B-tube-ATLASと【釜山映画祭】松田翔太が舞台あいさつに殴り込み!

October 09 [Sun], 2011, 14:51

 俳優の松田翔太が8日、韓国で開催中の『第16回釜山国際映画祭』でファンミーティングを行った。同映画祭のメッカともいえる釜山広域市海雲台ビーチの特設ステージには、松田の熱烈なファンが押し寄せ、会場内は一時と騒然となったほど。ミッドナイトパッション部門に招待された主演映画『ハードロマンチッカー』のグ・スーヨン監督とともに細身の黒スーツで登壇した松田は「韓国は恥じらいのないパワーがあって、面白かった。感動しました」と釜山滞在を満喫している様子だった。

役作りで金髪オールバックの松田翔太

 同作は、山口県・下関を舞台に、外国人・警察・ヤクザと顔は広いが誰ともつるまない一匹狼の主人公が、後輩が起こした事件をきっかけに暴力の連鎖に巻き込まれていく青春バイオレンス映画。松田とスーヨン監督は、前日7日夜の作品上映後の舞台あいさつに、真っ赤な“ハードロマンチッカー上陸”旗をはためかせ、まるで殴り込みをかけるような勢いで登場し、観客の度肝を抜いた。ファンミーティングではその“殴り込み”が話題に上り、松田は「殴りこみは殴りこみです!」とキッパリ、弁解をせずに作品の世界観をアピールした。

 松田は“ハードロマンチッカー”という生き方について「力強く生きているけど、全部ハードに生きられない。ちょっと可愛らしくなる」と“男のダンディズム”を語り、「世界の人々に、この映画の中で描かれる生き様を味わって欲しい」と話していた。

 映画『ハードロマンチッカー』は、10月26日(水)に『第24回東京国際映画祭』で特別招待作品として上映され、11月26日(土)より全国公開される。



(この記事はオリコンから引用させて頂きました)

と、いうことで、ちょっとエピソードを披露すると。。。

今の世の中って、どんどん便利な商品が開発されていますが、一体どこまで便利になるのか?と、ネットビジネス応援サイトは怖くなるときがたまにあります。

例えば今から20年先、パソコンの前から一度も動かずに一日を過ごす人も、大勢出てくるかもしれません。

学校の授業もパソコンの前で受けて、朝食・昼食・夕食もパソコンが自動調理して用意してくれる。

そんな世界はちょっとイヤですが、現在のパソコンの進化を考えると、あながち空想上の物語では無い気がします。

インターネットが普及したことで、ほとんどのあらゆる場所にネットワークがつながる、便利な時代になりました。



インターネットの普及がなければ、ネットビジネス応援サイトは、きっと驚威の次世代型ブログ自動投稿ツール 「B-tube-ATLAS」に出会えてなかったと思います。

まさにインターネット様様。





ただ、パソコンを使うようになると、なかなか運動をしなくなりますよね・・・。

体を動かしていないのに、ぼけ〜っとインターネットを眺めているわけにはいきません。

体を動かすことが少なくなった分、色々な知識を吸収し、頭の体操をしっかり行っておきたいものです。

(もちろん体を動かすことも大事ですね(^^;)。ダイエットをしなければ・・・)



話が逸れてしまいましたが、驚威の次世代型ブログ自動投稿ツール 「B-tube-ATLAS」、良かったらチェックしてみてください。



B-tube-Atlasの購入特典付きレビューサイトはこちら


ネットビジネス応援サイト

ところで、今日の情報問題を調べてみると
情報商材に関する
質問および回答で
↓↓
女性の薄毛について、質問します。 皮膚科のお医者さんか薬剤師の方、 または薄毛...
女性の薄毛について、質問します。

皮膚科のお医者さんか薬剤師の方、
または薄毛の経験のある方にお答えいただけると助かります。

- 回答 -
急に抜け毛が増えたと思える場合は、まず病院で甲状腺の検査等を受ける方が良いと考えます。甲状腺の病気である「バセドウ病」や「橋本病」は脱毛という症状があるからです。甲状腺の機能が低下すると血流が悪くなり栄養分が頭部まで届きぬくくなり、結果として脱毛という症状が出るとお医者様に教えていただきました。

