最終話 

January 10 [Tue], 2006, 4:58
新年明けましておめでとうございます。

本当に久しぶりの投稿です。1ヶ月半ぶりくらいです。

これまで、このブログで恋愛の愚痴や苦悩をイヤというほどぶちまけてきましたが、今回はその完結編です。
つまり、私の恋愛の悩みが解決したのです。
具体的には、「恋人の気持ちが戻ってきた」ということです。


詳細は追記にて。

笑うしかない 

November 10 [Thu], 2005, 16:58
何故か、書きたくて仕方がなかったので、書いてしまった。
思いっきり私の心情を吐露しまくってます。
表面上と、深層部分。こんなにも温度差があったんですね。
上手くいっているフリをするのは、結構疲れます。
もし、この状況が恋人の同情心からもたらされているものであったとしても、私はそれを甘んじて受け入れることでしょう。
苦しくないから。とても楽だから。
もう、麻薬みたいなものなんでしょうね。恋愛って。




私のぶちまけ感情を読みたいという奇特な方(褒めてるんですよ!)は、下の続きからどうぞ。

曖昧です 

November 09 [Wed], 2005, 0:42
久々の更新です。
読んでる方、放置気味で申し訳ない。

私と恋人は、今はそれなりにうまくいっている気がします。
腹の中ではどう考えてるのか分かりませんが。
気になる男の子もいないし。
恋人が言葉で気持ちを表してくれたら、それだけで信じれるのに。
まだ、「付き合ってもらっている」という感覚が抜けません。
私のこと、好きになってもらえたのでしょうか。
何故彼は私と毎週会ってくれるのでしょうか。
惰性でしょうか。暇つぶしでしょうか。
それとも、少しは愛が有るからなのでしょうか。
知りたいけど、知りたくないという気持ちです。

他の人に、目を向けたほうがいいのでしょうか。

正直、困惑しっぱなしです。
このちゅうぶらりんな感覚。何というか、私の微妙な立場。
やっぱりハッキリさせて、一区切りつけるべきでしょうか。
どう思っているのか聞くべきでしょうか。
マイナスの返事が返ってきたら、ものすごく傷つくでしょう。
でもね、私たちの関係は、3月末までって決まっているんですよ。
明確にそれを言葉に出したわけではないですが、こんな状況で遠恋に突入できるわけないです。
遅かれ早かれ、来年の初旬には決着がつくんです。
それまでは、傍にいてくれるなら、それなりに楽しもうかとも思ってます。
中途半端ですが、流れに身を任せるのは得意なので。

ダメダメですが、やはり様子見なようです。

幸せの感じ方 

October 18 [Tue], 2005, 3:30
毎日、それなりに生きているけど、そんなに楽しくないわけで。
先のことに対する不安はあるけど、切羽詰まるほど苦しくない状況。
これ以上を求めることは、私のないものねだりなのでしょうか。

願わくば

恋人の心が前のように戻ってくれたら

ふいに起こる寂しさが去ってくれたら

もっと勇気が持てたら

虚無感を拭い去ることができたら・・・

そう思います。

幸せな生き方って、どうしたら出来るのでしょうか。
どうなれば、幸せと感じられるのでしょうか。
心が満たされるのでしょうか。
私は、どうなりたい、どうありたいのでしょうか。

脆いなあ、私。
考え出すときりがないです。

朝ですね 

October 13 [Thu], 2005, 7:50
快晴で気持ちいい。空気も澄んでいて、深呼吸したくなります。

何も進んでいない恋愛を、相変わらず続けています。
恋人の本心が分からない状況に慣れてきてしまいました。
不安な気持ちに変わりはありませんが、耐性が付いてしまったというか。
怖いですね。

どうしたらいいのか分からない時が多々あります。
私はどれくらいの距離感で恋人と付き合えばいいのでしょうか。
自問自答です。

この状況に慣れてきて、感情のふり幅が落ち着いてきたとしても、実際に「別れよう」などと言われたときは確実に血の気が引きます。
別れ話がいつきてもある程度冷静でいられるように、いつも覚悟だけはしているつもりです。
寂しい話ですね。

苦しいって気持ちが分からなくなってきました。
今の状態は、一般的に間違いなく「苦しい」の範疇に含まれると思います。
でも、私は残念なことに、この状況を「普通」として受け止め、尚且つ小さな幸せを噛み締めようとしています。
心が、麻痺してきたんでしょうか。
きっと苦しいんだけど、普通と思い込まないと壊れてしまうのでしょうか。

