ジョン・ボーナム 

September 25 [Sun], 2016, 9:15
リズム感の無い俺だが、一応ドラマーだと自負している。

そんな俺が好きなロック・ドラマーは、G.F.Rのドン・ブリューワー、
イエスのアラン・ホワイト、B.B.Aのカーマイン・アピス、
ポリスのスチュアート・コープランド等、
その音を聞くと、その人だと解る個性のあるドラマーが好みである。

そんな中、レッド・ツェッペリンのジョン・ボーナム・通称ボンゾは
後世に幾多の模倣者を生んだ偉大なドラマーの一人である。

あの独特のモタリ感、黒っぽいフィーリングのグルーヴ感は、
ツェッペリンが前にも後にもツェッペリンを生まない一つの要因であろう。

彼の持ち味である、速いペダルコントロールと、大口径のドラムキットを
雷鳴の如く打ち鳴らすパワー、野蛮にも受け取れる個性的なビートは、
ロックで考えられるドラムパターンを全て叩き尽くしたとも言われる。

三大ギタリスト(エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ)を
輩出したバンド、ヤードバーズの中心メンバーだったジミー・ペイジに
ロバート・プラント、ジョン・ポール・ジョーンズそしてジョン・ボーナムの
ラインナップで結成された、レッド・ツェッペリン。

ヤードバーズ以来のブルースを根底にフォークをうまく融合させた
ファースト・アルバム「レッド・ツェッペリン」でデビュー。

ヘヴィー・メタルの元祖的捉えかたも多い「レッドツェッペリンU」では
「胸いっぱいの愛を」「ハートブレイカー」など後世に残る名曲が生まれた。
その後の活躍は語るに及ばずだろう。

通算8枚目のライブ・アルバム「永遠の詩」(同名映画のサントラ)は
映画共々素晴らしい出来だった。

しかし1980年、バンドの終焉をジョン・ボーナムの急死という形で迎える。
1980年9月25日、ジョン・ボーナム32歳、大量のアルコールを摂取し
吐瀉物を喉に詰まらせての窒息死だった。

西郷隆盛 

September 24 [Sat], 2016, 10:13
2発の銃声が桜島を望む城山に響いた。
腰と大腿部を撃ち貫かれた男の巨体が崩れ落ちる。

「晋どん、もうここらでよか」、禁門の変から江戸城明け渡しに至るまで、
動乱の幕末を戦い続けた最大のリーダー、西郷隆盛の最後の時だ。

東を向き皇居を伏し拝む西郷に、別府晋介の介錯の太刀が振り下ろされた。
1877年9月24日のことである。

西郷を敬愛する私学校生徒を中心に強大な反政府勢力となった薩軍が、
熊本に軍を進めてから7ヶ月、日本で最後の内戦となった
「西南戦争」がここに終結した。

西郷は幕末維新の矛盾を、一手に抱え
この世を去ったと言っても過言では無いだろう。

岩崎谷に銃声がやみ、西郷の死体が発見された時、
政府軍の総司令官、山県有朋中将は
「翁はまことの天下の豪傑だった。
 残念なのは、翁をここまで追い込んだ時の流れだ」と語り、
いつまでも黙祷したといわれる。

また西郷は死後、賊軍の将として遇された。
しかしその人柄を愛していた明治天皇の意向で、
1889年日本帝国憲法発布に伴う大赦で赦され、正三位を追贈された。

明治天皇は西郷の死を聞いた際
「西郷を殺せとは言わなかった」と洩らしたという。

「敬天愛人」西郷、生涯の座右の銘である。
天は人を平等に愛してくれる、故に私利私欲を捨て去り、
天と同じように仁愛の人になる。

このことに終生努力し続けた西郷、
彼が今もなお敬慕される所以は、実はここにあるのだろう。

西南の役より21年後、上野公園入り口に西郷隆盛の銅像が建立された。
それは、勝海舟との会談で決断した江戸城無血開城が、
江戸を戦火から守り、江戸100万人の財産、人命が助けられた事、
また、近代日本の礎を作った功績などを称え、後世に残すためだ。
銅像の作者は近代彫刻の名人、高村光雲である。

しかし西郷は写真嫌いだったため、その肖像は判かっていない。
西郷の肖像として残り、銅像のモデルとなった我々が良く知るものは、
西郷の顔を知らない画家キヨソネが西郷が亡くなった1年後、
似ていると云われていた実弟・西郷従道の顔上半分と、
従兄弟・大山巌の顔下半分を合わせ復元したものを基に描いたと言われる。

