引っ越します!! 

2006年05月13日(土) 10時47分
unaさんに引き続き・・・
じゃなくて、ブログの引っ越しです。

どうもヤプログのシステムとは相性が悪くて
(ただ単に勉強不足なだけだとは思うんですが・・・)
携帯からの投稿なら画像がアップロードされるのですが、
PCからだと画像出せません。
また携帯投稿をPCで再編集したときも
画像が消えてしまいます。
ヤプログには何度かメールで質問したのですが、
昨日の段階では、使用しているブラウザ、「Safari」のバージョンに
問題あり?かもとのこと。

でも他にも、キーワード検索でひっかかってこなかったり、
(これも問い合わせたけどイマイチ納得がいかない)
も〜うメンドクサクなったので、
前から気になっていたSo-netでも、画像が出るのか?
試しに新しくブログを開設してみました。

ヤプログの問題が解決するかどうかは別として、
とりあえずで新装開店しております。
よかったら、遊びにきてやってくださいましね


新装 ハシビロコウ歌日記  よろしくお願いいたします。

日本の叙情歌 

2006年05月11日(木) 22時18分
今日は二週間ぶりのグループレッスンの日。
グループの日は主に、発表会で歌う日本の歌を練習しています。

「浜辺の歌」
「青い目の人形」
「七つの子」
「ちんちん千鳥」
「ひらいた、ひらいた」
「あの子はたあれ」
(あのこはだあれ、と打って変換したら「あの子肌荒れ」と出た

日本人の琴線にふれる、懐かしい叙情歌。
会場に来てくださった方々も一緒に口ずさめますね。

そういえばしばらく前のレッスンで、「叙情歌」の定義って?
という話題になりました。
先生が見たテレビの歌番組では、昔の歌謡曲も
叙情歌として紹介されてたらしいんです。

「童謡」、「文部省唱歌」(古っっ)、「わらべうた」、「叙情歌」

私の好きな「みかんの花咲く丘」とか
「赤
とんぼ」はどこに分類されるのかな?

大阪 その参 

2006年05月09日(火) 15時30分
1970年

私は家族と、ダンナは6年生のときに修学旅行で、
大阪万博に行きました。
せっかく大阪に行くのなら、
太陽の塔
をもう一度見てみたい
ということで、三日目は万博記念公園に行くことにしました。
万博の思い出は、猛烈に混んでいた、という印象だけで、
何館に入ったのか実は思い出せません
思い出すのはこの「太陽の塔」。
(写真がアップロードされないので、前ページに写真乗っけました。
 携帯からならアップロードされるんだよなぁ???)

モノレールから塔が見え始めたとき、小学五年の私と若かった家族の姿が
一気によみがえってきました。
あのときの両親はもういないんだなぁ、と思うと、
胸に込み上げるものがありました。

大阪 その弐 

2006年05月08日(月) 13時54分
二日目、いよいよユニバーサル・スタジオ・ジャパン
しか〜し、この旅行決めたのが出発の約3週間前、
ガイドブックを買ったのが数日前、
計画を練るには時間が短すぎた、ってゆうか、
ほとんど行き当たりばったり。
結論から言うと、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
惨敗でした。

まず、旅行社から送られてきたのは、「スタジオパス引換券
結局チケット売り場に並んで、スタジオパスと引換なければならない!
5月4日はどう考えても超混雑するはず。
チケット売り場での長蛇の列を考慮して、
朝食もそこそこに早めにホテルを出た。
しかし、すでに列は尋常ではない長さになっていた。
それから、ガイドブックにも出ていた「Eパス」というチケット。
これは並ばなくても優先的にアトラクションに入れるというすぐれもの。
4アトラクションで2800円もするが、
めったに来られるところではないから、
それぐらいは奮発しようと思っていたら、
チケット売り場の列に並んでる途中で
「Eパスはうりきれました〜〜」とのアナウンス。
もう、ガックシ
結局チケット引き換えに約一時間、入場するのに30分以上
すでにくたくた状態です。
でもなんとか気を取り直して、計画立て直し。

