。
お前のせいなんだよ。反省しろよ。

女番長 

2006年06月23日(金) 1時57分
ここんとこずっとくっついてるBとC。
それに耐えかねたのか、なぜかAが
「就業後、Cを呼び出してご飯食べながら話をする」
と言っている。

おかしくね?別れ告げられたのに、なんでBと仲良くしているCを
呼び出す権利があんの?
※まぁ、Cもちったぁ考えろよ。と思ったが。

とかはモチロン言えず。

で、2人でみっちり話しをしたらしい。
以下内容
A「職場でBとあんなに仲いいのはおかしいと思う。会社だよ?
  みんなもおかしいって言ってるよ」
(言ってねぇよ)
A「あそこまで仲良くされたら、私Bにいじわるすると思う」
(脅すなよ)
A「Bと付き合ってんの?え?付き合ってない?でもBはCのこと
  好きだと思うよ」
(勝手に代理で告白するなよ)


もともと合わないと思っていたけど、この日で決定的になった。
こういう粘着質な女、大嫌いだ。

女子飲み 

2006年06月16日(金) 1時51分
本日は珍しく、AとBともう1人女の子と4人で食事。
が、やはり話題は微妙にCの話題へ。

B「私Cにちょ〜似てる(←性格が)って言われるんですぅ〜。
  マジムカつくぅ〜。」
A「ふぅんまぁ似てるかもね〜」
B「しかも手相とかまでソックリなんですぅ〜。
  マジやだ〜。」

(・・・おいおい。手相とか普通の同僚で見比べる機会ないじゃん。
 怪しまれるようなこと言うんじゃないよ。)

B「で、あいつ(C)○○なトコロがあるからぁ〜」
A「へぇ〜

(Aの知らないCのエピソードを語ってくれるなよ・・・)


解散後、そっこうでAから電話がかかってきたがな。

ロックオン 

2006年06月02日(金) 1時37分
Aに「気晴らしに行きたい」と半ば強引に連れ出された。
晩ゴハンは案の定、Cの話に。
興味がまったくもてないから相当苦痛

そしてついにAがBとCの仲を疑いだした。
確かにここんとこ会社でもBとCは仲がいい。
加えて私は例の光景を見ているから、おそらくAが言うとおりでは
ないかと思っていた。

が、しかし。冗談じゃない
AとBと毎日ランチ一緒に取らなきゃならないんだぞ。
こんなところで三角関係が露呈したら、せっかくの昼休みが
まったく気が休まらないものになるじゃないか

とりあえず疑いをそらすようにまたもや適当に並べ立てた。
挙句
「いや、多分Cは童貞だったと思うね。」
などと口走ってしまった。
「そうか。セゾがそう言うなら私の勘違いかも。
 私もちょっと彼慣れてないなって思ったんだ」
とA。

ふぅ。。。

Xデー 

2006年05月26日(金) 1時31分
ついにきた。
弱っていたAに久しぶりに晩ゴハンに誘われた。
何かいや〜な予感したんだけど。
案の定、Cとの関係を打ち明けられた。

あ〜あ、これで私話聞き係に決定じゃん
私以外にあと2人社内で知っている人がいるらしいけど、
(ウチ1人はD)すでにDは電話&メールを毎日もらっているらしい。

どうやらCに「もう2人で会うのはよそう」と言われたらしく。
「それでも普通に話しかけてくる彼が、何を考えているのかわからない」

わからんのか。私には
「別れよう。でも業務に差し障りが出るのはマズイから、今までどおり
 同僚としては接するよ」
って解釈できるけどな。

が、Cの別れる理由が私にはわからない。
C「俺は結婚する女としか付き合わない。でもお前と結婚したいと
  思えない。だから別れよう」

だったら今までのは何だったんだい?
貞操云々なら話はわかるが、やることやってそりゃおかしいんじゃない?

------------------------------------------------------------
なぜ、私に打ち明けるのが遅くなったかを彼女から聞いた。
いや、別にずっと打ち明けてくれなくてよかったんだけど。

「だってさぁ〜、コレで実はセゾとCもデキてた、とかだったらイヤだもん。
 で、私ずっとそれ疑ってたんだ〜。いつもCに問い詰めてたの。(おいおい)
 ある日、彼がセゾにメール送ってるの知って、かなりキレて問い詰めたら、
 『セゾさんとはそういう関係じゃない。本当に。そういう対象ではない。
 だって。で、安心したの。」

何で好きでもない男に微妙にフラれた感を感じなくちゃいけないんだ。
ホント忌々しい。
------------------------------------------------------------

逆転 

2006年05月08日(月) 0時56分
G(グレー)W明け初日。
明らかに、明らかにAの様子がおかしい。
なんだか消耗しまくっている。

旅行2日目にB&Cの抱きかかえ現場を見た私には
なんとなく消耗の理由はわかっていた。

めんどくさいことになりそうだから、聞かなかったけどね。
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:burilog
読者になる
Yapme!一覧
読者になる