結局今の状況を打破する力がまだ私には備わっていないので、どうにも出来ないのです。
現状をありのままに受け入れることは、諸刃の剣なのだと気付きだしました。





訳の分からない文章で申し訳ない。

根底にあったもの 

September 28 [Wed], 2005, 1:37
好きな人に「好き」と言えない事が、こんなにも辛いなんて思わなかった。

傍にいて、と願うことは我儘なのでしょうか。口に出さなければ我儘にはならないのでしょうか。
最近、とてつもなく寂しい気分に落ち込むことが少なくなってきました。寂しいという感情を受け入れられるようになってきたからでしょうか。
誰かに傍にいてほしくて、甘えたいと思っているのに、心の片隅では一人が気楽、と考えている私。
大いに矛盾しています。
一人でいるときの楽しみ方もそれなりに身に付けました。でも、一人よりは二人の方が楽しいのです。
「会いたい」と伝えることは、とても難しい。相手の気持ちを思いやればこそです。
だから、私は何も言えないのです。
ううむ。やっぱり恋愛って難しいなぁ。

突然ですが。
私は、誰かの話を聞くことには長けているのですが、誰かに話をすることが不得手なのです。
それが分かってきました。
人は、誰でも話を聞いてもらいたいのだと思います。でも、私は話を聞いているほうが楽なのです。何故でしょう。
それは、人をちゃんと信用していなかったからです。「私の話なんてつまらないわ、聞いてもらっても楽しくないわよ」と若干卑屈になっていたとも思います。
それではいけないのです。人と接したいと思うのであれば、人を信用しないといけないのです。
自意識過剰になってしまうのも、ネガティブに考えてしまうのも、全て他人への信用度が低いという問題が根底にあったからなのだと思います。私を苦しめる諸悪の根源の一端が見えた気がしました。
当たり障りのない人間を演じて生きてきたわけですが、自己主張も大切だと今頃になって実感しています。だって、私の周りの人たちは濃すぎるんだもの・・・。
ゆっくり、自分をさらけ出していこうと思ってます。
まあ、本心は、黙ってても居心地の悪くない人と一緒にいたいんですけどね。
以上、ちょっとした決意表明でした。

繋がれた夜 

September 26 [Mon], 2005, 4:51
ふと、思ったことを書きます。
詩、みたいなものです。嫌な人は読まないほうが賢明です。



眠ってしまえば朝が来て、日が昇って明るくなるのに、寝ようとしないのは何故だろう。
誰を待っているの?誰を望んでいるの?
ただ、寂しいだけなのね。人との関わりを求めて、ネットの海を泳いでいるのね。
朝は待つものじゃなくて、来るものだよ。
刹那的な感傷に浸りながら寂しさを紛らわせるくらいなら、いっそ睡眠という本能の水面を漂ったらいいよ。
それが健康的だ。
考えるから悪い方向に進むんだよ、考えるの止めよ。
夜は起きてなくていいんだよ。何もすることはないよ。
起きてないといけないなんて、寝たくないなんて、思っては駄目。
本当は寝たいくせに、やらなくてもいいことを次から次へと見つけて、時間を潰すのね。

さあ寝よう、人と繋がるのは今すべきことじゃないから。
おやすみなさい。

元彼と 

September 23 [Fri], 2005, 2:02
相変わらずもやもやの私。
今日は元彼に髪の毛を染めてもらいました。
恋人の話になって。元彼に「彼氏とはどうなってんの?」と聞かれました。
私は「うーん、なあなあかな」と返しました。
元彼は私と恋人との微妙な関係をちょっと知ってるので、これからの話になって。
恋人とこれから付き合っていくなら、私たちは遠恋になります。
私が「遠恋になって、別れたら別れたでいいわ」みたいなことを言ったら、元彼は「それって隙って言えるの?」と言われました。
痛いところを付くな、と思いました。
元彼は続けて、「俺は恋愛は1か0かのどっちかだ。好きって言えないのに、何でこの状態を続けるんだ」と言いました。
正論です。その通りだと思います。
私も前はそうでした。1か0かのどちらかで、恋愛が始まったり終わったりするんだと思ってました。
でも、今はちょっと違う。
0.5があるんじゃないかって思う。
だから、「確かにそうだけど、まだ答えを出す勇気が無いんだ。私寂しがりやだからさ。一人で大丈夫だって思えるようになったら、きちんと答えを出そうと思う」と元彼に言いました。
急いで答えを出す必要はないと。この期間が、私にとって辛いものであっても。
今答えを出したら、もっと辛くなると思うから。
元彼は、「そうだな、お前のペースで考えた方がいいよな」って言ってくれました。
元彼と、綺麗な別れ方をしてよかったと思う。そして、こんな風に、お互いの恋愛の話を出来る関係になれてよかったと思う。
私が昔好きになった人が、この人で良かった。
そう、しみじみ思いました。

何故か元彼の話になってしまいましたが、もちろん元彼に未練なんてサッパリないです。
だからこそ、今日みたいに話せるのでしょうね。
今の恋人と別れたとしても、この元彼のように、過去のことも普通に話せるような関係に慣れたらいいと思いました。