娘は中学三年の修学旅行でUSJに来てるので、
お薦めのアトラクションを聞くと
「バックトゥーザフューチャー」だというので
行ってみようということになったが、なんと待ち時間

  180分

もう帰りたいよ〜〜

また気を取り直し、「ターミネーター」120分に並ぶことにした。
長かった、暑かった、疲れた
息子に任天堂DSをあてがっておいてホントに助かった。
さて内容は「綾小路麗華」様という高飛車キャラクターが出てきて
とても楽しめたし、3D映像初体験の息子は大興奮!!

お昼時、レストランも長蛇の列。
なので、お昼ご飯は、持参したポッキーやらアーモンドチョコやらで
ごまかした。(もちろん子供達からはブーイング)

もう並ぶ気力がなくなったので、路上のパフォーマンスショーを見たり、
お土産やをまわったり。
とにかく確実に見られるところはないかと探してみたら、
「モンスターライブレビューショー」(別途有料)
というのがあったので、とりあえず6時45分の券を買った。

ところで5月4日は息子の8歳の誕生日でした。
USJ内のいくつかのレストランは予約すれば、
お誕生日のケーキを用意してくれます。
「ロンバーズランディング」というレストランを
5時に予約してあったので、時間通り入店。
一通り食事が終わり、いよいよケーキ登場!
スタッフが写真も撮ってくれました。
少し前までは、スタッフによる「ハッピィバースデーソング」
のプレゼント、というのもあったらしいのですが、
なくなってて良かったです。かなり恥ずかしいと思います

6時45分、「モンスターライブレビューショー」にギリギリで入場。
「生まれかわり」をテーマにしたコミカルなミュージカルで、
実はあまり期待してなかったんですが、これが結構面白かったのです。
タイムリーなネタも満載で、子供にも楽しめました。

「モンスター〜」が終わったのが、8時前。
園内は「ピーターパンのネバーランド」という大掛かりなショーの直前で、
皆地べたに座ってショーの時間を待っていました。
ってことは?アトラクションの待ち時間ボードを確認すると、なんと
朝あきらめた 「バックトゥーザフューチャー」 の待ち時間が30分
今行くしかないっ!なんとかリベンジできました。


そしてまた、疲労困憊、バタンキュー

大阪 その壱 

2006年05月08日(月) 11時45分
朝7時30分の飛行機に乗るために、AM4時に起きて準備をし、
5時台の電車になんとか飛び乗りました。
ワタクシ実は、飛行機乗るの、新婚旅行以来18年ぶり
うちの最寄りの駅は、羽田空港にも、成田空港にも一本で行けるのですが
今まで無駄に便利だったわけで・・・。
そういうわけで18年ぶりの飛行機に、すんご〜く緊張して、
そのくせ、なぜかハイテンションで乗り込みました。
お天気が良かったので、くっきりとしたを、斜め上から
見ることができました。

朝の10時過ぎには、すでに心斎橋付近におりました。
娘のために、若者の街「アメリカ村」を散策することに。
娘はアメリカのキャラクター「スポンジボブ」が大好きで、
このアメ村は、スポンジボブの聖地とも言えるのだ。

お昼にたこやきを食べ、午後は道頓堀散策、
西の秋葉原「日本橋」で翌日の息子の誕生日プレゼントの、
ゲームソフトを購入、
なんばの「よしもと」でおみやげを物色、・・・等々。
しかし、寝不足も手伝って、疲労困憊、くったくた
翌日のUSJのために早めにホテルに帰って、
ホテル内のレストランで夕食をとり、
その後はもう、みんなでバタンキューでした。

疲れた〜 

2006年05月03日(水) 18時10分
おなじみ、くいだおれ人形&かに道楽でおます。
歩き通しだったので、猛烈に疲れました。


行ってきま〜す!! 

