首藤だけど原田

December 24 [Thu], 2015, 19:21
妊娠を希望する多くの方はご存知だと思いますが、妊活において最も重要視する事と言えば、食べ物の事ではないでしょうか。妊活とは、夫婦生活を含めて妊娠しやすい体づくりを進めるというものです。妊活中の女性はいつ妊娠しても不思議ではないですよね。ですから、検査薬やクリニックでちゃんと妊娠が分かるより前から、健康的な食事で栄養バランスを整え、妊娠直後の赤ちゃんがすくすくと育ってくれるように準備しておきましょう。この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大切な栄養素と言えば、葉酸でしょう。当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前から新しい命がおなかの中で成長を始めています。早い段階で葉酸を摂取し、胎児の成長を十分にできる体を作っておくことが良いと思います。一般的に、妊娠中は当然のこととして、妊活期間から十分な摂取が求められる葉酸なのですが、つい忘れてしまったりして継続的な摂取を怠ってしまうといったケースも良くあると思います。こうした摂取不足に関する悩みは多くの方が抱えていますが、簡単な解決方法があります。それがサプリメントなんです。普段の食生活を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、普段の食事では、葉酸の摂取が不十分だとお悩みの方も安心できますよね。一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜の野菜に多く含まれています。赤ちゃんを授かったあと、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。葉酸の摂取で、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するらしいのです。とはいえ、毎日たくさんの野菜を摂取するのは大変ですよね。そんな時には他の食材で補っても構いません。例えば納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることを勧めたいものです。赤ちゃんを授かったという事で病院が行う栄養指導や、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。皆さんがご存知のように、葉酸を多く含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。普段の食事にこうした食材を取り入れて、葉酸を摂取しようと考えている方は、熱によって大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。赤ちゃんが欲しいと思い始めてから2年。基礎体温でタイミングを見計らっても、出来ない時は出来ないのだと感じました。義妹や姉のところに子供ができると、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。検査は夫婦二人とも受けましたが、原因は私の方にありました。排卵誘発剤が有効というので試してから、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。ストレスも原因だったのかなと思います。早めに受診するべきでしたね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ルカ
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bsrreodarlwyoa/index1_0.rdf