享受 

September 19 [Mon], 2005, 1:37
15日は恋人の誕生日だった。
一日おもてなしデートして、ちょっと豪勢な夕食食べて、プレゼント渡して。
キスして、抱き合って、いちゃいちゃして。
素直に恋人は、「嬉しい」と言ってくれた。
私は、恋人に気の利いた言葉なんて、何一つかけられなかった。
恋人の気持ちが私にあるのかわからないから。
普通、「これからも仲良しでいようね」とか、「一緒にいようね」とか、「大好きだよ」とか、甘い言葉を言うものだろう。誕生日だし。
「生まれてきておめでたいね」と言うのが精一杯だった。
それでも、恋人が喜んでくれるのが嬉しかったし、せっかくの誕生日にグダグダした話を蒸し返すのも気が引けた。
だから、口下手なフリをした。

誕生日が終わって、来月は私の誕生日だから、恋人に「何がほしい?」と聞かれた。
私が一番ほしいのは、アクセでも服でも靴でもない。
恋人の恋愛感情だ。
私に「好き」って言って。気持ちを頂戴。
ただ、それだけ。
もちろん、言えるわけなかった。

今でも、この関係がいいのか悪いのか、ハッキリさせるべきかさせないべきか、悩んでいる。
一緒にいて、楽しい、嬉しい、切ない。
私、最初は我慢して、頑張ってた。改善しようって。
でも、今は頑張ることに疲れてしまった。だから、頑張ってない。
もう、受け入れることにしたから。
恋人が何を考えているのか、私にはもちろん分からない。
でも、私と週に1回は会ってくれるのは事実。歩いてて、手を繋いでくれるのも事実。
今は、それでいい。言葉がなくても、ラブな雰囲気がなくても。
一緒にいてくれるのなら。私といて、笑ってくれるのなら。
そう考えています。

そろそろ危ない 

September 10 [Sat], 2005, 4:51
ずっと「辛い」とここに書き散らしてきましたが、そろそろ限界に近づきつつあります。
私と会ってくれて、「今度旅行に行こう」とか言い出して、普通にすることもして、恋人という関係を保っている私と彼。
なのに、気持ちを全く言ってくれず、私に「別れよう」と言ったときの気持ちと変わらないままなのか、それとも少しは好きになってくれたのか、全く分からずじまいの状況です。
私は彼のことが大好きなので、気持ちが分からないまま付き合い続けていくのはとてもキツイことなのです。
恋人という関係は、対等なはずです。片っぽがどうにかあわせて無理矢理続けていくものでは、本来ないはずなのです。
その考え方では、もう私たちは終わってます。
でも、「好き」という気持ちはとても厄介で、どうにかして関係を続けたいと思ってしまうんですよね。
恋人は、今どう思っているのでしょうか。
私と無理して付き合っているのなら、正直言って、もうやめたい。
別れたら傷つくだろうし、凹みもするでしょう。
でも、ハッキリしないままこの状態でズルズル行く方が、私にとっては辛いのだ、ということに気付いてきました。
私は、彼にとってどういう存在なのでしょうか。
私は、彼にとって必要なのでしょうか。
分かりません。
今、悩みすぎて体調を崩しつつあります。
ハッキリさせることが一番の薬なのだということも分かってます。問題は、私に現実を受け入れられる容量があるか、ということ。
今のままでも、楽しい。でもそれ以上に辛い。どんな顔をして、どんな声を出して、どんな態度で恋人と会えばいいのか分からない。私は彼女なのかも微妙な立場なので。
付き合ってたときのように振舞うことは、出来ないんです。
嫌われるのが怖い。もうずっと、恋人が何を考えてるのか妄想してます。ネガティブな方向に。
私は、こんなに自分を痛めつけてまでこの恋愛を続けたいのか。
体がどこまでもつのか。心がどれだけもつのか。
自分なりに、もう少し考えてみようと思います。
ハッキリさせられたら、どんなに楽なのだろうか・・・。

P R
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■プロフィール■
名前:ウシャ
趣味:お絵かき、知らないお店めぐり
年齢:21歳(もうすぐ22歳)
人見知りではないけど面倒くさいときは人見知りのフリをする、天邪鬼な大学生です。常に満たされない思いと戦いながら、それが人生と悟ったり(笑)。最強に面倒くさがりだけど、バイトやら勉強やら、しなければならないことはそれなりに一生懸命取り組むという、若干真面目な女の子だと自負している今日この頃。気持ちのコントロール方法模索中。
最新コメント
アイコン画像今度遊ぼうよ♪
» 最終話 (2006年01月13日)
アイコン画像ウシャ
» 最終話 (2006年01月12日)
アイコン画像欲張りマダム
» 最終話 (2006年01月10日)
アイコン画像らら
» 最終話 (2006年01月10日)
アイコン画像うしゃ
» 幸せの感じ方 (2005年10月25日)
アイコン画像らら
» 幸せの感じ方 (2005年10月21日)
アイコン画像うしゃ
» 根底にあったもの (2005年10月04日)
アイコン画像らら
» 根底にあったもの (2005年10月01日)
アイコン画像ウサ
» そろそろ危ない (2005年09月15日)
アイコン画像らら
» そろそろ危ない (2005年09月12日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bunnyboy
読者になる
Yapme!一覧
読者になる