プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:brwjigvgttprxo
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
予防可能な疾患ワクチンの定期接種化を / 2010年07月01日(木)
 患者団体「細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会」の高畑紀一事務局長は6月30日、神奈川県保険医協会の地域医療学習会で日本のワクチン行政の現状と課題について講演し、ワクチンで予防可能な疾患(VPD)の定期接種化を訴えた。

 高畑事務局長は、2004年に長男がインフルエンザ菌b型(ヒブ)による細菌性髄膜炎に罹患。患者や支援者などが06年に立ち上げた「細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会」で、原因菌であるヒブ、肺炎球菌のワクチンの定期接種化を求めて活動している。

 高畑事務局長は講演で、任意接種では、▽ワクチンの接種が原則自己負担になる▽需要の予測が難しくワクチンが不足する▽ワクチンの必要性が保護者に理解されにくい―ことが問題だと説明。「VPDから子どもたちを守るためには、1日も早い『定期接種化』が必須」と強調した。

 また、日本でのヒブワクチンの承認が欧米に比べて20年、肺炎球菌ワクチンの承認が10年遅れた「ワクチンギャップ」の問題を指摘。日本版ACIP(米国予防接種諮問委員会)を創設して政策決定のシステムを確立したり、ワクチン接種のメリットとデメリットなどの情報公開を徹底したりすべきだと訴えた。


【7月1日12時6分配信 医療介護CBニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100701-00000001-cbn-soci
 
   
Posted at 12:45/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!