真理 

November 16 [Wed], 2005, 1:06
今日、・・・・・・いや昨日だ、

社会問題論という授業で
笹野みちるさんという方のお話を聞きました。

社会問題についての授業で
毎週一つの問題が取り上げられ
その当事者の方の話を聞くものです。

今回はどんな問題についてかと考えていたら、
「同性愛」についてでした。

どうしてこれが社会問題なのかというと
マジョリティである、男−女の恋愛の構図で占められている社会に
実はマイノリティとして男−男や、女−女という恋愛の形があって
その形の中でしか生きられない人がいるという事実があります。
そしてその人たちがマジョリティの中で
心理的に押しつぶされたり、
社会的にも苦しんでいるという状況があるからです

でも、最近の若者世代ぐらいからはたぶん同性愛という事実を
単なる人と人の間にある違いの一つと
捉えられ始めていると思うので
将来的には明るいと思っています

で、この、昨日来られた笹野みちるさんは
実際レズビアンである人で
とてもインタレスティングな話をしてくださりました

最初、そうゆう社会での差別があーだこーだという話を想像していたんですけど

全然ちがいました。


人にとって大事なアイデンティティという事柄は、
多く、人に自分のことを受け入れてもらう、という
簡単だったり、困難だったりすることが支えているという話でした。

これは、いろんな差別問題にも通じるし、
かたや、マジョリティの中の個人的な悩みというかそうゆうものにも
通じています。

同性愛という愛の形をもった人の人生によってもたらされた、ある結論が
実は様々な問題の根っこにつながってて、その根っこたちは
一つにまとまってたんです。

たぶん、多くの人が自分のことを受け入れてくれなくて、理解というものが存在しなくても
たった一人の優しい受容が
すべてとまではいかなくても、その人の心の闇を解き放ってくれるんだと思いました。


学問ていう理屈をこねくり回したものよりも、
よっぽど「真理」と思えることでした。


誰かの何かを、ただ受け入れるだけでその人を救える。
そんで、自分の何かを、ただ誰かが受け入れてくれるだけで自分は生きられる。
簡単かもしれないけど難しいかもしれない。
なんか人間て良いなって思いました。

慣れ 

November 14 [Mon], 2005, 2:16
ちょっと最近バイトやばいです。

ものすごくバイト先の力になってます。

僕いないと結構きついくらい。

これ、驕りです。


レストランのランチ、フロント、そして調理部と仲居さんの間のパイプ役。

今んところこの三つやって、すごい楽しいです。

僕、覚え良いし。すばやいし。的確だし。

これも、驕り。


驕りたかぶるまーくんです。


火曜は、炭焼きレストランに入ります。

おいしいまかないをお願いしときました。

ちなみに今日は、マツタケご飯を戴きました☆

ご飯に困ることなし、というかうまい!です。

そうだ名古屋、行こう 

November 02 [Wed], 2005, 18:05
今から実家、帰ります。JR東海で。
そうだ名古屋、行こう。

感心感心 

October 29 [Sat], 2005, 15:22
おっみんなちゃんと更新したみたいで。

やればできるんじゃん。

まあこれからもせいぜい頑張ってくださいな。

「皆への忠告」 

October 27 [Thu], 2005, 0:48
あのね、みなさん、最近、ちょっと、更新の頻度、低くなってんじゃない?

特に笠原

そうゆうのって良くないと、僕は思うのね

だってさ、何書いてんのかなって思ってブログ開いても
何も新しく書かれてないこと多いのさ

がっかりするのね

そうゆうのって良くないと、僕は思うのね


だからさ、何が言いたいのかって言うとね
忙しいのはわかるんだけど

二日に一回くらいでいいからさ
ちゃんと更新してって言ってんの

わかってくれた?わかってくれた??