まずは皮膚科の受診をお勧めします。西洋医学の面からしっかり診断して頂けると思います。ホルモンバランスの乱れなのか? 皮膚病なのか? 甲状腺に関する病気なのか? 現状把握をしっかり行い原因を見つけることが大切です。原因が解れば治療ができます。はっきりした原因が解らない場合は、症状に対する対処療法を実施することができるからです。

一般的に、「女性の抜け毛・薄毛」の原因・要因は大きく分けて2つです。
@女性ホルモン分泌量低下により男性ホルモンが相対的に増加して、「軽い男性型脱毛症」となっている可能性があります。(女性も副腎で男性ホルモンを作っており、通常でも男性の約10分の1程度血中にあります)
A頭皮の血行不良です。これにはいろいろな要因がありますが、現在頭皮の色が「青白くなくて赤みを帯びている」状態であれば血行不良を起こしています。

「軽い男性型脱毛症」の治療については、女性ホルモンを増加させましょう。女性ホルモンと言えば「エストロゲン」です。大豆イソフラボンの摂取はエストロゲンに似た働きをしますので、とっておきのアイテムです。
私が毎日実施していることを紹介すると、「豆乳」を食事時にお茶代わりとして飲んでいます。

また、女性の身体はデリケートです。ちょっとしたホルモンバランスの乱れが変調をきたすことがあります。レディースクリニックに相談されてみてはいかがでしょうか。血液検査によるホルモン分泌量の確認、それに基づく女性ホルモンの投与などの医学的処方には、すぐれた効果があります。

頭皮の血行不良は抜け毛・薄毛を助長する要因となります。毛母細胞への栄養素の供給不足となるからです。
漢方医学では毛髪のことを「血余(けつよ)」と言い、「血が余るほどあれば毛髪は生えてくる」という意味だそうです。「頭皮の血行不良」の治療については、外用として女性用ロゲイン等のミノキシジル塗布による血行改善、内用として血行をよくする食事に取り組みましょう。にんにく、しょうが、ねぎ、唐辛子は体を温め血行をよくする食材です。献立の工夫をしてみてはいかがでしょうか。内的なものは継続して身体に効きます。末梢血管の血流を増加させましょう。

私ごとですが、夫が長年薄毛に悩んでいたことや私自身が加齢で髪のボリュームが少なくなってきたこともあって、抜け毛・薄毛に関する本や情報商材を多数購入し試してきました。(夫は「リーブ××」経験有→効果無)
個人的には、「毛髪アンチエイジング〜ロハス」という本がお気に入りです。ネットでは入手できない毛髪の悩みが解消される情報が沢山載っていて、とても参考になりました。 (私は地元美容室のチラシで知って直販で購入しましたが、最近ではヤフオク・楽天オクでも購入できるようです)
(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

ということです。
ちなみに、教えてgooで情報商材調べてみると

なぜアフィリエイトの作成を斡旋するサイトが多いのですか?
インターネットビジネスが気になって、勉強しています。すると、ネットにはたくさんの「アフィリエイトを斡旋するサイト」「有料情報商材を暴露するサイト」があります。これは、どういうことですか?

つまり、「アフィリエイトで物が売れた」や「情報商材が売れた」で収入が得られるだけではなく、何かそれ以外にも、収入が得られるしくみがあるのでしょうか。

また、本やメルマガも同様ですよね。なぜ、このようなビジネスを斡旋するものが多いのでしょうか?

- 回答 -
「アフィリエイトを斡旋するサイト」
この斡旋自身がアフィリエイトになっている。1件斡旋で○○円とか。

「有料情報商材を暴露するサイト」
このタイトルの方がインパクトがある、批判的な書き方の方が信用してしまう。
訪問者の中には、そこ経由(アフィリエイト)で購入する場合もある。

アフィリエイトの一形態と考えればよいと思います、見せ方・読ませ方の工夫の1つ。
(この記事は「教えてgoo!」より引用させて頂きました。)

だ、そうです(笑)

ではまた次回!