スタイナーの北林

April 28 [Fri], 2017, 20:05
浮気調査でなにより大事なのは、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。
不倫行為が確実ではない場合は一度、浮気調査をつづけるか決める必要が出てきます。不倫相手の存在が確かになればここで浮気相手が誰かを探ることとなります。



パートナーの日々の行動を追跡したり、あるいは張り込んだり等、浮気相手の素性を証拠として押さえるのです。



不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度と言うことありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、金額は低いです。

さらに、不倫相手の方が浮気を否定するケースでは証拠が必要とされます。
第三者からみてもはっきりとした不倫の証拠を用意しなくてはいけません。パートナーの浮気リサーチを探偵に依頼する際には、普通は、調べる人が何人で、どのくらいの期間に渡って調査を行っていくのかを契約を交わす前に取り決めます。



探偵の時給の相場は、1万円以上ですから、調査が長期になれば支払う費用も高くなるのです。探偵業者によって、働かせる道具や調べる人の才能は異なりますので、ネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。


事前に成功報酬と言われていても、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、調査期間が3日間しかなかっ立としたら3日間で浮気が発覚しなければ調査は成功となってしまうのです。


実際に浮気があっ立としても、その3日間だけは浮気していなかっ立という状態であったら、配偶者の浮気の有無をはっきり指せることができないまま、調査は完了し、成功報酬としての料金を請求されます。


浮気調査の費用を節約する方法は、できる限り事前に自分で調査を済ましておくようにしましょう。
難しい調査ではないでしょう。パートナーの行動を毎日記録するようにすればいいのです。毎日、仕事に出掛けた時間、帰ってくる時間、電話で誰かと通話していれば、掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしましょう。

実際、もう離婚になってもいい、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。


けれども1人で踏み込むと、大きい揉め事の原因になりうるので、避けたいところです。

あなたが信じて頼れる人と行けば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。

信頼できる人が同行できないときは、探偵に依頼するという方法があります。
パートナーが浮気していると分かっても今後も、パートナーでありつづけたいのなら密会の場面に行こうとするのはしないほウガイいでしょう。パートナーを裏切ったことがバレた途端に配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、離婚を避けられない事態に陥ることもあります。

加えて、浮気相手と話をしたことによって、精神的に追い詰められてしまうかも知れません。

車の目たたない場所にGPS端末を設置して、行動を常時監視しつづけ、移動中の所在を確認したり、記録したデータを後から取り出して調べたりします。

移動手段に、車を使わない人の場合は、普段、持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。



これで、相手がどこにたち寄ったのかやどのくらいの時間を過ごしたのかも掌握できます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:萌華
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる