驚愕のBiogon-U 

October 15 [Sun], 2017, 13:40

先日、友人の「水戸のご老公」がザギンに行った時に通称:銀座の八百屋さん(レ◯ン社)にてCCCP製のレンズを買って来てもらいました。

ロシア製レンズはシリアルNo.の前2桁が製造年なんです。
このレンズは私と同い年の1962年製
私はガタが来てますが、このレンズは問題無し😅


iSO-6400、sec-1/1000という意地悪な設定でもカメラ・レンズ共に粘ってくれました。


レトロなレンズでレトロな景色を…。
開拓の村ではありません。
現存する地元の公民館です。


周辺光量落ちは好きです。


緑の廻廊です。
ここへ来ると落ち着くんです。


このレンズ、直接光が無ければそこそこ…しかし、


チョッとでも直接光が入ると…wao!


狛犬にもブルーリングが…


ブルーリングが普通に出演するレンズです。


うまく利用すれば天国への階段の先は靄が掛かった様になります。


開山1300年の白山です。
ガラスに反射しているのはフレアでは無く、白山比盗_社です。


1962年はキューバ危機のあった年です。
フルシチョフと若きJFKの時代。
この時代のCCCPレンズって良く出来た銘玉(迷玉)が多いんです。
みなさんも一緒に迷ってみませんか😅💦

α7+Jupiter-12(Kiev-mount)35mm/f2.8

by逆光仮面のオジサン

35年ぶりの小樽 

October 12 [Thu], 2017, 23:34
小樽には、月に2〜3回は帰っているのですが
小樽の街中や観光名所は、たぶん35年くらい歩いてませんでした
先日、ちょっと時間が取れたので、ぶらぶらと〜

一番行ってみたかったのは、ここ宗円寺五百羅漢
しかし、五百羅漢は寺内に在り撮影禁止でした
だ〜れも居なかったけど、「仏様がみている」ので
おもてのお地蔵さんだけ撮影して来ました!



アーケード街は、とっても懐かしかったけど
知ってるお店は数件でした

ガード下には父の行きつけの寿司屋が在ったのですが
この辺も、すっかり変わっていました



「オルゴール堂」から「北一硝子」「ルタオ」の道は
観光客で溢れかえっていました〜



もしかして

綺麗になってからの運河通りを歩くのは

初めてじゃないかしら?


たまには歩いてみないとね!
だって、生まれ故郷なんだから〜

by店主

NIKON D600
TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8(Model A09 ENII)

富岡の幻影 店主ver 

October 05 [Thu], 2017, 20:28
先日、金沢支店長から
AUTO YASHINON−DS 50mm/f1.9を
送って頂きました
初めての「富岡光学」です!

ここのところ、お天気が安定せず雨ばかりでしたが
やっと、晴れました〜

痛車発見!

これも、どこかで見たような・・・

久し振りの「ゆで太郎」

錆が好き

だんだん、秋は深まります







椰子呑、f1.9と50mmとしては左程速くないはずなのに
兎に角ピンが薄いです
取り敢えずのテストでしたが、今度はもっと画になるものを!

by店主

ILCE-7M2
AUTO YASHINON−DS 50mm/f1.9

ザイデルの5収差 

September 27 [Wed], 2017, 23:30

名高いニッコールの中にも収差の総合デパートの様なレンズが存在しました。
『ヨンサンハチロク』という名のレンズはニコンが世界で初めて作った標準ズームでした。
現代では43mm-86mmは中途半端なズームサイズでしか有りませんが、当時は相当売れたそうです。
考えてみれば43mmという画角は人間の目の画角に非常に近い様で、Pentaxの銘玉にも43mm単焦点が有りますネ。

43mm、ディストーションが発生しています。
右側の縦ラインが歪んでます。
歪曲収差(樽型収差)


86mm、逆ディストーション
額縁の左の縦ラインが歪んでます。
歪曲収差(糸巻き収差)


球面収差
周辺光量落ち


像面湾曲
平面の中心部の解像に対し周辺解像度が若干落ちてます。


見ての通り周辺減光です。


これも像面湾曲です。


樽型収差
本来はまっすぐはコンクリート柱の外側が樽型に湾曲しています。


コマ収差
サジタルコマフレアです。


86mm側の見事な糸巻き収差です。
両端の電柱とポールが外側に湾曲しています。


43-86ズーム


いかがでしたでしょうか?
球面収差とコマ収差と非点収差と像面湾曲と歪曲収差に我慢すればとっても良いレンズと思います

α7+Zoom NIKKOR C Auto 43-86/3.5(前期7群9枚Model)

by逆光仮面のオジサン

琢磨は、突然遣って来る! 

