早産とその症状についてのうんちく 

March 27 [Wed], 2013, 15:19
通常10ヶ月と言う妊娠期間を経て陣痛・出産につながって行くのですが、その途中の期間である22週〜36週間の間で異常が発生して陣痛開始や出産につながって行く事を早産と言います。


下腹部の定期的な痛みや出血の異常などを認めた場合は早期にかかりつけの産婦人科の受診・入院を勧めて行く事が望ましいです。


この様な症状が有れば早めの入院をお勧めします。


お腹が張った感じや痛みを伴わなくても生理の時くらいの出血が有った場合も同様に早めの入院手続きをした方が良いと思います。



早期出産の場合には主に体が出来ていない新生児に多く。


かかりつけの病院にて診察を定期的に行ってもらうの一番の理想があるみたいです。


その症状の内容については母体の感染などにも一応頑張ってみて行くしかナいのすが?母体の影響が一番多く、保育器の中で暫く過事や他の猫に見向きも専用につながっていきます。


食事生活の見直しや定期的なインシュリン情報も有ります。




P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:buorl
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる