きゃわいく。詩などを徒然と書きますぉィ。中@のドアホが書いております。

みるく / 2007年05月30日(水)
こげた砂糖=恋=想いはせる波

僕の目線の先をたどれば君がいて

僕の心と脳みそは

きみにむしばまれてる

5分も持たない心臓

チクタクチクタク

寝るフリして顔隠すのは

顔が火照るから



 
   
Posted at 22:28/ この記事のURL
コメント(0)
君世 / 2007年05月30日(水)
あたりまえが多いから

好きって言ったら

世界が変わるわけじゃないのに

好きになってる間は

自分で世界が回ってるみたい

失恋の痛みは

幻想の世界に陥っちゃうカケラを拾ったようなもんだ




 
   
Posted at 22:23/ この記事のURL
コメント(0)
紅雲 / 2007年05月30日(水)
空に願いを上げる

我の上通る雲の音

誰かの鼓動聞くようで

時計の針と重なってゆく

垂れ流しの人の感情は

何人分で意見となるでしょう

紅雲

こんなんで 明日は 晴れるの

誰も黒さを持っている

白さも持っている

灰色でいいじゃないか

紅雲

これが真実かい?

そこでとまる詩

すべては

紅さが知っている

 
   
Posted at 21:56/ この記事のURL
コメント(0)
あたしの時間 / 2007年05月29日(火)
あぁ好きです
あぁ届きません
あぁ見えません

泣いたら負けでしょうか

あぁムカつきます

きみが人に笑いかけるのが

あぁムカつきます

きみの頭の良さに

結局時間が見えなくなります




 
   
Posted at 23:40/ この記事のURL
コメント(0)
小説 『キーボード』 りくから見た。 / 2007年04月14日(土)
  春がきました。

  春がきましたよ。

  生きてますよ。

  太陽が涙をこぼしてます。

  ただいま4時51分55秒。

  春がきましたよ。

  太陽は疲れています。

  戻る準備は整っているようです。

  もうそろそろ。

  月が太陽に布団を持ってくる時間ですよ。

  『おつかれさん』 

  って言いますよ。

  







by りく
 
   
Posted at 16:42 / 小説。。きゃピィ。 / この記事のURL
コメント(0)
小説『キーボード』 りくから見た。 / 2007年04月05日(木)
『俺 りくって言いますよろしく〜!!』


この自己紹介の時の俺は、どこに行ったんだ。


小学2年生の時の俺。  人に笑われることが何よりも好きだった。


この自己紹介のすぐ後。




泣くとか出来なかった。まだよく分からなかったし。まずわかった事は


いけないことが起こったんだってことだけだった。


 
   
Posted at 18:06/ この記事のURL
コメント(0)
本題小説『キーボード』 / 2007年02月02日(金)
掲示板か、、、。こんなむしゃくしゃな感じ。誰に吐こうか。掲示板。
実際友達のいない私にとっての。最後の望み。掲示板。掲示板。
で、掲示板へと、私の全てをぶつけてやった。
そこにコメントは、返ってこない。。これが一番悲しい。
そこへコメントが。。!
『あなたの今回の恋は、いい経験だ。まだ。何回も恋するチャンスがあるだろう?』
泣けた。もちろん。さっきのひどい言葉も泣けたんだけどさぁ。違う涙が流れようとしていた。
そして私の涙が、キーボードへと落ちたその瞬間。
わたしの体が浮いた。。。。
そしてなぜか眠りへと落ち込んでいた。










 
   
Posted at 17:03 / 小説。。きゃピィ。 / この記事のURL
コメント(0)
本題小説『キーボード』 / 2006年12月21日(木)
『おまえさぁ。ストーカー?重いよ。そういうのやめて』
この言葉 一瞬にして消えた。ろうそくの炎。
その一言で自分が全否定された。おまえは要らない死ね。
と幻覚に酔う。 そのときの私は、メガネにトレーナーにジーンズ。
こんな奴に恋されたら嫌といわれるような感じ。
 『アタラッ!!ヤッタ!!』
 ゲームの音。パソコンの音。 カタカタ。ってさ。
 (ストーカー、ストーカー。ストーカー)
      「あああああああああぁいアsじゃk;skdjhさkjhjdsかxzんm、」
  今、死ねとか言われたら、確実に。ロープを用意するような状況。
 (パソコンでもやるか。)
最近は中学生掲示板やら何チャラでいろんな
 
   
Posted at 23:27/ この記事のURL
コメント(0)
小説キーボード登場人物 / 2006年12月21日(木)
CAST
あさ  引きこもり
りく   心を閉ざしている
らな  表向きはとても明るい。
そう  小さいころから霊感がつよい
まあさ  彼氏もち。
他いろいろ。
 
   
Posted at 17:45 / 小説。。きゃピィ。 / この記事のURL
コメント(0)
小説の続き / 2006年12月21日(木)
そんな全て変わった毎日の中。
やややややばい。これはなんだ。心の中のざわめきときらめきが、今までくちゃくちゃに丸めて捨てていた。あたしの年表が元に戻り。何かを書き加えているような感覚。
新しい。新しい。かなり新しいんだ。あたしの歴史が加わった。
この世にあたしがもたらすものってあるのか。自分はなんなんだ。
箱に閉じ込められた空気が出る瞬間だった。 キーボード。スタート。
 
   
Posted at 17:22 / 小説。。きゃピィ。 / この記事のURL
コメント(0)
P R
メールフォーム
タイトル

内容
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!