除幕式の時、西郷夫人であったイトさんが銅像を見た時に、
「うちの主人はこげんなお人じゃなかった」と呟いて、
横にいた西郷従道に、たしなめられたという逸話が残っている。

そしてこれが近年、西郷ではないかと言われる人物の肖像である。

寒竹 寒造り 

September 23 [Fri], 2016, 11:59
清酒 寒竹 寒造りを頂く。
酒造好適米・美山錦で醸し、米アルコールを使用した酒は
スッキリとした飲み飽きしない味だ。

清酒「寒竹」の名の由来は3つあるそうだ。
切り株に雀が米を運び、発酵して酒ができたという
酒の起源にあやかったというもの。

日本の竹類は春に筍が出るのに、寒竹だけは冬に出る。
それが極寒の佐久でも冬の時期にしか
生まれない酒の様だからというもの。

戸塚酒造十代目竹治朗昌保が御嶽山の熱心な信仰者で、
現在も「寒竹霊神」として祀られているためというものだ。

戸塚酒造は江戸時代の初め、初代・戸塚平右衛門が
駿河の国から佐久の地に移住し、
掛川で覚えた酒造知識を生かし酒造りを始めたのが初まりだ。

六代目〜七代目の頃に宿場で大火災があり、
家財一切を消失してしまうが、先ほど名前の出た
十代目竹治朗昌保が再興、現在の代表・戸塚繁で十六代目だそうだ。


秋分の日 

September 22 [Thu], 2016, 10:14
今年の秋分の日は、前線に南からの暖かく湿った空気が流れ込み、
大気の状態が不安定になったため激しい雨となった。
気温も下がり寒い祝日だ。

秋分の日は太陽が真東から出て真西に沈み、
昼の長さと夜の長さがほぼ等しくなる。

秋分の日以降は、だんだん夜が長くなるわけだが、
夜好きの自分には悪くはない。

仏教でいう向こう岸を意味する彼岸という言葉、
川向こうの悟りの世界へ渡るため、教えを守り、行いをつつしむ期間、
それが春分の日と秋分の日と結び墓参りなどをする行事となった。

おはぎを食べながら、
先祖の話などするのも良いだろう。

ちなみに春は牡丹で「ぼたもち」
秋は萩が咲くので「おはぎ」という。

朝帰りの道に綺麗な萩の花をみつけた。

土俵の柱が廃止された日 

September 21 [Wed], 2016, 9:48
大相撲は今場所、白鵬を欠き三役の熾烈な争いとなった。
綱取りに後の無くなった稀勢の里、
そして稀勢の里と並び、優勝の無い大関・豪栄道。

弱い弱いと言われた大関が未だ無敗を続け、
そして天王山と言える取り組みが今日行われる。

無敗の豪栄道が優勝を近づけるか、
二敗の稀勢の里が綱取りに望みを繋げるか、楽しみだ。

そして今日は土俵の4本柱が廃止された日である。
元々土俵には四方に4本の柱が建っており屋根を支えていた。

1952年09月21日、東京・蔵前国技館において4本柱が廃止され、
死角がなくなった土俵には、代わって吊り屋根が設置された。

またこの年まで春、夏、秋の年3場所だったのを
翌年1月から初・春・夏・秋の年4場所制にし5月からNHKがテレビ中継を始めた。

ちなみに現代の大相撲では、一辺が6.7mの正方形に土を盛り、
その中央に直径4.55mの円を小俵で作ることになっている。

土俵の上には、方屋という屋根があり、明治に東屋作りから
切妻で千木と堅魚木を持つ神明造りに変えられた。

昭和27年に柱が廃止され吊屋根に代わると、屋根からは房が下がった。
この房は四本柱に巻きつけられていた同色の布の名残である。

房の色は天空の四方位をそれぞれ司る四神に由来しており、
青い房は東方を守る青龍、白い房は西方を守る白虎、
赤い房は南方を守る朱雀、紫または黒の房は北方を守る玄武を表している。

そして本来の房と呼ばれるものは、屋根の水引幕東西南北の中央に
小さく下げられているものが、そうである。

名所江戸百景 上野山内月のまつ 

September 20 [Tue], 2016, 11:12
定点観測シリーズ江戸名所百景。
今回の「上野山内月のまつ」は89景・秋となる。

名所江戸百景 11景・春「上野清水堂不忍池」の左端に、
奇妙な枝振りの松が描かれている。

この松は「月の松」と呼ばれ、広重も大変気に入っていたようで、
この絵ではその松を大胆にクローズアップさせ、その背景に不忍池、
対岸の町屋、本郷台の大名屋敷、池の中には中島の料理屋を描いている。

