膝が痛い原因と対処法

July 31 [Fri], 2015, 9:06
膝が痛い原因について悩みを持つ方は多いです。多い理由として年齢が進むにつれ、痛みを感じるようになってきたという方も年齢は若くても痛いという方と大きくは二種類にわかれます。ですが、どちらも膝の中にある軟骨がすり減ってしまったと言うことが考えられます。人間が活動したり運動する上で必ず使うのは下半身です。しかし意識して体を動かすことはなく、どうしても利き足利き手を使ってしまう場合があります。片側にバランスが偏ることで体が歪み、負担が掛かり痛みが発生するという傾向が多いです。年齢が進んだ方は長年の積み重ねによりそれが発生、スポーツをされている方はそのダメージにより年齢が若くても痛みが発生してしまうということです。腰など他の部位にダメージがあった場合にもそれを庇うことで、膝に負担をかけてしまい痛みが発生することもあります。日常からのダメージでなく事故や骨折などでダメージをうけた場合も、負担がかかった時に痛みを感じてしまうこともあります。変形性膝関節症は、加齢などにより膝の関節の軟骨がすり減り、痛みを伴う病気です。日本国内の患者数は約700万人で、その半数以上が年だからと諦めていたり、我慢しているケースが多くみられます。その対策としては、日常の中で行えるものとして、減量や筋トレが挙げられ、炎症を抑えるために消炎鎮痛剤が使われます。しかし、病状が進行すると日常生活に支障をきたすほどの痛みになり、一度すり減った軟骨は元には戻りません。そこで、医療現場では、ヒアルロン酸の関節内注射が治療に用いられています。ヒアルロン酸は、関節軟骨の中に多く存在し、軟骨の水分や弾力を保つ働きをするとともに、関節液の重要な成分でもあり、動きをなめらかにする役割を果たします。そこで、このヒアルロン酸を直接関節に注射して、減ってしまった軟骨を補う治療をするわけです。この治療方法は既に20年の歴史があり、これにより、関節の潤滑かよくなり、抗炎症作用によって痛みや腫れが抑えられることが分かっています。一般的に、週に1回の注射を5回連続して行われ、後は状態を見ながらということになります。飛蚊症
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひとしbuh4hkp3
読者になる
2015年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/buh4hkp3/index1_0.rdf