2006年05月02日(火) 20時07分
明日から、二泊三日で大阪に行って参ります。
なんば、アメリカ村周辺、USJ,などに行く予定です。
なつかしい万博跡地あたりにも行ってみたいです。
昨年のゴールデンウィークは岡山に行きましたが、
主目的がお墓参りだったので、純然たるレジャー旅行は久しぶりです。

では、明日の朝4時起きなので おやすみなさい

秘密兵器!! 

2006年04月27日(木) 12時40分
今日はグループレッスンでした。
この4月から、教員を退職したばかりのHさんも加わり、
合唱練習のために特別参加しているMさんも含め、
総勢7名でとても賑やかな練習でした。
合唱祭で歌うはずだった曲は、7月の発表会でも
披露する予定だったので、気持ちをリセットし、練習に臨みました。

「中国地方の子守唄」を歌った後、先生は
「声に艶が出てきましたね。」と言ってくださった。
この一言、かなり嬉しかったです
自分の声や歌い方、自分でも魅力ないなぁ、と思っていたから。

それと、いつもより息が長く持ったような気が‥‥

「秘密兵器」のおかげでしょうか、もしかして。




  パワーブリーズ











買っちゃいましたっ 

練習前に数回これで呼吸しただけなんだけど、
「これで私は息が長くなる、歌が上手くなる、やせるっ
って、自己暗示をかけてたのかもしれない。

このブルーのフィットネスタイプというのは、
歌を歌ってる人や、管楽器奏者にもいいというので
トロンボーン吹きの娘にもやらせて、元をとろうと思います。
(値段の割にちゃちいです、これ)

意気消沈 

2006年04月20日(木) 22時09分
以前、鮭さんのブログに

「『声楽個人レッスン寄せ集め合唱団』が区の合唱際に出ます!」

とコメントしましたが、
ここにきて、出場できない可能性が大、という事態になってます。

なにから書いていったら・・・。

まず、声楽の『I先生』は個人レッスンのほかに
『混声M』『女声B』の二つの合唱団を指導されています。
しかし、数年前から自律神経の病気を患い、月1〜2回だけの指導で、
それ以外の練習日や合唱祭当日の指揮も、弟子達に任せている状況です。

昨年の合唱祭に隣の区の『合唱団』ではなく
個人個人が声楽のレッスンを受けているであろう団体が、
講評者の木下牧子先生に『ぜひ聴いてもらいたい』
ということで臨時参加していました。
それを聞いたI先生は

「それだったら、うちも出てみない?」

その鶴の一声で参加しよう!ということになりました。
当然、合唱連盟に所属すれば出場できるものと思い、
今年度の初めての連盟会議を前に、連盟の要職に就いている
「女声B」のKさんに打診をしました。

Kさんによると
「昨年出場したその団は、S区の団ではないので、
 木下先生の講評は受けられない
(木下先生を招聘した費用は、区や連盟費から出してるから?)
 ということを条件に、参加許可した」
「I先生の団は独唱の会だから、合唱連盟には所属しないで、
 講評も受けられない参加、という形になると思う。」
とのこと。
私「連盟のご指示に従います」

そして連盟会議後の今週始め、Kさんに電話をしてみると・・・。
以下、Kさんが言ったことを箇条書きにしてみます。

○合唱祭は年々出場団体が増えており、時間的にかなりキツキツである。
○昨年参加許可した他区の団体は、合唱を軸とした団ではないようだし
 やはり他の区から一回こっきりの参加、というのはいかがなものか?
 という話が連盟の中からもでていた。
○I先生の個人レッスン団は、区では独唱の会として知られており、
 合唱団としての実績がない。

ここからはKさんの個人的見解。
○「I先生は、合唱祭の指揮さえもしてくださらない。
 それはご病気だからしようがないと思うけど、
 だったら、新しい団を合唱祭には出して欲しくない。
 「女声B」も「混声M」も人手不足なのだから
 個人レッスンのメンバーを回して欲しいくらいだ。
(すでに何名かは助っ人として参加してるんですけどね。
 私も昨年は「混声M」の助っ人でした)
 「女声B」のメンバーは先生への不信感をつのらせている」
 この話は当然先生には伝えてません。

