税理士のつぶやき・・超小型車の開発が実用化に近づいている

April 27 [Sat], 2013, 22:11
国土交通省が普及に向けて動きを加速させている超小型車の新規格。現在の軽自動車よりも更に一回り以上小型のもので二人乗り程度のタイプのものが想定されています。

主な用途としては近距離移動での用足しや買い物などが考えられています。また商用では配達業務や見回りなどに小回りの効く車両として活用の場があるとされています。

現行法ではしっくりと当てはまる規格がなく、より本格的な普及に向けて法整備を進めるものとして新たな区分を設けることが模索されています。自動車より手軽でバイクよりも少し大きいという存在です。

魅力として挙げられているのがそのコンパクトなサイズによる取り回しの良さです。特に都市部の交通渋滞の解消や駐車場不足の解決策として寄与するとされています。

また新しく開発される自動車としてほとんどの開発が電気自動車として進められています。このことが省エネルギー化や環境改善になる効果も期待されています。

通常の自動車と同様に一般道を安全に走れるように制度を整えたいという考えです。先行して一部の地域では特区として認定し、自治体などが活用して運用実績を積む計画もあるようです。

既存の自動車に対する常識からは様々な弊害も感じられるものですが、モータリゼーションが起きた時には自動車そのものが異質なものでした。それが日常生活の足として認知されてきた歴史があります。

個人的な移動手段がより手軽に利用できて便利であると認められれば普及の可能性もあるのかも知れません。車両の開発とともに交通事情に合わせて環境整備が必要です。

すでにメーカー各社からは実用化に向けて車両の開発が進められています。新しい交通革命が起きる日も現実的な未来として考えられる状況が整いつつあります。

渋谷区の税理士のことなら税理士渋谷区.com
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kstama1000
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/btuui77/index1_0.rdf