September 25 [Mon], 2017, 22:28
先日、レオタックスを直してくれた家具職人が
ゴミ袋にASAHI PENTAXの箱を入れて持って来ました
中にはPENTAX SP+SMC TAKUMAR55mm/f1.8キットと
SMC TAKUMAR85mm/f1.8
そして、各々フード・フィルター・ケース・取説・プライスタグまで入っていました
すべて新品と云っても良い程の状態でした
叔母さんの遺品整理をしたところ、押し入れの中から出て来たそうです

早速、開拓の村で85mmのテストです

中望遠一本での開拓の村は前回で懲りてるはずなのに
性懲りもなく、また行ってしまいました





















45年以上の時を超えて遣って来た琢磨
修業が足りない私には、まだまだ手に負えませんでした

by 店主

ILCE-7M2
Super-Multi-Coated TAKUMAR 85mm/f1.8

最強のSnap-Shooter 

September 23 [Sat], 2017, 19:49

マスターから大型リアキャップが余ってると聞き、OLYMPUSのm4/3機を頂いちゃいました。
宮崎あおい起用のCMでお馴染みのオリンパスPenです。
実はオリンパスは使った事が無かったんです。
頂いたのはE-PM1、Penシリーズ当時の最軽量モデルです。
最軽量モデルには最軽量のSnapレンズ、G14を着けてみました。

ご近所散歩、Pepsiの青が綺麗!


狛犬の門兵
色が浮き立ちます


蝉の抜け殻
接近戦にも強いG14


後ボケはとっても素直


忍び寄る秋の気配


近所の夕陽
火事ではありません


海辺でタソガレてみました
広角のパースが引き立ちます


OLYMPUSにPanasonicの組合せ


E-PM1はカメラ上部にModeダイヤルを持たない機種。
徹底した簡素化で可動モニターも持たず、その分、軽量化に貢献しているみたいです。
わずか55gのG14と合わせると最強のSnap-Shooterが完成しました。
いわゆるエントリー扱いなのでしょうが、私にはLive-MOSから吐き出される色調は新鮮です。
マスター様、ありがとう!

OLYMPUS Pen mini E-PM1+LUMIX G14/2.5 ASPH.

by逆光仮面のオジサン

HEXANONの真実 

September 17 [Sun], 2017, 18:27

マスターからの悪魔のささやきで入手していたKonica-ARマウントのアダプターが有りました。
AR-HEXANONは既に市場から枯渇してるので手に入る事は無いと思ってましたが、アダプターが手元に来ると自然に集まるもんです。

中間距離(絞り5.6)
夏の空気と秋の空気が混じる様になりました。


遠景、絞り開放
シャッタースピードを稼ぐと周辺光量落ちがハッキリ出ます。


近景、後ボケはとっても素直。


能登半島の展望台から


北陸の観光地では有名な千枚田


神戸ビーナステラスほど有名では無い恋路海岸
Loversがカギをかけに来ます


12時の位置に特徴の有るパンケーキレンズ


フィルムカメラの時代には五大メーカーの陰に隠れ、あまり日の見る事の無かったHEXANONレンズですが時代が変わり、デジタルで使える様になると元々数の無かったHEXANONは枯渇し、市場に出回るのは手荒く扱われたB品が多くなりました。
このAR40/1.8、パンケーキですがテッサーでは有りません。
5群6枚のUltronタイプなんです。
当時の技術者の心意気を感じます。

α7+KONIKA HEXANON AR 40mm/f1.8

by逆光仮面のオジサン

夕陽に輝くNorthshore Surfer 

September 10 [Sun], 2017, 10:04

S爺から頂いた便利ズームを久し振りに持ち出してみました。
広角から望遠までコレ一本というスタンスが単焦点好きには何とも信用出来ず、今迄持ち歩く事を躊躇っていました。

渚のアオハライダーズを広角側で撮るには充分な性能です。


渚のロンリーチャリダーを望遠側で撮ると解像の甘さが出る様です。
(なんで渚にチャリンコ?)