この月の松が4年前、150年振りに復活した。
松が植えられた場所は多少違うのだが、寛永寺が足立区の造園業者に相談し、
3年がかりで丸く仕立てた松を復活させた。

現在の月の松からは、弁天堂は臨めるが対岸は見えない。
ただ江戸の植木職人の遊び心を、現在の職人が復活させ、
景色を愛でた江戸の粋な遊び心も復活されると良いが。



敬老の日 

September 19 [Mon], 2016, 9:23
今日は敬老の日、9月15日の敬老の日が馴染み深かったのだが、
ハッピーマンデー制度の適用で2003年から第3月曜日となった。

もとは昭和29年に「としよりの日」という名前で制定されたのだが
昭和39年に「敬老の日」に改められ、昭和41年に国民の祝日となった。

由来は聖徳太子が大阪に四天王寺を建てたさい四箇院を設置、
その内の老人ホームにあたる悲田院が9月15日に出来たという説。

親孝行な息子が酒の流れる滝があるのを見つけ、
酒好きの祖父ににたくさん飲ませてあげた養老伝説を聞いた、
元正天皇がその地に行幸、元号を養老と改めた日という説などがある。


俺が憧れた信長が好んで舞ったという幸若舞「敦盛」。
そこでは「人生50年。下天のうちをくらぶれば、夢幻のごとくなり。
この世に生を受けて、滅せぬもののあるべきや」と謡われていた。

昭和の初期までは「人生50年」と言われて来た。
しかし平均寿命も戦後に入ってからは、人生80年どころか、
100年ともいわれる様になり、夢幻のごとくではなくなった。

19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネーが発案し、
甥の心理学者・ピエール・ジャネーが著書で紹介したジャネーの法則がある。

主観的に記憶される年月の長さは年少者には長く、
年長者には短く評価されるという現象を心理学的に解明したものだ。

例えば50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、
5歳の人間にとっては5分の1に相当する。

したがって50歳の人間が感じる10年間は、5歳の子供では1年間に当たり、
5歳の子供の1日は50歳の人間の10日に当たることになる。

初老を辞書で引いてみると中年期が過ぎた40代とあった。
30代は中年、40代は初老だということだ。

そうなれば俺は、もう立派な老人である。
最近では日々の暮らしが倍速度的に過ぎて行く感じだ。

信長の語る人生50年、その密度は100年分に相当したのだろう。
いたずらに時の過ぎる事なき様心掛けたい。

ジミ・ヘンドリックス 

September 18 [Sun], 2016, 9:28
ジミ・ヘンドリックス、
ロック好きな人なら誰もが知るギターリストである。

その天才的なプレイと、ウッドストックやモンタレーで見せた
圧倒的なパフォーマンスで瞬く間に世界を席巻した。
俺も映画「ウッドストック」で
初めてジミヘンを観た時の印象は強烈に残っている。

ウッドストック・コンサート最終日、トリとして登場したジミヘンは、
いきなりアメリカ国歌「星条旗」を弾き始めた。
ディストーションが唸る破壊的な音に度肝を抜かれた。

泥沼の戦争にのめり込むアメリカへの痛烈な批判だったという。
このときの演奏は、今だに伝説として語り継がれ、
'60年代最大のロックパフォーマンスとも呼ばれている。

ジミ・ヘンドリックスンは、12歳でギターを持ち、
20歳の時にはすでに天才的なプレーを繰り広げていたと言う。

この頃からナッシュビルを基点にプロとして活動を始め、
アイズレー・ブラザーズやリトル・リチャードのバックを転々とする。

'66年になるとクラブなどで演奏を繰り返し、
左利きのトリッキーなプレイスタイルが評判となる。

同年イギリスに渡ったジミは、
ベースにノエルレディング、ドラムにミッチミッチェルを迎え、
“JIMI HENDRIX EXPERIENCE”を結成した。

「ヘイ・ジョー」でレコード・デビューを果たすと、
セカンドシングル「紫のけむり」でイギリス中の注目をあびる。

そしてアメリカへ戻ると、モンタレー・ポップ・フェスティバルに出演。
アメリカのオーディエンスの度肝を抜いた事は言うまでもない。

'60年代から'70年代にかけての音楽界は、
黒人音楽はソウルかブルース、白人音楽がロックみたいな図式があった。

黒人であるジミが、当時ロックを演奏する違和感や偏見は
今では想像する事も出来ない。
しかしその音楽性・独創性・カリスマ性を誰もが崇拝した。

しかしその天才に死の影が忍び寄る。
しだいにドラッグの服用量が増えていった1970年9月18日、
ロンドンのホテルで昏睡状態のまま発見された。

天才的ギターリストの終焉はあっけなかった。
ホテルから搬送中の救急車の中で27年の短い生涯を閉じたのだ。

不思議な事にロックスターにとっての27歳は鬼門である。
ローリング・ストーンズ元リーダー、ブライアン・ジョーンズ、
ジャニス・ジョプリン、ドアーズのジム・モリソンなどが
この時代の60年代後半から70年代初頭に相次いでこの世を去った。

