脳内電波な話!!

April 08 [Fri], 2011, 19:27

足の下には地殻があって
その下にはマントルがあって
その下には核があって

地表から対流圏があって
その上に成層圏があって
オゾン層があって
成層圏界面があって
その上に中間圏があって
中間圏界面があって
その上に熱圏があって
電離層があって
熱圏界面があって
外気圏に着いて
外気圏は重力の束縛が弱いから
気体分子や原子が宇宙に流れてって
それが高度800km以上の出来事で
宇宙って神秘!!

星って沢山の水素とヘリウムのガスの癖に綺麗だよね
その核融合反応が星が輝くエネルギーの源で
でもそれ使い切っちゃうと光れないから死ぬんだとさ

小学生の時にNHKで星が死んだ写真を放送してるの見たことがあって
まぁ要は爆発してるから綺麗だったよ
宇宙版花火みたい?笑

星って生まれた時の重さでほぼ一生が決まるんだって
核融合反応を続けて水素が無くなるだけじゃなくて
水素の燃えカスのヘリウムと
ヘリウムの燃えカスの炭素や酸素が星の中に溜まって
燃えカスのせいでエネルギーのバランスが崩れて
大きく膨れ上がると赤色巨星になったりー
って意味分からない 笑
あんまり大きく膨れちゃうと表面から水素が漏れだして
余計に燃料が足りなくなって星はどんどん弱るらしい
自虐的だねー

でも星が太陽の10倍よりも重いと
水素を全部燃やす前にカスが溜まり過ぎて、その重さで自分を支えきれなくて超新星爆発を起こして

地球から約3800光年離れた恒星がガスを約2200年間にわたり放出しながら超新星爆発をしたら
その星は2200年かけながら死ぬって事
それって凄くないですか!!
星にとって一瞬って…
宇宙から見たらどうでもいいって正にこの事なんすね!笑

爆発のせいでほとんど吹っ飛んじゃうけど
死ぬ直前に表面から漏れたり、吹っ飛んだ水素の物質はまた集まって新しい星になるから
死んだと共に誕生なんて!
宇宙って神秘に溢れてる!

白色矮星みたいに冷めて暗くなっちゃう星も有るけど
見えないだけでそこに存在してたり
なんかロマンチックだ!!

おおいぬ座は地球から光で7年かかる所にあるけど
あれって7年後を見てるんじゃなくて
7年前の光なんだもんねぇー
凄いねぇー
7年前なんて近いぐらいだし
それ以上なんてそれこそ星の数だよね!!
何年も何年も前の光を見るなんて
未来って果てしない所にあるんすね

流れ星って塵や小石が大気に秒速何kmの猛スピードで突入して
大気中の分子と衝突してプラズマ化したガスの発光なのにね
発光するのは中間圏だから高度50km〜80kmの間ぐらい
昨日見た流れ星を見た場所が中間圏かぁ!
空って高いね!!

アンデルセンのお話には
流れ星は誰かの命が消えようとしている象徴なんだってさ
縁起でもねぇーですな!!

天体って面白いね!
あー腹へたー


行ってきまスカンク!!
ってカッコいい!!笑
プロフィール
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bunny-0805/index1_0.rdf