恋人の友達

September 18 [Sun], 2011, 21:07
この前名古屋に行ったとき、恋人の長年の親友に会った。
挨拶をするほんの少しの時間しかなかったんだけど。
二人は同い年。
恋人も彼の親友も多分実年齢より若く見られる方だと思うんだけど、それとは関係なく、ほ〜と思うことがあった。
私と彼らは年が19才はなれている。
なんというか、彼の親友は「親戚のおじさん」的な世界の人に見えたのだった。
私自身は恋人に対して「好き」というフィルターがかかっているから年の差なんかただ記号、くらいの認識だけど、ああ、私と恋人って知らない人からはこう見えてんだなあ、と思ったりした。
恋人の友達を紹介される、というと、自分もうちとけて仲良くしゃべる、というイメージがあるけど、なんか私から見るとその知らない人は親戚のおじさんっぽいのだった。
その人の人格に関係なく。それが年の差なのね、と思った、恋愛はふしぎ。

ツイッター

August 26 [Fri], 2011, 23:32
始めてみたよ。

http://twitter.com/#!/izu_sara

淋しさとお花

August 09 [Tue], 2011, 16:31
淋しくて仕方がなくなると、会社帰りにお花を買う。

枕元のお花に守られて眠ると、いい夢を見たりする。

お花があると部屋の空気がやわらかくなる。

もし精霊というものがあるとしたら、こういう……ふわっとしたやさしさみたいなものを言うんじゃないかと思う。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:せーら
読者になる
小説家の弟子 グラフィックデザイナー。
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる