なんか思い出したから 

2011年04月27日(水) 20時12分
二年ほど前まで、風俗(SM系)のお仕事してた。(専門学校→地元近くで仕事→勝手に引越し→風俗)
まぁ、専門学校に行ってた時も、ちょくちょく援交してた。
『何の役にも立たない自分が、お金を得ることが出来る・・・。お金を払ってもらえる程の価値があった』
そんな愚かなことを考えてた。
客が付くたびに、
『ほら、私は必要とされてる。』
って自己確認?してた。
風俗するために、仕事も辞めた。

金銭感覚が狂った。
つか、狂うのは知ってたけど、その時は一杯好きなことして、好きなように生きて、25歳くらいになったら、死ぬつもりだった(あほすぎるww)
その一方で、両親には
「飲食店で働いてます」
って言ってた
因みに、月に何回か帰って来いって言われるまま実家に帰省してました(どんだけチキンww)

なんか、半年くらい働いてて、ヒデ君に会った。
風俗嬢だって言うのが出来なくて、
「会社の受付」
って言った(何故言った・・・自分)
まぁ、ヒデ君は
『こんな可哀相な(アタマが)娘が普通の職業のわけが無いなww』
って思ったらしいです(泣)
で、付き合ううちに初めて風俗の仕事をしている自分がなんかイヤになった。
裏切っている思いがした。
こうなると、
『別れよう・・・別れなきゃ・・・』
ってパニクって
「ごめん・・・。私、嘘ついてた。風俗の仕事してた。別れよ。」
っていったら。
ヒデ「いや、知ってるから。つか、むしろホッとした。」
私「・・・? なんで?」
ヒデ「お店に勤めているなら、援交してるより、病気の確率は多少は低くなるしね。つか、今度検査つれてこうと思ってた。」
私「いや、普通・・・風俗嬢って知ってたら、ひくだろっ。」
ヒデ「いや、言わなかったっけ?俺、昔風俗店の店長だったしww」
私「いや、知らん・・・。つか、これで別れる気にならないのが、オカシクね?」
ヒデ「おかしいのはキミだからwwつか、エイズとか検査しなよ。なってたら、早くに治療なり処置なりせな。」

てなかんじで、辞めろとも言わなかった。
その一ヵ月後、両親にバレた。
母親の言葉
「辞めるよね?」
辞めようと思ってたから、辞めた。

なんか、親に言われたから、辞めた感じがするのでなんかいや




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:イトキチ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1983年3月3日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:大阪府
  • アイコン画像 職業:
  • アイコン画像 趣味:
    ・寝ること-いわゆる駄目人間 ^-^
    ・蹴られること-わりかしイタメがいいかなww
    ・いい加減に仕事する事-だから人罪なのね★
読者になる
なんか・・・ここ一年で自分が駄目になった気がする・・・って飼い主にいったら、「もともとだから」ってさ・・・(T T)
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる