スタートアップと起動遅い

August 16 [Tue], 2011, 15:58

windows 起動 遅い問題をきたす一つの問題原因はスタートアップに関わっています。

なぜかという、まず、スタートアップとは何かを簡単に紹介いたします。

スタートアップとは、システムの起動と同時に起動させて、自動で実行されるものです。ユーザーは自分でよく使うアプリケーションをスタートアップに設定することができます。常駐ソフトとも言われます。

確かに便利です。しかしながら、常駐ソフトが多すぎると、大量のシステムリソースを消費しますので、特に、多くのメモリの空き容量を消費しています。ほかの大量のメモリを消費する必要が有るアプリケーションを稼動しようと、メモリ不足をきたす恐れがあります。パソコンのメモリが足りないと、windowsxp 起動 遅いをきたすだけでなく、アプリケーションの動作スピードにも影響しています。

パソコンの使いにより、設定された常駐ソフトも多くなるでしょう。定期的に管理すると薦められます。したがって、windows 起動 高速化には、使わないアプリケーションをスタートアップから削除する必要があります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:buranzeny
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/buranzeny/index1_0.rdf