Kさんの話では、これから出場規約をちゃんと整えるとのこと。
(これからかいっ
練習場所、月謝、団員の人数等の申請、団母体がS区にあること、
もちろん「合唱団であること」 その実績等。

ごたごたを起こしたくないI先生は、

「とりあえず規約ができるのを待って、
 出場できなさそうだったら、もうそれはそれでいいわよね。」

これ以上こちらからアクションを起こさなくていい、とも。
(先生あきらめ早すぎッ、でもしようがないか、先生のお立場もあるしね)

ってなことで、出場の可能性は限りなく低そうです。

いまさらの話題 その壱 

2006年04月11日(火) 12時36分
なんか、ひっさしぶりの投稿です。
やっと皆様のリンクを貼ることができ、
調子に乗ってスキンも春らしいものに替えてみました。
いまさらなんですが、ちょっと前のことをば書かせてもらいやす


3月26日は、娘の所属する高校吹奏楽部の定期演奏会でした。
ダンナと息子と三人で聴きに行こうと楽しみにしてたのに、
前の日から息子が39度台の熱を出し、しょうがないので
息子をダンナに頼み、私一人、ビデオ一式持って行ってきたのでした。
吹奏楽ブームもあってか、年々増える部員の家族、友人たちで
体育館は大にぎわい
昨年、少し小さめのホールでやったとき(予測してなかった)
立ち見がでたので、今年は体育館になったとのこと。

演奏会が始まり、いつものことながら最後列にいるトロンボーン。
昨年までのホールは階段状になってたので、
かろうじて半身位は見えてたのに、
客席が平らな体育館では前から二番目の席でも、ってゆうか
二番目の席のせいか、娘のトロンボーンの『棒』の動きしか
確認できない。

曲も進み、なぜか毎年恒例『大太鼓』演奏。
やっと娘が前に出てくるかと思ったら
ずっと向こうの端っこでたたいてたので、
またしても見にくいったらありゃしない。

そして、そして今日の(我が家にとっての)メインエベント
『76本のトロンボーン』という曲。
途中、トロンボーン二名が前に出てきて、
しばしデュエット演奏するのだ。
ここは気合いを入れてビデオを撮らんと、
と思ったらあっという間に演奏終わり。
ちょっと拍子抜けしたが、まぁいい記念になりました。

そんなこんなで演奏会も終わり、帰るそうそうビデオ鑑賞会
画面にはちょくちょく映る前の人の後頭部、
なんか片寄った構図、
トロンボーンデュオのときなぜ娘をもっと写さないのか!等
ダンナからダメだしのオンパレード
ぢゃあ、キミが行けばよかった
**プロフィール**
ハシビロコウ
名前……ぶぶりん
趣味……声楽、コーラス
家族……ダンナ、高校三年長女、小学二年長男
住所……東京下町荒川のほとり
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ぶぶりん
» 疲れた〜 (2006年05月08日)
アイコン画像
» 疲れた〜 (2006年05月06日)
アイコン画像ぶぶりん
» 秘密兵器!! (2006年05月02日)
アイコン画像鮭@実家
» 秘密兵器!! (2006年05月02日)
アイコン画像ぶぶりん
» 秘密兵器!! (2006年05月02日)
アイコン画像una
» 秘密兵器!! (2006年05月01日)
アイコン画像ぶぶりん
» 意気消沈 (2006年04月25日)
アイコン画像ぶぶりん
» 意気消沈 (2006年04月25日)
アイコン画像ぶぶりん
» いまさらの話題 その壱 (2006年04月25日)
アイコン画像るか
» いまさらの話題 その壱 (2006年04月21日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:buburin1960
読者になる
Yapme!一覧
読者になる