そして90年代にはニルヴァーナのカート・コバーンが亡くなり、
尾崎豊も27の誕生日年であった。
最近ではエイミー・ワインハウスが27歳だった。

俺は27歳を過ぎた時に、もうロックスターにはなれないなと思った。

1シーズン奪三振記録 

September 17 [Sat], 2016, 10:38
1968年9月17日、阪神甲子園球場。
55000の大観衆は、一人の男の大記録達成に注目していた。

阪神の若きエース江夏豊、1シーズン奪三振日本新記録が目前だった。
この日までに345個の三振を奪い、西鉄・稲尾和久が'61年に作った
353個にあと「8」と迫っていたのだ。

江夏の胸中には、新記録は大打者・王から奪いたいとの想いがあった。
だがこの巨人戦は首位攻防の天王山となる4連戦の初戦、
己の事だけを考えてプレー出来る試合では無かった。

3回には、投手の高橋一三から6個目の三振を奪うと、
まずは'55年に金田正一が達成したセ・リーグ記録350奪三振を更新した。

いよいよ日本記録は目前、江夏は永遠のライバル・王貞治に照準を絞る。
そして4回、第2打席の王を三振に仕留め稲尾とタイ記録に並んだ。

ここで江夏は勘違いをしてしまった。
タイ記録を、新記録と思ってしまったのだ。

江夏はどうしても新記録は王から獲りたい、
そのためにはこの後、投手を含めた8人を打たせて取らなければならない、
しかも負ける事の出来ない大切な一戦。

そしてここからが大投手・江夏の真骨頂だった。
基本は真ん中の低めにコントロールする事、
バッターが一番手を出しやすくゴロになる可能性が高いコースだ。

そうやって5回、6回、7回を凌ぎ、いよいよ王との勝負。
4球目の外角高めの直球、王もあてにはいかず強振、
そして新記録となる354個目の三振を念願の王から奪った。

どうしてもこの打者から三振が奪いたい。
その思いを意気に感じ、その思いに応える如く
姑息なスイングをしない真剣勝負。

チームの勝敗を超えた勝負が観れた時代であった。

ちなみに江夏はこの年の奪三振数を401個に伸ばし、
メジャーリーグ、ドジャースのコーファクス投手が持つ
382個も塗り替え、世界記録も樹立したのだ。

メジャーでは1986年にキルロイ投手が513奪三振を記録したが、
日本では江夏の401奪三振は前人未踏の数字となっている。

マーク・ボラン 

September 16 [Fri], 2016, 9:06
1977年9月16日早朝、一台のミニクーパーがロンドン郊外、
リッチモンド方面へ車を走らせていた。

旧英国国鉄に架かるクイーンズ・ライド・ブリッジ付近で
突然バランスを失った車は橋横の木に激突、大破した。

助手席に乗っていた男性は即死、その名はマークボラン。
デビッド・ボウイと並びグラムロックの一時代を築いた男である。

運転していたのは妻のグロリア・ジョーンズ、
2週間後に迎えるマーク・ボランの30歳の誕生日を祝った帰りだった。

彼は真剣に魔術の修行を行っていた時期があり、
生前「自分は30歳になるまでに体がバラバラになって死ぬ」と
自分の余命を占っていたそうだ。

1965年、The Wizardのバンド名でデビュー、
この時マーク・フェルドからマーク・ボランと改名している。

活動は紆余曲折を経て1968年スティーヴ・ペリグリン・トゥックと組み
アコースティックデュオ、Tyrannosaurus Rexとして再デビューする。

そしてバンド名をT.Rexと短縮し、
エレクトリック路線を前面に押し出したアルバム
"Beard Of Stars"をリリース、Ride A White Swanをヒットさせる。

その後’71年にElectric Warrior、’72年にThe Sliderの
大ヒットアルバムを産み、通算8枚のヒットアルバムを発表した。
P R
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