息子がアトピーだと医者から診断されたのは、2歳になったと

July 25 [Mon], 2016, 21:48

子供のインフルエンザを防ぐための注射に受診しました。







私は注射の瞬間は怖くて目をそらすのに、娘はまだ6歳だが、注射をしっと見て注射をしています。







予防注射の後は怖かったーと話していました。







見ているからなおさら怖いんじゃないかな?と想像しましたが、あまり話せませんでした。







夜中に高熱になって、40℃前後まで上がって体調が悪化したので、翌日受受診しました。







先生はインフルエンザが検査できますよと尋ねられました。







私も、残念ながら、インフルエンザだったら、それに効能のあるお薬を処方してもらえるので、検診したいと希望しました。







腸や体の健康のために乳酸菌が役立つのは誰でもわかっています。







ですが、乳酸菌は胃酸で弱るので、しっかり食べても胃酸で死んでしまって効果が出ないのではという考えを持つ人もいます。







しかし実際は乳酸器の生死は関係なく摂取するだけで腸内の免疫機能向上に貢献して、従って身体全体の健康にとても効果的です。







息子がアトピーだと医者から診断されたのは、2歳になったところのことでした。







膝の裏にはかゆみもあると訴えたので、対策として、皮膚科でステロイドを処方されました。







そうして2年ちょっとステロイドを与え続けて、気をつけて様子を見ていたのですが、かゆみや皮膚の赤みは一旦ひいてもまたすぐにぶり返し、まったく良くなってくれませんでした。







そのため、保湿剤から漢方薬に治療法を変え、食事の見直しも行ったら、小学生になる頃にはすっかり症状は収まりました。







昔から便秘のツボで知れ渡っているのは、へそから左右に指2本分くらい離れたところに天枢(てんすう)です。







後、へそ下5cmくらいの場所にある腹結(ふっけつ)と言われるツボも効くと思います。







手首にも支溝と外関(がいかん)というつぼがございます。







色々なタイプの便秘によっても、効くツボが違うので、ピッタリのツボを押すと改善につながるでしょう。







乳酸菌には多くの効果があるようですが、とりわけ、整腸作用に良く効くとのことです。







内臓、腸の中の善玉菌を多くすることで腸の活動が活発になり体の中に停滞していた便が出やすくなります。







ですので、便秘や下痢がよくなるといわれています。







乳酸菌を常用することで内臓、腸を整える効果が高まります。







乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るというところでは一緒なのですが、ビフィズス菌にはそれ以外にも、酢などという菌に強い成分も作り出す力があるのだそうです。







そう考えても、ノロウィルス対策に適していると言われているのでしょう。







ここ最近は、いろんな感染症についての話を聞くので、摂るといいかもしれません。







便秘に良い食べ物は、食物繊維、乳酸菌を内蔵する 発酵食物などであります。







しつこい便秘の方は、便が強固で腸内に停滞した状態になってしまいがちです。







この状態を改善することで、、軟らかくするため、第一に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、乳酸菌で整えるといいでしょう。







ところで、乳酸菌と聞いて思い浮かぶのはカルピスですよね。







幼いころから、毎日味わっていました。







どうしてかというと乳酸菌が入っているからです。







お母さんが毎朝、私に飲ませてくれました。







ですので、私は便秘になった事がありません。







きっと、カルピスを飲み続けていたので大変健康になりました。







おなによる臭いに悩んでいる方は乳酸菌が有効です。







おならによる臭いの原因は腸内の悪玉菌にあるとされているのです。







ですから、腸内の善玉菌を増加させ、悪玉菌の増加を防止する効果があるといわれている乳酸菌を継続して摂取ことによりおならの臭気を和らげることができます。







一般的な乳製品以外にも、乳酸菌入りの食品があると知り、乳酸菌て何だろうと調べてみました。







そうしたら、実は乳酸の菌という意味ではなくて、乳酸を化学反応的なことで作り出す菌類のことになるのだそうです。







みなさんはこの事を知ってましたか?私は30年以上生きてきて、初めて知った事実です。







乳酸菌シロタ株と聞けば、ヤクルトしかありません。







その昔、白血病を患い、病気を克服した経験のある渡辺謙さんのコマーシャルでもご存知かと思います。







見事白血病に打ち勝ち、ハリウッドで引く手あまたのCMの中で渡辺謙さんが薦めているのをみると、高い効果が期待できそうな気分がします。







妻は花粉症になってしまったから仕方なく、乳酸菌飲料を摂取するようにしました。







2年前より花粉症を発症してしまって、鼻水とくしゃみが止まらない状態になりました。







薬に頼るのはしたくなかったので、テレビで取り上げられていた乳酸菌サプリを試しました。







現在の段階では、これで花粉症はだいぶましになってます。







普段の運動量が足りないと筋肉が衰えるだけでなく、体の不調も起こってきます。







中でも女性に多く症状が見られるのは便が何日も出ないことです。







運動不足を解消しようと、通勤時にエレベーターを使わず階段を上ったり、食事の時に食物繊維を多く含んだ食品を増やしたりするのが推薦します。







可能ならば、便秘にならないためにも、週に1、2度はウォーキングしたり、好きな運動をして体を動かすのがお勧めです。







便秘を改善するのに効果的なものは、乳酸菌が入っているサプリメントです。







腸内の環境を整えることは大事だとわかっていても、乳酸菌飲料が嫌いだという人も多々居ます。







連日乳酸菌を含む食品を口にするのは大変です。







乳酸菌が入ったサプリメントなら、手軽にちゃんと乳酸菌を摂取することができますので、便秘解消につながります、乳酸菌と言って思いつくのはカルピスですよね。







小さかったころから、毎日楽しんでいました。







どうしてかというと乳酸菌が入っているからです。







毎朝私に、母親が出してくれました。







なので、私は便秘知らずです。







もしかしたら、カルピスを飲用していたおかげで大変健康になりました。







アトピーに大変よい化粧水を使用してします。







友だちから良いよと教えてもらった化粧水は、私の大変ひどかったアトピーを想像以上にきれいに治癒してくれたのです。







毎朝鏡を見るのが、たいへん楽しみになりました。







顔を触る度にスベスベ素肌になったことを感じられます。







ここのところの研究でインフルエンザの予防には乳酸菌にとても効果があるということが分かり始めてきました。







実際、インフルエンザというのはワクチンだけで完璧に防ぐことは出来ません。







乳酸菌を日頃からしっかり摂取することで免疫力のほうがアップして、インフルエンザの正しい予防となったり、症状を和らげてくれる効果があるのではないかと考えられているんです。







この間、インフルエンザに罹患してしまって病院に診てもらいに行きました。







潜伏期間は何日くらいあるのかはっきりしませんが、いつかインフルエンザにかかっている人と接触して感染してしまったのだろうと思われます。







高熱が3日間も続いて大変苦しい思いをしました。







高い熱が熱発するインフルエンザなので、通常ひくような風邪より苦しい思いをしますね。







元来、乳酸菌が身体に優しいことは事実でよく知られていますが、実は有効ではない説もあります。







これについても事実かもしれません。







どうしてかというと、個人差があるほか、乳酸菌はあくまでも菌であり、絶対に、効果が期待できる薬ではないからです。







まず、合うかを試してから考えましょう。








http://www.voiceblog.jp/k7rxa7o/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bsrdj82
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bsrdj82/index1_0.rdf