【 更新情報 】

スポンサード リンク

ブレイクダンスは動画で学ぶ!

ブレイクダンスがもっとうまくなるためには、
何が必要でしょうか。

もちろん「練習」は必要ですよね。
しかし必要なのはそれだけではいけません。


ブレイクダンス上達のためには、
「他の人のダンスを見て勉強すること」ということも重要なのです。

しかし、ただ見ればよいというものでもないんですよね。

だって、上手すぎる人、自分とレベルが違い過ぎる人の踊りを見ても
なにがなんだか分からない時ありますからね。


なので、ブレイクダンスは何かしらの
動画で見ることをオススメします。

動画と言えば、例えばTV、ビデオ、DVD、ユーチューブ
などありますが、この中で個人的はオススメは、
「一時停止」、「遅回し」などができるDVD・ビデオです。

(自分のペースで見られるということです。)


僕がブレイクダンスを始めた頃は、
とにかく踊りまくることだけが大事だと思っていて、

動画で学ぼうなんて考えたことがありませんでしたので
かなり回り道をしてしまったと思っています。


ブレイクダンスは体で覚えるだけでなく
目からも学ぶことができるということですね!!

ブレイクダンス講座、スタートです!

ブレイクダンス人気高まってますね〜!
ここで少しブレイクダンス講座を開きます(笑)


【ブレイクダンスの内容講座】

ブレイクダンスは肩や首、手を使ってぐるぐると地面を回って見せた
り倒立して静止して見せたりというダンスです。

(ブレイキングは体操に近い感覚もありますね。)


【ブレイクダンスの歴史講座】

70年代後半にニガー・ツインズ・ズールー・キングス達の中から
フットワーク原型であるシンプルなステップが生まれました。

その後地面に手をつけたフロアースタイルやブルックリンで生まれた
ブルックリンロック等が生まれました。

さらに77年頃からブロンクスのプエルトリカン達が
ウィンドミルやヘッドスピンを開発し、今日のスタイルになったと
言われています。


【ブレイクダンスのブレイク講座】

ブレイキングは、映画「フラッシュダンス」のヒットにより、
世界的に有名になり、もちろん日本でも流行出しました。

そして最近では、「ナインティーナイン」の岡村さんや
「ガレッジセール」のゴリさんがテレビで踊っているのを見て、
やってみたいと思う人が増えているようです。

ブレイクダンスはチェアーから!

ブレイクダンスを始めようと思ったら、
まずは、チェアーですね。

ブレイクダンスの基本中の基本ですので、浮気せず
まずは、チェアーから練習しましょう。

流れとしては、ストリートで独学で始める人が多いと思うのですが、
やっぱり本気でやりたいと思うなら、色々と情報集めて
ブレイクダンススクールに行くのが近道でしょうね。

(ただ、ストリードはいろんな意味で刺激的ですけどね!!)


ちなみに私はチェアーが1週間くらいでできるようになりましたが、
友人の中では、ブレイクダンスまったくの未経験者でも
1日でできてしまった人もいれば、
1ヶ月経ってもまだできない人もいます。

やはりブレイクダンスも他のスポーツ同様、
できるようになるスピードは人それぞれなんですよね。

なので、焦せる必要はありません。
とにかくブレイクダンスを楽しみましょう!!

そして、チェアーができるようになったら、
「俺はブレイクダンスできるんだ〜」と自慢しましょう(笑)


ちなみにブレイクダンスで一番怖いのはケガなので、
これだけは注意して、練習をがんばってくださいね。

ジュニアのブレイクダンス、大盛り上がり!!

「自分のお子さんに、ブレイクダンスを習わせたい!!」
と言う方が、かなり増えてきているようです。

(特に若い親御さんに多いようですね。)

ちなみにブレイクダンスというのは、
くるくる回ったり、色々足を動かしたりするダンスです。

ナンティーナインの岡村さんがテレビでよくやっていますので
けっこうご存じの方も多いですよね。


ちなみに正式には「ブレイクダンス」ではなく、
B-BOYINGと呼ばれるダンススタイルだそうです。
(これはどうでもよいですね・・・。)


自分の子供があのように踊れたら、かっこいいですよね〜。
そんな時流から最近はジュニアのブレイクダンス教室も
もかなり増えているようです。

ちなみに、お子様にブレイクダンスを習わせるに当たって
親御さんが一番気になるのはなんだと思いますか?
それは・・・

洋服なんでそうです。
しかし、これははっきり言って、なんでもよいと思いますよ。

ジュニアのブレイクダンサーとして、
本人、親が満足できるものが一番よいと思います。

ブレイクダンスは見た目も大事ですからね!!
レッツエンジョイですね!!

ブレイクダンスのウィンミドル大好き!

ブレイクダンスを始めると、ウィンドミルにあこがれますよね〜。
かなりかっこいいです!!

(むしろ、ウィンドミルにあこがれて、
 ブレイクダンスを始めるパターンがほとんどかもしれませんね。)


しかし、ブレイクダンスのウィンドミルは
見た目以上にかなり難しいです。(見た目通りでしょうか・・・。)

「俺、かっこよくウィンミドルできてる!!」
と実感できるようになるまでは大体半年から1年ははかかるでしょうね。


スポーツと同じですが、いきなりウィンドミルから練習するのではなく、
まずはブレイクダンスの基本の技であるチェアーなどから
やっていったほうが、以外と近道かもしれないですね。。


「でも、ブレイクダンスは
 やっぱりウインドミルでしょう!!」


というあなた、ぜひこの2つに注意して練習してください。
なぜかというと、だいたいウインドミルができない原因はこの2つだからです。

1.開脚のキープができていない。
2.うつぶせの時にあごが出て頭が床から離れている。

どちらも下半身が落ちる原因となってしまい
足が床にひっかかって回れないのです。


ぜひがんばってくださいね!!