沈もうとする夕陽の先にSurfer達が…


普段は静物ばかり撮ってるんで動体物は難しい。


夕陽に輝くSurfer


素敵なSurfer達でした


便利ズームって使い方次第なんですね。
その時の空気を伝えたいと思った時にその場で切り取れる。
これって便利!
だから便利ズームなんだぁ〜と改めて認識しました。
S爺様、ありがとう😊

Pentax K-7 + TAMRON AF 18-200/3.5-6.3(model:A14)

by逆光仮面のオジサン

稔る田の奇蹟 

September 06 [Wed], 2017, 23:07
ここのところ皆さんの投稿で賑わっていて、とっても嬉しいです〜
さて、今回は修ちゃんから譲って頂いた
MINOLTA AF 85mm/f1.4 Gのテストです

以前、135mmで撃沈しAPSCの50mm(ライカ版換算75mm)でも苦労をしたのに
懲りずに85mm一本で出掛けて仕舞いました

やっぱり難しい



機械を撮るには向いてるかな?

なんだか分からないかも知れませんが、機械が好きです

電球って、雰囲気好きです〜

すっかり、秋です

みんな望遠レンズの達人になっていますが、
私は中望遠使うにも、四苦八苦しています〜

by 店主

ILCE-7M2
MINOLTA AF 85mm/f1.4 G

支笏湖の楓沢の旅〜♪@魔王 

September 05 [Tue], 2017, 22:13
どうも魔王でございます
立て続けの記事ですみません、でも載せられるときに載せときます。

闇斬りの修さまと急遽、支笏湖の楓沢に行ってきました
苔の写真を見て私が行ってみたいと言い出し、修さまには色々とたくさんお手数をおかけしました(笑)

それで連れていってくれた修さまより一足早く記事載せるの申し訳ないかなぁと思ったのですが、載せてみたくなったので載せます

それでは以下、自然と苔の世界をどうぞー

一枚目、倒れた木と苔壁の写真。
なんだか苔の世界って感じで、空気が変わった気がしましたね。
ト○ロが出てこないかなぁと思ってしまいました(笑)


二枚目、苔むした岩場の写真。
苔だらけの岩が密集していて、これまた神秘的でした。
狭い道を通るところもあり、案の定、頭をぶつけるという(笑)


三枚目、明るい苔の写真。
光と苔の緑がとてもキレイだなぁと思った一枚。
苔の壁は触ってませんが、見た感じふわもこでしたね。


四枚目、木から一本(単位あってます?)生えたキノコの写真。
この一本だけ生えているというのが面白いなと。


五枚目、苔壁をにょろにょろしてるカタツムリの写真。
行きは気づかなかったけど、帰り道で気づいたカタツムリ。
にょろにょろ〜。


六枚目、プチキノコを発見してテンション上がった一枚。
さて、キノコはどこにあるでしょう?(笑)



七枚目、自然のナマハゲの写真。
修さまと顔みたいだと爆笑した一枚。
笑ったナマハゲみたいですね。


八枚目、柱状節理の写真。
私の第一印象は、土のお城が集まった町でした。
でも、小さいモアイにも見えましたね。


以上、楓沢の旅でした

途中、険しい道のりもありましたが、なんとか色んな写真を撮れてよかったです。
とても楽しく、ドキワクの連続の旅でした

ぜひまた面白いところに行ってみたいと思った今日この頃です。

魔王でした
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マスター
読者になる
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像逆光仮面のオジサン
» 驚愕のBiogon-U (2017年10月16日)
アイコン画像マスター
» 驚愕のBiogon-U (2017年10月16日)
アイコン画像マスター
» 35年ぶりの小樽 (2017年10月16日)
アイコン画像逆光仮面のオジサン
» 35年ぶりの小樽 (2017年10月15日)
アイコン画像マスター
» 富岡の幻影 店主ver (2017年10月09日)
アイコン画像逆光仮面のオジサン
» 富岡の幻影 店主ver (2017年10月07日)
アイコン画像かな
» ザイデルの5収差 (2017年10月03日)
アイコン画像逆光仮面のオジサン
» ザイデルの5収差 (2017年09月29日)
アイコン画像マスター
» ザイデルの5収差 (2017年09月29日)
アイコン画像マスター
» ザイデルの5収差 (2017年09月29日)
ヤプミー!一覧
読者になる