第1話 『出会い』 

2005年05月26日(木) 17時18分
第1話 『出会い』
●月×日、私、ダ○ラー津幡に行きました。
定時で仕事を切り上げ、キャッシュコーナーで2万5000円を下ろして、デミオで津幡へ向かいました。
デミオ内はこないだ買ったMD(MDLP対応)+CDカーオーディオ(4万円)でスピッツの渚を聞きながら
ルンルンとドライビング。ダス○ー駐車場に着き、車を止めて、「さぁ〜不二子〜待ってろよ〜
ノーマルビックをスーパービックに変換してくれるわ!ぐわぁーはっはぁー!」
などと頭の中は不二子2でいっぱいで、さぁいくかぁと車のドアを開けた、その時、俺の車の前に
白のクラウンが止まったんです。
そのクラウンの助手席にいた男(仮名:ジョージ[日本人])が運転手(多分、ボス)に一礼し、
車を降りて、颯爽と俺の目の前に立ったではありませんか。立ったではあ〜りませんか。
ほんで、そのジョージは黒ジャージ(down+town←不良の定番だね!)で一世代古いグラサンを
かけ、勿論(sure)リーゼントなんです。
まぁ、見た目ですぐわかりますね・・・アレですは。隠れキリシタンでないことは確かです。はい。
こーゆう時に踏絵があればなぁと後悔しましたよ。
まぁボスもおんなじ格好で黒ジャージにグラサンリーゼント。途中、どっちがジョージかボスか
わからなくなることもシバシバあったような、ないような・・・
っていうかボスは車から降りてこないんです!まさに不動のボス!これぞ不動ボス!!不ボス動!
俺はこの時、彼をフーボと名づけたのだった・・・

To be continue...

次回:第2話 『ジョージの生立ち』


この話はノンフィクションです。


にょっきでもつけてみよ 

2005年05月24日(火) 2時30分
今日はもうねもいので、この辺で・・・
2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:burikama
読者になる
Yapme!一覧
読者になる