ホワイトバンドへの疑問 

October 25 [Tue], 2005, 16:40
三秒に一人、子供が貧困で死んでいる。

このような貧困を抱える国家の問題を解決するためにあるらしいホワイトバンド。

ホワイトバンドをつけることで、
貧困を救済するために政治や経済の構造を変えようと働きかけるNGOの活動に
賛同する、という意思表示が出来るそうです。

そして、売り上げはそのNGOの活動資金になるとか。

このホワイトバンドキャンペーンは、
経済的に豊かな多くの国で行われているそうです。



では、最近多くの人がホワイトバンドを付けている
日本でもこの活動が正しく行われているのでしょうか。

実はこのことがとても疑わしいのです。


まず、日本ではどこがこの活動を展開しているのでしょうか。

それはサニーサイドアップという
北島康介のマネジメントをする株式会社です。

きっかけは、この会社の人がイギリスに出張したときに
ホワイトバンドのことを知り、その志に賛同した、わけではなく
単にかっこいいなーと思って
北島康介に付けさせてイメージアップを図ろうとしたからだそうです。

けど、始めるのがどんな動機であれ、正しく活動が行われれば
オッケーなんですけど、

ところで日本でホワイトバンドって300円ですよね?

実はアメリカだとたったの一ドルだそうです。

サニーサイドアップは、売り上げの六割近くは
商品の製造費、流通費に消えているというのですが、

果たしてアメリカと物価も同じくらいの日本で、
同じような生産流通工程をとった製品にここまでの費用の差が出るのでしょうか。


あと、売り上げの残りの四割くらいが活動費に消えるらしいのですが、
彼ら、ホワイトバンド売った以外に何かやった?

ホワイトバンドの売り上げから
行った活動は、現在まったく公表されてないそうです。


このような正当かどうか疑わしい活動が行われると、今後、本当に
貧困に対して何かしようと思った人の活動がとてもやりづらくなる。

と、以上ゼミで教授が話してたことでした。

なんか最近、世界の不平等のためとかに立ち上がるNGOは、
とても巨大化してて、営利目的っぽいものも増えてきているそうです。

NGOが巨大化したことで、彼らの発言力、影響力が増して
それによって世界が本当に変わっていくのなら良いですけどね。

世界で一番でかいNGOの代表は、ものすごく稼いでいるそうです。

見つからぬやりたい事 

October 23 [Sun], 2005, 1:01
こんにちは、プチニートの僕です。



服部はなんかいい感じみたいで。

うらやましい限りです。


今週、友達と昼ごはんを食べながら、あるプランを考えました。


京都には昔の町並みが少々残っております。

その町並みというか雰囲気を維持しているのは、
寺だとかの重要文化財の他に

町家という昔ながらのつくりの家屋のかたちです。

江戸中期ごろから変化を繰り返し、様式を洗練させ、
なんか素敵なことになったそうです。

詳しくはよく知らないのでみなさん調べなさい。そんでまとめなさい。
そんで僕に教えなさい。


京都に来る以前から、この町家の存在が気になっていました。

そんで、考えました。

自分たちで借りて、色々改装して、何かに使えないかと。


宿泊施設として。自分たちの住居として。

用途は色々あるでしょう。


つまり、これおもしろそうじゃん!って思ったわけです。


けど、早速大きな壁にぶつかりました。

賃貸、改装費、お金すっごいかかる。


さあ!どうしよう!

サークル系の話 

October 21 [Fri], 2005, 1:21
今日久々にサークルに顔を出しました。

そんだけです。

明日は東寺の骨董市に出かけます。

掘り出し物を発掘してきます。

服部 

October 16 [Sun], 2005, 0:46
ほんと喋る。

安心、そして…不安。 

October 14 [Fri], 2005, 2:27
電気料金さっき払いました!

これで電気止められることもありません。


しかし、不安がちょっとあります。

みんな待ちに待ってるかもしれない鍋パーティのことです。


実は……

     あんま鍋好きじゃない


今言うのもあれだけどね。

さあ明日鍋を楽しめるでしょうか
P R
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像まな
» 真理 (2005年11月17日)
アイコン画像カッシャーノ
» 見つからぬやりたい事 (2005年10月28日)
アイコン画像カッサーノ
» 「皆への忠告」 (2005年10月28日)
アイコン画像なっつ
» ホワイトバンドへの疑問 (2005年10月26日)
アイコン画像まな
» ホワイトバンドへの疑問 (2005年10月25日)
アイコン画像すぎ
» 見つからぬやりたい事 (2005年10月25日)
アイコン画像にゃっつ
» 見つからぬやりたい事 (2005年10月25日)
アイコン画像すぎ
» サークル系の話 (2005年10月21日)
アイコン画像カッサーノ
» サークル系の話 (2005年10月21日)
アイコン画像mana
» ミス!! (2005年10月13日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bsf3078
読者になる
Yapme!一覧
読者になる